レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BS時代劇『新選組血風録』 第4回 長州の間者

『長州の間者』

内容
芹沢鴨(豊原功補)と決着をつけた土方(永井大)たち壬生浪士は、
近藤(宅間孝行)を“局長”に据え、“新選組”として再出発をする。
それからというもの、日夜、反幕府勢力の取り締まりに奔走しはじめる。

が。。、、なぜか、最近は失敗続き。
土方らは、新入り隊士の中に長州の“間者”がいる可能性を考えるのだった。
すると沖田(辻本祐樹)は、深町新作(金子貴俊)が怪しいと訴え始める。
“勘”でしかなかったが、その勘を信じて監察の山崎丞(加藤虎之介)に
深町の周辺を探らせると、
小間物屋のおその(三倉佳奈)という女性と深町が良い仲だと分かる。

そんななか、浪士の集まりがあるという情報が入り、取り締まりに向かう新選組。
原田(武智健二)らが乗り込んでいき、、、その中には深町もいた。
次々と切り倒していくが、そのうちのふたりが逃げ出したところ、沖田が現れる。
駆けつけた深町に対し、沖田が斬るようにと命じると、
深町は、練習で見せたこともないような鋭い太刀筋で、
一刀のもとに斬り捨ててしまう。
ただ、、、その後の、深町の行動に、妙なモノを感じる沖田。

そのころ、長州の侍が“枡屋”に出入りしていると知る土方。

やがて沖田は、“ある仕事”を深町に命じる。
“長州の間者を斬る。君の仲間だ。君の後見と言うべきかな”
なんと相手は、深町の後見としてつけられている松永主膳(豊嶋稔)だった!
そう、、、深町の真の主である桂小五郎(野村宏伸)からも
教えてもらっていない真の間者。。。。


敬称略


オレは何も知らなかった。
枡屋のこともあんたのことも、オレはクズ扱いじゃないか。


少し引き延ばし気味だったので、次回に続くのかと思っていましたが

最終的に、殺陣を使って緊張感を生みだし
一気に引き締めた印象である。

実際、
今回、、主人公の土方なんて、、、ほとんど登場せず
ちょっとした、、、恋バナの一端を担うという、

緊張感が無い状態を見せてしまっていましたしね。


それでも、
沖田と深町の関係をシッカリ描き、

沖田総司というキャラを魅せたと言うことでは、
悪くないお話だったと思います。

“残念です、私の勘が外れてくれれば良いのに、、、
 なんて考えていたのだけれど。

ここなんて、面白いセリフですよね。


ただやはり感じたのは、
もう少し緊張感があっても良かったんでは?と言う事だ。

そら、枡屋のことはネタフリなのは理解しますが、

結局のところ、今回から“池田屋”に繋がるならば、
もう少しねぇ。。。。殺伐としたモノがあっても良かったカモね。

深町でメリハリつけているのは分かるんだけどね。。。


これまでの感想

第3回 第2回 第1回


TB出来ない場合は以下へお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/df53a2cad3d0755de712e3af72de31ba

楽天ブログ
第4回 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BS時代劇 「新撰組血風録」 Vol.4長州の間者

【送料無料】新選組血風録改版 価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】司馬遼太郎が描いた「新選組」の風景 価格:1,365円(税込、送料別) 新撰組血風録 公式HP 第4回「長州の間者」 【あらすじ】(↑のHPから拝借) 土方(永井大)は、新選
[続きを読む]

Refreshing-wind-blows/別館 | 2011年04月25日(Mon) 17:32


新選組血風録 第4回 「長州の間者」

新選組血風録 (角川文庫) 解説 あらすじ 土方(永井大)は、新選組に間者がいると確信し、「新入りの深町(金子貴俊)が怪しい」と言う沖田(辻本祐樹)の勘を信じて、監察の山崎(加藤虎之介)に深町を...
[続きを読む]

青いblog | 2011年04月24日(Sun) 20:25


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。