FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

青の祓魔師 第七話 友千鳥

『友千鳥』

内容
雪男の勧めもあり祓魔塾に通い始めたしえみだったが、
人見知りと言う事もあり、友達がひとりもいなかった。
なんとか。。。。と決意して、神木出雲に声をかけるが、上手くいかない。

そんな折、雪男から祓魔師の候補生となる試験が開かれることが告げられ、
試験のための強化合宿が行われる事が発表される。
それまでに希望の称号を用紙に書いて提出するようにと言われる燐たち。
燐は、“剣”を持っていることもあり“騎士”を考え始めるのだった。

その後行われた、
手騎士の授業で“グリーンマン”を使い魔として召喚できたしえみは、
同じく“白狐”を召喚した出雲に。。。チャンスと思い切って声をかける。
“私と、お友達になって下さい!”
すると出雲は、“友達は助け合うもの”と、しえみを使いっ走りにし始める。

やがて、燐たちが暮らす寮で合宿が行われる。
その合宿中も、しえみは出雲のパシリ状態で、燐は、諭そうとするのだが。。。。

そんななか、寮の中に“グール”が現れ。。。。。。。。。。




今回は、新キャラ、、、ではないが、出雲の紹介回ですね。

そこに手騎士としての能力を発揮するしえみ。

そんなお話だ。


最後には、“次”へのネタフリ。。。


お話自体は悪くないと思うんですよね。
しえみが目指す方向も見えてくたお話ですし。

友情を表現しながら、
適格に対処する“能力”“行動力”も見せているわけですし。

悪くないと思うのですが。

ただ如何せん。..、、
エピソードとしてのキレがありません。

“オチ”はあるんだけどね。

たしかに、“原作”から考えれば、“これくらい”なのは理解するが、

そこは、多少なりともアレンジを効かしても良いんじゃ?


悪くない雰囲気が漂い、エピソード自体も悪くないだけに、
もう少しねぇ。。。いろいろやっても、
よっぽどでない限り、非難などは無いと思うのだが。。。。



楽天ブログ
第七話 
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック