レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさま 第53回

内容
陽子(井上真央)が子供たちといっしょにいた場所に現れた和成(高良健吾)
に驚いたが、同時に“おそばの兵隊さん”の優しさを知る。
“戦時中でなければ。..”
和成を好きになっていく陽子。

そんな折、軍医になることにしたと兄・春樹(田中圭)が帰ってくる。
“茂樹とともに。..”
そして父・良一(寺脇康文)も名古屋の飛行機工場から協力要請があったと
陽子と春樹に伝えるのだった。
“これが私の戦いなのだろう。”

翌日。配達にやって来た真知子(マイコ)と再会する春樹
お互いの想いを告げることなく別れる2人

一方、良一は松本に買い物に。。。。と、陽子を誘い
その後、“丸庵”に立ち寄るのだった


敬称略


“この頃の恋は、皆、どこか悲しかった”

この“陽子”の言葉通りの内容である。


この一週間は、まさに、そんな“恋”を描いていますよね。

淡々と、、そして、かつ、、、熱い恋。..と言っていい恋を。

“戦中”ということもあり、その切なさが際だっている印象だ。



とまあ。。。今回、、、いや、明日?

ようやく。。。だよねサブタイトルの“泣き上戸”

お話自体は、丁寧で、良いお話なのは分かっていることで
“結末”も分かっているのだから、それは良かったのだ。


一番気になっていた、、、この“泣き上戸”というキーワード!


そっか。。。そういうことか。。。

“番宣”でやっていた“このシーン”までの“展開”が、
全く読めなかったんですよね。


ただただ“悲しい”だけでは、“その後”を考えれば意味は無いし。

じゃ、一体、、、“泣き”は、どういうことなんだ??

今作の雰囲気からして、
“よっぽどのこと”が無い限り、“泣き”なんて無いはずなのに。...と


ようやく、“真相”が分かった今回でした。


“真相”がわかると、“泣きシーン”のはずなのに

なぜか、笑顔になってしまうのが、“今作の魅力”



ほんと、明日が楽しみである。




楽天ブログ
第53回

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世界一>おひさま第53話

ペプシドライを遂に飲んだので感想を書きましたぜ。→ここ…ひじゅにですが何か?「捕まってしまいましたか」父さんは名古屋の飛行機工場へ―歴史(だけじゃないけど)に疎い...
[続きを読む]

もう…何がなんだか日記 | 2011年06月03日(Fri) 14:41


世界一>おひさま第53話

ペプシドライを遂に飲んだので感想を書きましたぜ。 →ここ …ひじゅにですが何か? 「捕まってしまいましたか」 父さんは名古屋の飛行機工場へ― 歴史(だけじゃないけど)に疎いので単な...
[続きを読む]

何がなんだか…ひじゅに館 | 2011年06月03日(Fri) 14:39


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。