レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさま 第9回


内容
真知子(マイコ)育子(満島ひかり)と映画を見に行った陽子(井上真央)
映画を見ていると、、、その陽子の手に男の人の手が!!!
見れば明らかに怪しげな風貌の男(千原せいじ)で。。。
映画を見るどころではなく、涙があふれかえってくるのだった。

映画が終わり、満足げな真知子、育子に対し、
陽子は“死にたい”と口にする。

話を聞き、その陽子の怒りと涙を共有してくれた親友ふたりは、
その“玉ねぎみたいな男”を捕まえ懲らしめると、言ってくれて
陽子を慰めてくれるのだった。


その後、帰宅した陽子を見て、父・良一(寺脇康文)は事情を聞き
“たたき殺してやる!”と。。。。。


敬称略


無駄に入れすぎないセリフ
そして、陽子の事を見守ってくれ
気持ちを共有してくれる周りの人たち。

友情、、そして、家族。

ちょうど良い塩梅の描き方ですよね


母の言葉をサラッと出してくるって言うのも、
第1週のやりとりを、色々感じさせてくれるし、、、ほんと良い感じ。


ちょっとした事なのに、

作品の世界観と、登場人物の人間関係の描き方が絶妙である。


まあ。。。ほんとは、もう少し描く事ができるんじゃ?

そういう部分もあるのは確かであるが。

ネタフリも兼ねて、“大事件”を描くのだから、
これくらいなのでしょうね。


でもこの“事件”の“顛末”があるから、
下の兄のコトに繋がっていく。。。。。

流れが良いですよね。。。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。