レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバウンド 第4話 決められない女

『決められない女


紆余曲折の末、ついに信子(相武紗季)と太一(速水もこみち)は結ばれた。
元デブ同士と言うこともあり、意気投合。。。
“これでハッピーエンド!!”
“もう、デブには絶対戻らない!!”

そんな信子の“元デブ日記”も好評!!だったのだが、
蘭(若村麻由美)から、次の展開を考えろと命じられてしまう
“幸せなんか、長く続かないから面白いんでしょ!早く不幸にして!”と。
浮気するとか、リバウンドした方が面白いと言い切られてしまう。
“もっと他に考えます!”
と、、、信子は蘭に言ったモノの、、、
その日の太一との“初”デートで信子は、気遣いしすぎて疲れ切ってしまう。
デートって、こんなに疲れるもんだっっけ???

翌日、太一を訪ねた信子。。。。いきなり、結婚式場に連れられて行ってしまう。
“俺と結婚しよう!”
って、、、あまりに突然のこと過ぎて、戸惑う信子。
そんなコト気にもせず、次々と結婚の準備を始める太一。
ついには、信子の実家へ挨拶に訪れるまでに!!
とりあえず、いま任されている仕事があり、仕事は辞めないと太一に伝え、
ようやく治まったかに思われたのだが。

そんなとき、神谷(半海一晃)に手渡された薬の飲みすぎで、
副作用で大変なことになると言う噂を知ってしまう信子。。。そして太一。
神谷からは、薬しか受け付けなくなってしまうと言われるが。。。。

一方で、蘭からパリコレに同行するよう命じられる。
ただしその前に、原稿を早くし上げろと。
パリコレなら、、仕事、、、でも、、太一との結婚も。
が、、その太一が、信子の気持ちを分かってくれず。。。。。


敬称略



ついに太一と結ばれ、いきなりプロポーズ!
戸惑いの中、、、

結婚とは自分の大事なモノを捨てても良いと思う人とするモノ。

そう感じ、、考え、、納得の上で
太一と結婚する事を決めた信子。。。だったのだが。。。。。。


って感じだ。




強引すぎるほど。。太一が結婚を求めるところから始まっているのが
さすがに、気になるところだが。

まあ。。。信子の“夢”ということもあるから、

こう言うのも、アリなのかもしれません。


流れ自体は、シッカリ信子の葛藤が描かれているし、
定番の“爆発”までの流れも、それほど無理はない。

その爆発から、オチまでも、、、悪くなかったと思います。


ただ
流れや、それ以外の表現はいいと思うのだが、


どうしても、太一の強引さが、強烈すぎることと、
信子の中の変化まで、時間をかけすぎていることもアリ

どうしても、堂々巡りの印象が残ってしまっている。

そう。
時間だけが経過しているだけで、何一つ変化が無いと言う事なのだ。



最大の問題は、
“爆発”を描こうとするあまり、引き延ばしが見えてしまっているところだ。


たとえば、蘭と話し合っている部分はあるが、
仕事についての話があっただけで、“相談”しているわけではない。

これは、瞳についても同じ。

“答え”を出す必要は無いのだが、

そのあたりのキャラの利用次第では、
もう少しメリハリのある展開になったと思います。


あまり言いたくないが。
そこまでして、“爆発”にこだわる必要ないんじゃ??

こだわればこだわるほど、テンポを壊しているようにしか見えない。

もしも、他にもっと緊張感のある展開でもあれば、
違った印象だったんだろうけどね。

そう。。。
なぜ、原稿のことで、罰ゲーム的なモノを入れたりしなかったんだろ。。。
以前はあったのに。。。

そういう部分がないため、結局“同じコト”しか描いていない印象になったら
元も子もないだろうに。

そんなコトだと思いますが。



これまでの感想
第3話 第2話 第1話



TB出来ない場合は以下へお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/b65cedc4a5ac4532ed019782c365428f



楽天ブログ
第4話 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。