レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木先生 LESSON.2

『14才優等生の反乱!給食廃止で教室炎上』

内容
その日、鈴木先生(長谷川博己)は、妙な夢を見た。
“スペシャル”と思いすぎたからか、小川蘇美(土屋太鳳)が夢に出てきたのだ。
欲望?そんなことはない。
理想の女性・秦麻美さん(臼田あさ美)とつき合うことになったばかり。
が。。。出勤途中、ふとしたことで小川と接触し、
そのかぐわしき香りに動揺してしまう。

そして給食となり、、、カレー。。ようやく小川の香りが消え動揺が治まる鈴木。
そんなとき事件が起きてしまう。
出水正(北村匠海)が、食器の中のモノを混ぜ合わせ喜び。
そのうえ、汚い言葉を発し始めたのだ。
成績優秀で、問題行動がない生徒だったはずなのに。

そこで、理由を聞くため放課後に出水を呼び出すことにした鈴木。
山崎先生(山口智充)に相談したところ、やはり問題行動を起こすはずがないと。
昨年担任だった川野先生(でんでん)に聞いてみると。
両親がシッカリしていて、真面目な生徒だという。

放課後。職員室で、出水から話を聞く鈴木。
すると出水は、
“見てて分かんなかったら、言っても分かりません”
明らかに、鈴木を試しているようだった。
そこで来週5日間、“見る”コトを告げ、幼稚なことをしないと約束。
去り際に、出水が言ったヒトコトに、鈴木は妙な引っ掛かりを覚える。
“ホントは分かってるくせに”

問題解決までの時間は、5日間。
出水の観察を始める鈴木だったのだが、分からない。
もしかしたら、隣の席が中村加奈(未来穂香)になったからか?
いや、何かがある。。。何かがあるのは分かるのだが、正確に分からない。
山崎先生は、好意の裏返し、、、恋なのではと言うが、絶対に違う。

そんななか、妙なことが話題に上がってくる。
樺山あきら(三浦透子)が、献立から酢豚がなくなることに不満を口にしたのだ。
クラスでは明らかに人気が無い“酢豚”
給食を作っている人に聞くと、時代の流れもあり残し率が異常に高いのだという。
樺山にとっては、“死んだおばあちゃんの味に似ている”から、、、らしいが。
できる限り努力することを鈴木は、約束をする。
そこで鈴木は、職員会議の議題において、生徒の意見を聞いてみることを提案。
アンケートをとると言うことに決定される。
ただ、なにか腑に落ちない印象を受ける鈴木。

一方で、3日経過しても、出水の問題は解けない。
その一方のアンケート。。。
クラスで岬勇気(西井幸人)、横関康輔(岡駿斗)のやりとりで騒ぎは起きたが、
その程度であり、アンケート結果は、酢豚が嫌いという人数は、明らかに少なく。
妙な不安を覚える鈴木。
それは手伝ってくれた桃井先生(田畑智子)も同じだった。
すると足子先生(富田靖子)が、少ないことを逆に問題視する。
校長先生(斉木しげる)もその考えに同調し、
皆が食べられるメニューで対応するのが適切と言い始め、
鈴木、桃井も同じ考えだと。。。廃止。。。と決定される。

が。。。どうしても出水の問題が解けない。
そしてついに、5日目。
鈴木は、ある事実に気付く。


敬称略


お話は、、

問題行動を起こすはずが無い生徒が、問題行動!?

“ちゃんと育った子。”
と教師の評判も、良いハズなのに。。。。。


って感じである。



そうですよね。

実を言うと、私も“鈴木先生”のように、
映像を見ていて、なにか、違和感を感じていたんですよね。

が。。何かが分からなかった。

そう。
まさに、鈴木先生と同じで、体験してしまった感じだ。


答えが分かりスッキリ。

演出も面白かったですし。

小川“正直、痛快だった部分もあります

まさに、その通り。
そういえば。。。。

と、一瞬、“大昔”のことを思いだしてしまったのは言うまでもありません。

結局、
年をとり、大人になれば、それは“普通”であり
“日常の一部”になっているため、
“違和感”は感じても、正確には見えないモノです。

ほんとに、かなり面白いネタを描いたと感心するばかりです。

“真面目な子ほど馬鹿を見る”


