レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~ 第5話 堕天刑事

『戊の回 堕天刑事

内容
SPEC“念動力”を持つ女・古戸久子(奥貫薫)との戦いの中、
突如、謎の集団が、当麻(戸田恵梨香)瀬文(加瀬亮)を襲撃!
古戸を連れ去られてしまうのだった。
“あたしたち、気をつけないと消されるかも”と、、、当麻。

そんななか、瀬文は、SITの先輩であり元刑事の里中貢(大森南朋)と再会。
里中は、“普通の人生を考えてみろ”と瀬文を諭すが、
決着が付けたい事件があると瀬文は答える。

翌朝、ミショウに公安部公安第五課の秋元才三課長代理が、やってくる。
このひと月で、公安の刑事が5人、、次々死亡しているという。
解剖の結果、全員病死。カルテの改ざんもなく。。。。
公安を狙った殺人事件である可能性を考えているようだった。
潜入捜査の理由は、無視し、本当に病死かどうかを調べて欲しいという。
解剖した医師に話を聞く当麻と瀬文。不審な点はないらしい。
しかし当麻は、妙なことに気づく。
潜入捜査官5人が、バラバラの職に就いているにもかかわらず、
ほぼ同時期に、健康診断を受けている!!!いったい、なぜ??

一方で、瀬文のIDで公安の高度機密データベースにアクセスしたコトが判明。
瀬文にはハッキングする能力はないと、当麻は秋元たちに伝えるが、
機密が漏れたと、瀬文を糾弾しようとするが、
野々村係長(竜雷太)の機転により、ミショウが事件に当たることに。

当麻は、瀬文が先日、、、里中と接触したことをあげ、、、、諭す。
疑惑を抱きながらも、信じたい瀬文
そこで、里中の自宅を訪れ、妻・小百合(西原亜希)から話を聞くことに。
里中は、昨日から仕事で南アフリカに出張中だという。
どうやら、ひと月前、娘の梨花に難病が見つかり、苦しんでいたと分かる。

敬称略



苦言をダラダラ、、、しながら。。。。

先ずヒトコト。

いろいろな謎を盛り込んだり、過去を盛り込んだりし過ぎているにもかかわらず、
まったく、その部分の解明がない今作。
毎回発生する『SPEC』の事件とは、無関係と言ってしまえばそれまでだが、
どうやら今回。。。少しでも。。。と
モヤモヤ感を無くしながら、テコ入れをしようという感じが
、、、、

だから、当麻の左腕のことも、一十一との関係を描きながら、表現。
瀬文に至っては、知り合いを登場させるコトで
そっちに問題を持っていき、、、過去を忘れると。。。いう超展開。

正直。驚くべき、、、物語の立て直しが行われています。
そらそうだよね。。。。スペシャルドラマで、1回飛んじゃった今作。

結末へ向けて、ここで、やっとかなきゃ!
そんなところでしょう。


それはさておき。

物語の方は、
過去のことは、横に置いておくとして、

今回のSPECは、病を処方する。。。。

全ての目的は、誘拐された冷泉の奪還!!
そのために、元SITを利用し。。。。

ってところだ。


物語の核心に進んでいる感じもあるし、
SPECを使った悪事が表現され、
それを解決しようと、当麻、瀬文が奮闘するなど

物語としては、悪くはない。
まるで、、、どこかで見たことあるような刑事モノドラマのようだ。


そう、細かいことを気にせず、
これまでのお話も気にせず、

普通に刑事モノドラマとして見れば、小ネタは少しあるが、
ま、、、納得のドラマである。
実は、潜入捜査官が。。。というのも、良い感じだしね。

なんと言っても、当麻と瀬文、
2人の主人公が、ある程度表現され、活躍しているのだから!!


ただね。それぞれの苦悩が表現され、最終的な任務と悲劇も含め
ドラマとしてオモシロ味があったことは認めますが



こう言っちゃ何だが、
今回のSPEC。。。。当麻の想像であり、ホントかどうかも不明、、だよね。

ドラマとして、刑事モノとして認めることが出来ても、
SPECを持った人間との対決が表現されないと、

なんだか、、物足りない印象が。。。。。
次回に引き延ばすのは仕方ないとして、

あの~~~~~2週間も待たせておいて、これで良かったの???

次回、事件が解決するとともに
大きな流れで、進展があることを願っておきます。


これまでの感想


丁の回 丙の回 乙の回 甲の回 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。