レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第39回 馬関の奇跡

『馬関の奇跡』

内容
明治16年
岩崎弥太郎(香川照之)は、龍馬のことを褒めすぎている。。作り話だと、
連載について、記者の坂崎(浜田学)に文句を言っていた。
だが母・美和(倍賞美津子)から、“語る義務がある”と諭され
再び、弥太郎は口を開け、語り出すのだった。。

慶応2年、幕府は、再び長州を攻めはじめた。
その長州軍に加勢することを決めた龍馬(福山雅治)たち亀山社中の面々。
馬関において、長州軍と奮闘していた。
イギリス行きを取りやめた高杉晋作(伊勢谷友介)は、
武士ではない者たちをとりまとめ、奇兵隊を結成。
労咳であるにもかかわらず奮闘する高杉の姿を見て、龍馬は圧倒されてしまう
“先が短いなら短いなりに、僕は面白くいきたい。
 それが高杉晋作の生き方ですけん”

そのころ後藤象二郎(青木崇高)の命を受け、弥太郎は長崎で土佐商会を開き、
上司、下士区別無く使っていた。
ジョン万次郎(トータス松本)が通訳をし、外国相手に商売をはじめていた。
その土佐商会に呼び寄せられた溝渕(ピエール瀧)も、戸惑うしかなかった。
そんななか、“樟脳”を売るためにグラバー(ティム・ウェラード)のもとを
売り込みに訪れた弥太郎であったが、
“龍馬”の名を出してきたグラバーに、激怒して帰ってしまう。

一方、馬関海峡では、大軍の幕府軍に対し兵力で劣る長州軍は、
高杉の奇策と亀山社中の面々の操船術により、小倉に上陸する奇襲作戦を決行!!
その圧倒的な高杉と騎兵隊の圧力に、諸藩の集まりでもある幕府軍は撤退。
長州軍は、勝利を収めるのだった。
だが同時に、、、将軍・家茂(中村隼人)が病で死去。
強引な長州攻めにより、米など物品が高騰。。。民衆も怒りを幕府に向け始める。
徹底交戦を唱えていた一橋慶喜(田中哲司)も退くしかない状態に追い込まれていく。

しかし勢いに乗り始めた木戸(谷原章介)ら長州では、ここぞとばかり
倒幕の気運が高まっていくが、龍馬は、これ以上の戦いは無用と諭し、
幕府に政権返上をさせれば良いだけであると、木戸に伝えるのだった。
“大政奉還”
木戸は、その考えは夢物語であると語りだし、不可能と論じる。
すると、、、龍馬は
“奇跡を起こさんと、日本はのうなってしまう”と。。。。。

その後、、、弥太郎は長崎の豪商・大浦慶(余貴美子)に売ろうとするが、
“龍馬”と、、、再び名前を出されてしまう。
馬関での戦いのウラにも龍馬の活躍があったと。。。。。。。
“あいつは嘘つきじゃ!!”


敬称略

↑ほぼ、、、メンドーなんですモードである。


今回から、最終章、、、season4

“RYOMA THE HOPE”

だそうだ。


とりあえず。最終章も飛び回る龍馬。のようだ。

ま、、、いいです。それで。
ここのところ書いているが、
もう少し、接続詞。。。間、、、繋ぐ部分がシッカリしていれば、
流れは、見えやすいし、分かり易いのだが、

season4も、、無視することにしておきます。


さて、今回は、龍馬伝。。。ではあるが、
最も目立っていたのは、やはり、伊勢谷友介さん!!高杉晋作だろう。

最終的に、大政奉還をぶちまけたことで龍馬が、面目躍如でしたけどね。

たとえ、、ヤリスギであっても
幕末のヒーローのひとり。。。高杉晋作の活躍を描かなくてどうする!

そんな印象の描き方だったと思います。

ほんと、かなり無茶してますけどね。
カッコイイから、許す!!

もう、これでいいだろう。

この戦いを見ていて思ったのは、
“高杉”の。。伊勢谷友介さん。。。。
脚本は、、、、別の人で、、、いや、そうしてほしい。
伊勢谷“高杉”を主人公にして、スピンオフドラマを作って欲しい!

そう思ってしまったのは言うまでもありません。
かつて、“新選組”で、作ったように、。。。ぜひ!!!

実際のところ、今作“龍馬伝”では
坂本龍馬という人物よりも、惹かれるモノがあります。

と、、ついに書いてしまいました。良いタイミングだろうからね。


かなり脱線してしてしまいましたが、メインの龍馬について。
season3でも、同じような演出があったが
今回くらい、本当の意味で奮闘が描かれ、思いが語られると

やはり、、、“英雄”という印象が強くなりますよね。

ただの女ったらしではない!!!(苦笑)
そう言った無駄を描きすぎたことが、前半戦の、、、苦痛でしたしね。

ま、ベタではあるが、真っ当な姿であろう。
これ以上の無駄は必要ないと断言しても良いでしょうね。
個人的には、、、、もう、女性陣、、、必要ないです!!
あとは、エピローグ程度にしてほしいものです。

それでも、、話数が少ないにもかかわらず、色々やろうとするんだろうけどね。
その“加減”によっては、今作の最終的な評価が決まることでしょう。


しっかし、、、高杉晋作。。。。カッコ良すぎるなぁ(笑)
いや、凄すぎる。。のほうが適切かな。

そういえば、、、書き忘れていましたが、、岩崎弥太郎。
ようやく、才能を開花させつつある感じですね。
香川さんの魅力も満載でしたしね!


これまでの感想
第38回 第37回 第36回 第35回 第34回 
第33回 第32回 第31回 第30回 第29回 
第28回 第27回 第26回 第25回 第24回 
第23回 第22回 第21回 第20回 第19回 
第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。