レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺留捜査 第8話 つぶされた指輪

『つぶされた指輪』

内容
3年前に結婚式を行ったホテルで
小峰真由美(吉本菜穂子)沼田昭典(二反田雅澄)ら、、、友人・知人らを招き
水嶋達彦(長谷川朝晴)と妻・容子(星野真里)の離婚式が、、、行われた。
最後の共同社業として結婚指輪が潰され。。。。“めでたい日”という達彦。

そして翌日、達彦の刺殺体が、マンションで発見される。
現場には、潰された結婚指輪。
糸村(上川隆也)は、
被害者が昨日離婚式を行っていたことに気づき、指輪の刻印に妙なモノを感じる。
“TtoY”。。。。これは、被害者が容子に送ったもの。なぜここに?
その後の家宅捜索で、“YtoT”の指輪も発見される。
そして、、引っ越し直後で、荷が解かれていないのに、
なぜかクラシックCDが1枚だけが取り出されていることに糸村は疑問を抱く。

その後、“鈴木”容子にも確認して貰うが、終わったことと言うばかり。
曽根(佐野史郎)が、指輪について尋ねると、
自分が部屋に持ち帰ったモノで、誰かが持ち出したと容子は主張するのだった。
しかし、容子宅の家宅捜索では、誰かが侵入した形跡はなく、
犯行時刻の容子自身のアリバイは無かった。
ただ容子が受取人の5000万の生命保険があり、
曽根たちは容子を容疑者に含め捜査をはじめる。

一方で、糸村が疑問を抱いたCDは達彦自身のモノと判明するが、
どうしてもCDにこだわり続ける糸村。

やがて宮下(螢雪次朗)らは、
第一発見者でもある会社の後輩・沼田が、被害者ともめていた情報をつかみ。。。

そのころ、容子に再度の聴取に向かったみゆき(貫地谷しほり)
そこには糸村もいた。池辺静江弁護士(大塚良重)から注意を受けた上で、
離婚した理由について尋ねたところ、準備をしていたと封書を取り出す
そこには達彦が浮気をしていた女性と一緒の証拠の写真が入っていた。
誰かから送られてきたと言い、達彦を問い詰めるとアッサリ認めたという。
容子は、腹いせに、、、、沼田と浮気をしたと告白するが。。。。
その写真を見て糸村は、合成写真だと確信する。

そんななか糸村は、大学の友人・江上伸治(草野康太)や真由美から、
妙な話を聞く。
CDが発売された10年前。。。大学4年の夏。
真面目だった達彦が、チャラ男に豹変したという。

同じ頃、聞き込みを続けていた宮下は、
達彦の高校時代の友人・尾崎克夫(福井博章)が、
結婚式に呼ばれていないのに離婚式に出席したとつかむ。
2ヶ月ほど前、街で偶然再会したと言うが。。。。。。。


その後、村木(甲本雅裕)にも合成と確認してもらったが、
写っていた女性が、達彦の馴染みの店のママ・岩井理恵子と判明。
どうやら達彦は、自分で写真を合成し、妻に送り、浮気を偽装していた!

そして容子の調査を進めていた捜査本部は、色々な情報とつかみ始める。
10年前、、、父・圭造が闇金に追い詰められ自殺。
容子はその後、なんとか高校、大学を卒業。
アルバイトをしていた池辺法律事務所に就職していた。

敬称略


今回も、感想をダラダラと。

印象としては、“かなりオシイ”。。。と言う感じだ。


間違いなく分かっているのは。

今までよりも、“殺人事件”部分を丁寧に描いたことだろう。
それも、定番ではあるが、遺族を容疑者に仕立て、
その遺族を、今まで以上に事件に密接に関わらせた。

そのため

“刑事モノドラマ”としては、かなり秀逸な出来。

その後の、、糸村がたどり着いた“部分”もまた、悪くないのだ。

細かな演出についても、

遺留品を密接に関わらせて、良いドラマに仕上がっている。
事件解決の流れや、細かなネタフリも、ホントに良く出来ていたと思います。

そう。。。これまでのお話の中で、一番の出来だといえます。


もう一度書きますが

流れ自体に無理や、強引さが少なく、
ゲストのバランスだけでなく、メインの登場人物のバランスも含め、
“刑事モノ”としては、秀逸な出来であったと思います。


逆に、これぐらいのクオリティと関係者のバランスで描かれていれば、
もっと今までも、納得出来たろうに。。。

そう感じさせるくらいだ。

と。。。ここまでは、紛れもない事実である。

今作が、“この枠”だと、誇りを持って言っても良いくらいです。


なんとなく、結末は見えていたけど、、それは、、、気にならない。

“臨場”のメインライターのひとり坂田義和さんの、見事な本だったと思います。





ただ、

なぜ、オシイのか??


これは、贅沢すぎる問題なのだが。
ここまで築いてきた今作が、すべて崩壊させるほど、だった。。。。ということ。


たしかに、迷走気味の今作ですから、
細かいセリフなど、小手先の手段でアレコレするよりも


ここまでの俳優を並べているのだから、
今回のようなお話や、今回のようなバランス、、、そして、描き方こそが

ホントに、正しいことだし。

これならば、次回を見たいと思わせてくれていると断言出来ます



しかし、これ

あくまでも“連ドラ”なんですよね。
今回のエピソードが秀逸であるが故、
どうしても“今まで”を壊しているように見える。。。ということ。

ホントに良かったのかな??
それなりにただの人情モノで良かったんじゃ無いのかな?

まさに、贅沢な疑問。。。

だからどうしてもオシイと言わざるをえません。


いや、、今回だけが、別のドラマだと思えば済むだけなのですけどね。


ほんとに良かったのかな...今回。

間違いなく、次回以降。..ハードル上がっちゃいましたよね。。。


最終回になって、
“今作は第8話だけだった”なんて、言われないよう。

なんとか、、、、、してほしいものです。。。。無理かな。。。もう。



これまでの感想

第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話



TB出来ない場合は以下へお願いします。

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/e9fbdbb6b5f8933e332636ca2e2e641a



楽天ブログ
第8話
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遺留捜査 #8

 星野真理、可愛い。  なんか普通の話になっちゃてたような。  CD の流れがキーだったんだろうけども…。  偶然なんだろうけど、過去の犯罪の被害者の娘と今の彼氏、って配置が、前回の「ハンチョウ」と似てる。見てて、あれれれ、って思った。  捜査会議中、上の...
[続きを読む]

blog mr | 2011年06月07日(Tue) 08:05


銀魂&キリン杯ペルー&遺留捜査

は四天王の初回だったけど &ピラ子の遭遇で騒動から ら四天王の会談が終了して 次郎長の声が凄く良いし満足だ
[続きを読む]

別館ヒガシ日記 | 2011年06月02日(Thu) 22:00


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。