fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

青の祓魔師 第五話

『祟り寺の子』

内容
授業中居眠りばかりの燐を見て、勝呂竜士はいらだっていた。
メッシュの髪にピアスという外見だったが、そんな外見とは違い、
京都の由緒あるお寺の跡継ぎで、超努力家の秀才だった。

が。サタンを倒す、、、という目的も同じで、
似ている部分も多く、事あるごとにぶつかってしまう2人。

そんななか勝呂の取り巻きの志摩と三輪から、
思わぬ事を知らされる。
16年前、、、青い夜と言われた魔神による聖職者大量虐殺事件。
その日、勝呂の寺の坊主も大勢殺され、
檀家などからも“祟り寺”と呼ばれるようになったという。
勝呂は、寺の復興を考え、祓魔師になろうとしていると言う事だった。
そして“青い炎”の悪魔、、、魔神を倒すと。

その直後、体育の時間中。。。
急用で教師が居なくなり“自習”となったのだが、
それを見た勝呂は、燐に挑戦状をたたきつけてくるのだった。
“蝦蟇”に襲われずに触って帰ってこられたら勝ち。。。。だと。

しかし燐は、素性をばらすわけにもいかず、対決を拒絶。
すると勝呂は1人で。。。。。





今回も、新キャラの登場である。

勝呂。。。と、、一応。。アマイモン

ネタフリも兼ねて考えれば、
キャラの表現を中心に描いていることもあり、

前回よりは、良い感じで魅せてくれた感じだ。

勝呂の過去部分だけでなく、燐の部分も良い盛り上がりに一役買っていますし。

感情のぶつかり合いなども、悪くないしね。

最終的な“オチ”も含め、

個人的には、今までで一番楽しめたかもしれません。
あくまでも“個人的に”ですが。


ほんとは、もう少し。..って言う部分もありますが
キャラ紹介だってしなきゃならないだろうし、

当分は、こんな状態なのでしょうね。

いっそ、一部のキャラ紹介を端折っても良いんじゃ?
そんな気も少ししています。


TB出来ない場合は以下へお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/534c555d7b93717370d58f24e0ecf8cd


楽天ブログ
第五話 
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック