レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JIN-仁- 第七話

『永遠の愛と別れ

内容
初めて会ったときとは印象が異なってしまった龍馬(内野聖陽)との再会に、
戸惑いを覚えたまま、仁(大沢たかお)は、江戸の仁友堂に戻ってくる。
大喜びの咲(綾瀬はるか)たちであったが、
そこに上役(中原丈雄)から龍馬の調査を命じられた恭太郎(小出恵介)が現れ
幕府と敵対する立場となった龍馬について尋ねてくるのだった。
ケンカ別れしたことを伝える仁に、つきあいに注意するよ促す恭太郎。

一方で、龍馬の暗殺について考える仁であったが、どうしても思い出せずにいた。
また思い出そうとすると頭痛が。。。。
ただ勝麟太郎(小日向文世)の話で、現在が1867年と分かり
そろそろ“大政奉還”であるコトは確認出来た仁。

そんななか、野風(中谷美紀)から手紙が届く。
ルロンと結婚する事になったという知らせで、婚礼に招きたいということだった。
横浜に到着後、屋敷に招かれ食事をご馳走になる2人。

その後、野風から、診てもらいたい患者がいると告げられ仁は、別室へ招かれる。
“あちきのすべてをみて頂こうとおもいんした”
と着物を脱ぎ始める野風。。。。そして野風は、脇の下の“しこり”を告白する。

“子には、岩の毒は回りんすか?”


敬称略


はじめに書いておく。

これは、もう書かないでおこうと思っていたことであるが。

野風との再会で“未来”が見えるドラマを描こうとしているからこそ
あえて書いておきます。


“動き”のある内容。..ドラマなら、多少のカメラの揺れは許せます。
ですが、

“ドラマ”をシッカリ内容で魅せようとしているときは、
さすがに、その“ドラマ”に集中しているからこそ、
アップのシーンでのカメラの揺れは、どうしても気になるモノです。

緊張感?
他のシーンでは固定しているか、揺れを制御している部分も多いのに???

集中して見ていると、ドラマの内容に酔うのではなく
画面の揺れに酔った感じになってしまいました。

実際、これは毎回のことなんですけどね。

演出も兼ねている部分もあるのだろうが、“記念ドラマ”なんですよね?
地デジ化が進む世界で、アナログなモノは、“昔”より目立つモノです。


さて。

とりあえず、今回は、、、えっと、、、

野風との再会、、そして再発していた野風!

そんなお話である。


話数が、第七話だから、
もう折り返しを超えている今作。

今回は、間違いなく、野風の最後の後始末である。
“最後”をつけるのもオカシイが、
何度も“退場”を引き延ばしてきましたからね。

ようやく、ホントの退場。
ネタフリがあったように、“未来”に繋がるのでしょう。

これが、前作の最終回とすり替えると、
ちょうど良い盛り上がりの後になるだろうから、もっと感動的。
いや、今作の仁友堂から去った直後であっても、感動的。。。。だったでしょう。

3話くらい、仁が旅をしていましたので
“いまさら?”。。。と感じたのは言うまでもありません。

1つの“まとめ”としては、良い“まとめ”なんですけどね!

何度も旅に出るようなことしなくても、
野風とのことを決着させた後、旅立っていれば良かったのに。。。。


ま。いいや。今回は今回で、まとまってるから。

しかしまあ。。。龍馬、龍馬と、、、ほんと龍馬を中心に描きますよね。

そら人気がある“キャラ”だから、仕方ないだろうが。
描けば描くほど、仁の影が薄くなっている気がします。
仁が口にする言葉も、
もしかしたら、、病気?、、等を感じてしまうほど。
堂々巡りだし。。。

これまでの感想

第六話 
第五話 第四話 第三話 第二話 第一話


TB出来ない場合は以下へお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/f196339fecbd43cb23072c3debcc43fa




楽天ブログ
第七話 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

JIN -仁-【第7回】TBS日9

永遠の愛と別れ  「けんど…、治せぬのでありんしょ…。先生…、この子はあちきの夢なのでありんすよ…。あちきはこの先、そう長くは生きられんせんけんど、この子は、何十年も生きていけんしょ…。この子が子を持てば、それこそ、100年、200年、のちの世までも、あちき...
[続きを読む]

