FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

生まれる。 第6話

『第2章家族の絆が生まれる

内容
高年齢出産に挑もうとする母・愛子(田中美佐子)に
羊水検査を受けて欲しいと勧めた愛美(堀北真希)だったが、
弟・浩二(中島健人)の勧めで出会ったダウン症の少年の存在により、
愛美は、、自分の判断に戸惑いを覚え始め、
迷いを抱えた愛美は、近藤医師(大杉漣)に相談する。
すると近藤は、熟考したからこそ、なにかを感じたのではと話をする。

その言葉に、なにかを感じた愛美は、愛子に、
“お母さんを100%応援する”と羊水検査を受けないで良いと伝えるのだった。

一方で、愛子は、まだ、、、2つの悩みを抱えていた。
次女・美子(竹富聖花)の、、、猛反対
そして、親友・留美(西村知美)との衝突だった。


そんななか、不登校となっていた美子を、
友人の小山有紀(篠原愛実)が訪ねてくるのだが。。。。

その一方で、留置所にいる太一を迎えに行く愛美は、
太一から思わぬ事を知らされてしまう
“ホントの姉弟じゃないんだ。オレは養子だった
 オレとあんたは、赤の他人なんだよ”

敬称略



そら、、養子ってのは分かるが。

完全に、高年齢出産のお話が、、、どこかへ。。。。。
主人公の愛美に至っては、

いままでのように、“知る手段”としての“仕事”さえ中途半端。

たしかに、“仕事”がメインでは無いのは分かるが、
そんなコト言い出せば、

弟妹たちのドタバタなんて、母の出産になんの関係もありません!


え?“家族”?

まあ。。。それはその通りだと思いますが。

じゃ、ここまでドタバタを描いた、、、いや、描きたかったのならば、
そして

家族の物語を描きたかったのならば、

別に、高年齢出産なんて、どうでも良いんじゃ????



あまり言いたくないのだが。
今回のお話って、今までで一番必要ない部分じゃないのかな??

無くても成立するよね??


楽天ブログ
第6話 
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生まれる。 第6話 感想

TBS系ドラマ「生まれる。」の第6話の感想など。公式サイトよりあらすじを引用します。~引用開始~ダウン症の子供・西嶋萌生 (高井萌生) と一緒に過ごすことにより、愛美 (堀北真希) の心は大きく揺さぶられ、羊水検査を受けることを 愛子 (田中美佐子) に進めた自分を後悔
[続きを読む]

オタクと呼ばないで | 2011年05月28日(Sat) 06:25


【生まれる。】第6話

今週も~~。。。 感想というよりも、ただ文句である。 このドラマを泣きながら見ている方は読まない方がいいですよ。 もう、これの感想、今週で止めるかも ドラマは一応見続けると思うけど。 ...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011年05月28日(Sat) 01:09