本来、“こう言ったところ”というのは、

出水の父(小木茂光)が言っていたように
“自由な討論が常に最良の道でしょうか
 子供達は両親から授かった教育やしつけ
 家族の価値観までも背負って討論しなければならなくなります

家族の価値観、、生活環境などが、まさに反映されるモノ。

全てが正しいわけでもない。間違っているわけでもない。
デリケートな問題。

だが、1つ言えることがあるのは、
実を言うと、“こう言ったところ”というのを、

“古き良き時代”“伝統”ということで、シッカリと描いている作品があります。

そう。。。橋田壽賀子先生の作品群である。
失礼な言い方ですが、

“くどさ”は、、“丁寧”の裏返し。。なのである。


ほんとは、、、
“それぞれの胸の内で、思考熟成させて欲しい”

色々な人がいて、色々な考え方がある。
そこを理解することが、大切。。。なのでしょう。

そして、何が1番“適切”であるかを判断する。

きっとそれが、人としての“成長”にも関わるのでしょうね。



あ。。。ドラマの感想じゃないな。。。

落としどころを、どこに持ってくるのかと思ったが、
“なるほど”と感じたのは言うまでもありません。



これまでの感想

LESSON.1


TB出来ない場合は以下へお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/d27e6388cad8e82095ed33bbb1646632



楽天ブログ
LESSON.2 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

〔ドラマ〕 鈴木先生 第2話 「14才の優等生の反乱!給食廃止で教室炎上」

きっどさん明日死ぬとしたなら 最後の晩餐に選ぶメニューは 「酢豚」である。 それだけ大好物であるので 「美味しくない酢豚」は許せない! つー、事で解決策は 「酢豚も、ほんのひと工夫でこの旨さ」 具体的には、皆が嫌うパイナップルを外す。 ・・・こんなレ
[続きを読む]

こちら、きっどさん行政書士事務所です! | 2011年05月04日(Wed) 02:47


〔ドラマ〕 鈴木先生 第2話 「14才の優等生の反乱!給食廃止で教室炎上」

きっどさん明日死ぬとしたなら 最後の晩餐に選ぶメニューは 「酢豚」である。 それだけ大好物であるので 「美味しくない酢豚」は許せない! つー、事で解決策は 「酢豚も、ほんのひと工夫でこの旨さ」 具体的には、皆が嫌うパイナップルを外す。 ・・・こんなレベルの問...
[続きを読む]

しっとう?岩田亜矢那 | 2011年05月04日(Wed) 02:45


ハンチョウ 神南署安積班4第4話 & 鈴木先生第2話(5.2)

・ハンチョウ 神南署安積班4第4話 鶴田という男の遺体が発見される。 第一発見者は地域課の福村巡査長@柄本明。 犯人は30歳前後の男と明言しつつ、服装や髪型は暗くてわからないと語る福村に 不審を感じる安積@佐々木蔵之介。 その後、福村は犯人の顔を思い出したと...
[続きを読む]

まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) | 2011年05月03日(Tue) 19:26


長谷川博己、臼田あさ美「鈴木先生」第2話

長谷川博己主演、「鈴木先生」第2話 14才優等生の反乱! 給食廃止で教室炎上
[続きを読む]

ドラマな人々@遊Blog | 2011年05月03日(Tue) 17:09


「鈴木先生」 第2回 14歳優等生の反乱! 給食廃止で教室炎上

 いや~今回も、おもしろかったわ。 正直、わたしゃ、「仁」の次ぐらいにこのドラマ楽しみにしてるのョ。 今回、鈴木先生に付きつけられたのは「給食問題」。 「教育」とは「生 ...
[続きを読む]

トリ猫家族 | 2011年05月03日(Tue) 11:22


【鈴木先生】第2話

え~給食~ 性問題で衝撃的に始まった1話と比べて、随分軽い話だなぁ~。。。 。。。と、うっかり思っちゃったけど、いや、なかなか。。。。。 という事で、「鈴木先生」第2話簡単感想です。 ...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011年05月03日(Tue) 00:12


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。