だらだらぐーたらぐだぐだ日記 | 2011年06月01日(Wed) 16:36


バブ&トリコ&JIN

バブは登場の回で フォルカス良い声だけど ラミア少し微妙な声だが 男鹿の修行は色々と凄いけど 東条など好...
[続きを読む]

別館ヒガシ日記 | 2011年05月31日(Tue) 11:12


『仁-JIN-』7話 『マルモのおきて』6話 「アスコーマーチ!」

『仁-JIN-』をリアルタイムで。 10時から『マルモ』を録画でみて・・ 11時から、「アスコマーチ」を見てしまった。。。。。
[続きを読む]

ゆったりと・・ | 2011年05月30日(Mon) 11:01


JIN-仁- 完結編 永遠の愛と別れ

キレイでしたね、野風さん(中谷美紀)の花嫁姿… 艶やかな花魁姿も粋だったけれど、この時代ならではの洋風も、じつに見事に着こなして、思わずタメ息… 複雑な気持ちを秘めた覚悟の表情といい、目を見張る女優力!です 視聴者サービスかな? 診療を願い出る前の...
[続きを読む]

のほほん便り | 2011年05月30日(Mon) 09:26


JIN 仁 完結編 第7話 感想

昨夜放送のTBS系ドラマ「JIN 仁 完結編」第7話の感想など。野風(中谷美紀さん)がフランス人の富豪と結婚式を挙げるため、横浜まで招待された南方仁(大沢たかお さん)と橘咲(綾瀬はるか さん)。仁が野風に「診てもらいたい患者がいる」と言われ案内された部屋には誰
[続きを読む]

オタクと呼ばないで | 2011年05月30日(Mon) 06:30


【JIN-仁-】第7話

「歴史を変えたい」と思うと、必ず襲われるこの頭痛。 どういうカラクリかは分からないが やはり、あの男は俺で この頭痛のもとは、あの腫瘍で 俺にはめられた孫悟空の輪でもあるんじゃないだろうか...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011年05月30日(Mon) 00:46


Jin-仁ー2  #7

長崎から戻ってきた仁先生に2通の手紙が届いていた。 1通目はケンカ別れした龍馬さんから写真の裏に長芋の歌。 もう1通は野風さんから、国際結婚が認められたから結婚式の招待状☆☆ 咲さんの兄・...
[続きを読む]

よくばりアンテナ | 2011年05月30日(Mon) 00:41


「JIN-仁-」第七話 酔った綾瀬はるかさん、泣いた中谷美紀さん

「JIN-仁-」第七話、シャンパンやワインで酔っ払い、大沢たかおさんにからむ綾瀬はるかさん。 大沢さんのプロポーズを断ったはずなのに、いつも堂々めぐりのじれったさもかわいく魅力的です。 そして...
[続きを読む]

今日も何かあたらしいドラマ | 2011年05月29日(Sun) 23:12


JIN~仁~ 完結編 第7話 「永遠の愛と別れ」

日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック JIN-仁- DVD-BOX あらすじ 龍馬と別れ、仁友堂に戻った仁。そんなある日、仁のもとへ野風から文が届く。そこには正式にルロンと結婚出来ることが決ま...
[続きを読む]

青いblog | 2011年05月29日(Sun) 23:03


「JIN -仁-」神に試される医師7野風の想いが未来の言葉と繋がり仁はその想いを受け入れるのだった

「JIN -仁-」第7話は仁は龍馬暗殺の日時を思い出そうとしていたが歴史音痴の仁は思い出せなかった。そんな中仁と咲は野風に結婚式に招待されて横浜へ訪れた。そして野風と会食後野 ...
[続きを読む]

オールマイティにコメンテート | 2011年05月29日(Sun) 22:55


JIN―仁― 第7話

JIN―仁―の第7話を見ました。 江戸に戻った仁は、長崎でけんか別れになってしまった龍馬のことが心配でならない。 そこに幕府が謀反人として追う龍馬の動向を探るよう命じられた恭太郎が仁を訪ねてくる...
[続きを読む]

MAGI☆の日記 | 2011年05月29日(Sun) 22:24


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。