レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第37回 龍馬の妻


『龍馬の妻』

内容
寺田屋で逗留しているところを、奉行所による襲撃を受けた龍馬(福山雅治)
三吉(筧利夫)の活躍もあり、何とか脱出に成功するが、
深手を負った龍馬は、生死をさまようことに。。。。
お龍(真木よう子)が、薩摩藩邸に駆け込み事情を伝えてくれたおかげで、
なんとか、西郷(高橋克実)らの尽力により、龍馬は薩摩藩邸へと運ばれる。
そして、、、お龍の献身的な看護により、龍馬は一命を取り留めるのだった。

そんななか、西郷から、薩摩での療養を勧められる龍馬は、
木戸(谷原章介』西郷との約束通り、薩長の密約文書に裏書きをした後、
お龍に告げる。
“わしらは、夫婦になるがじゃ。おまんじゃないと、いかんじゃないき”
それは。。。プロポーズ。。。。そして、一緒に薩摩へ旅立つことを意味した。

同じ頃、西郷と木戸の策略で、薩長の密約がなった噂をぶちまけたことで、
一橋慶喜(田中哲司)ら、幕府サイドは動揺。長州征伐は中止された。

同じ知らせは、土佐の山内容堂(近藤正臣)の元に届いていた。
弥太郎(香川照之)から情報を手に入れていた後藤象二郎(青木崇高)は、
容堂から褒められ、満足げだったが、龍馬の情報と知り激怒!
だが。。。。。

一方、薩摩藩士の護衛もあり、長崎の亀山社中に立ち寄った龍馬とお龍
龍馬は、興奮気味で薩長が手を組んだことを惣之丞(要潤)らに伝え、
そして、、、お龍と夫婦になったことを告げるのだった。
その後、薩摩から船を手に入れたことを伝えた後、
お龍がいるにもかかわらず、その足でグラバー邸へと向かう龍馬。
グラバー(ティム・ウェラード)小曽根(本田博太郎)大浦慶(余貴美子)に
全ての事情を報告する。
すると3人から、グラバー邸に、
高杉(伊勢谷友介)が海外渡航のために滞在していると知り龍馬は、
高杉にも報告した上で、
“一緒に面白いことを”という約束をするのだった。

やがて亀山社中の面々は、引田屋で。。。龍馬とお龍の祝言の大宴会!
その席に呼ばれたお元(蒼井優)は、龍馬が結婚したことに動揺する。
お元の様子を見ていたお龍は、龍馬への想いに気づき、
そのことを踏まえた上で、2人の結婚について龍馬に問いただそうと。。。。

敬称略




基本的に、多くの事象を脳内補完しなければならないのが、
この“龍馬伝”の、、、流儀。

たとえば
season3になって、唐突に“倒幕”を口にした龍馬。

ま、、、いろいろと、想像しろと言うことだ。


今回の、、、龍馬が抱く。。。。お龍への気持ちについても、
これまた同じ。お龍の気持ちは描いているけど、龍馬は。。。。。である。

それなりに、看護を描いているし、
お龍からの猛烈な、、、際どい“お色気アプローチ”もあったから、

ま、、これも、“誰にでも惚れる龍馬”ということも含め、
“誰からも惚れられる龍馬”。。。からも、
いろいろ、想像しろと言うことだ。


とりあえずまぁ。脳内補完をしたうえで、今回を見始めると。。。。

なんていうか、明らかに変な言い方なのですが。

現代劇の、、、普通のドラマの“恋バナ”を見ているような感じですね。
そこに、歴史の有名人と、歴史を感じさせている状態。

逆に、歴史物として欠けている部分も多いが、
ベタベタな恋バナだと考えれば、悪くはないし。。。。こんなところだ。

今までのような、龍馬が色気を振りまきすぎていることもなく
ちょっとしたプロモーションビデオのようで、

ちょうど良い感じの“結婚”だったと思います。


腑に落ちないことや、不満はあっても、
“龍馬伝”なので、、、細かいことは無視。



個人的には、
もう少し、、、“時代”を描いて欲しかったですけどね。
龍馬が主人公なので、今回のような描き方も納得出来るのだが、

次回、season3も、、、終了し最終ターンに入る今作。

時代背景も含め、幕府の動き、倒幕サイドの動きを
もう少し描かなくては、“龍馬伝”として納得出来ても、

歴史ドラマ。。。時代劇としては、不十分すぎる感じがします。
細かい事件などを描く必要はないと思いますけどね。

そろそろ、勝海舟も再登場するだろうし。。。。
“時代”を描かなければ、
歴史ドラマとしては、失格と言っても過言ではないだろう。

だって、“次の龍馬の行動”の意味が、失われてしまうことにもなりかねません。

いくらなんでも、“次”。。。唐突すぎると、困ります。


これまでの感想

第36回 第35回 第34回 
第33回 第32回 第31回 第30回 第29回 
第28回 第27回 第26回 第25回 第24回 
第23回 第22回 第21回 第20回 第19回 
第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。