レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第40回 清風亭の対決


『清風亭の対決』

内容
龍馬(福山雅治)たち亀山社中の活躍もあり、
木戸(谷原章介)高杉(伊勢谷友介)らの長州軍は、
長州征伐にやってきた大軍勢の幕府軍を馬関において撃破に成功した。
勝利の勢いで倒幕。。。。その木戸の熱い思いに、、、龍馬は1つの提案をする。
“大政奉還”
そうすれば、戦わずとも、、、新しい日本が始まると。

そんな龍馬は長崎に無事に戻ったのだが
その長崎では、亀山社中を含め坂本龍馬への追跡が
長崎奉行・朝比奈昌広(石橋凌)により、続けられていた。
動きが取れなくなった龍馬のサポートを申し出る小曽根乾堂(本田博太郎)

同じ頃、幕府。。。徳川慶喜(田中哲司)が、15代将軍となり
今の倒幕への流れを止める手だてを考えることに、苦心していた。

そして土佐では、山内容堂(近藤正臣)が情勢を見て動き始め、
長崎にいる後藤象二郎(青木崇高)に命を出す。
“密かに、薩長に近づけ”
後藤は、小曽根、お慶(余貴美子)を呼び寄せるが、
“なぜ、坂本さんに頼まないのか?”と、、、言われてしまう後藤。
因縁ある坂本龍馬。。。。
悩んだ末、後藤は、弥太郎(香川照之)に龍馬を捜すよう命じる。

だが必死になり、弥太郎は龍馬捜しをはじめるが、教えてもらえず見つからない。
そんなときお元(蒼井優)のところで、酒を飲み愚痴っていると
突然、、、その席に、龍馬が現れる。
小曽根から聞き、やって来たのだという。
“後藤様に会うても、ええぞ。”

もしも、薩長に土佐が加わるようなことがあれば、、、、
その思いを持ち、清風亭において、後藤象二郎と会談する覚悟を決める龍馬。

後藤“坂本。土佐と、薩摩長州との橋渡しををせえ”
龍馬“お断りします
   今さら、土佐藩のために働け言われても、そんな気になれません”

一方には弥太郎や、上士達。。。。もう一方には、亀山社中の面々が控える中、
会談が始まるのだった。

龍馬“今こそ大政奉還を迫る絶好の機会”
後藤“徳川が政権を手放すわけがない
龍馬“ほんじゃき、土佐の出番じゃ。
   薩長に土佐が加われば、幕府の脅威になる。。。と。
   大殿と仲が良いというのが、都合が良い。
   土佐は徳川へ刃を向けん、それこそが薩長を抑える力になる。
   そして土佐が、新しい日本の要になる”

後藤“まっこと、怖れを知らん男じゃ、おんしは
   わかった、おんしの話に乗ろう。
   土佐は薩長を利用する。
   必ず土佐が、日本の要になると約束しいや。

(一部セリフは、簡略化)

敬称略



思惑が1つになり、土佐が1つに。。。

ま、、、そんな物語である。

もちろん、、、薩長が話に混ざっているのは言うまでもありません。


一部、、、気になるところ。。。
弥太郎とお元。。。とか。。お龍の部分。。。とか。
いろいろあるんだけど。。。無視しましょう。

とりあえず、
少し出来すぎな印象もありますが、

悪くない、、清風亭での対決だったと思います。

回想を混ぜてきたのが勝因かな。
武市らの思いを借りているが、上手く龍馬の気持ちも表現できたし、
良い緊張感と、分かり易いやりとりだったと思います。


何度も書くようだが、細かいところは無視。

これくらいの緊張感と、龍馬らしい活躍があってこそ
“龍馬伝”として成立し、楽しむことが出来ると言う事である


そう、、、無視している部分。。。それが少なかったが満足感の最大の要因(笑)

残り、あと8回。
できる限り“無駄”を省いて、龍馬の活躍だけでも描いてほしいものである。

っていうか、今回が証明しているよね。。。
無駄が少ないと、暑苦しいけど、、、歴史物として楽しいってコトが!


これまでの感想
第39回 
第38回 第37回 第36回 第35回 第34回 
第33回 第32回 第31回 第30回 第29回 
第28回 第27回 第26回 第25回 第24回 
第23回 第22回 第21回 第20回 第19回 
第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。