レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第35回 薩長同盟ぜよ

『薩長同盟ぜよ』

内容
長次郎(大泉洋)が切腹後、龍馬(福山雅治)は、大和屋へと向かい、
徳(酒井若菜)に長次郎の遺品を手渡すのだった。
そして改めて、長次郎の分の志も成し遂げることを徳に誓う龍馬。

そのころ大坂城では一橋慶喜(田中哲司)が長州征伐の軍議を行っていた。
あとは、、、薩摩が動くのみ。。。と。
一方で、薩摩と長州の動きは、幕府側に伝わり始めていた。

そんななか、桂小五郎改め木戸貫治(谷原章介)は、
西郷吉之助(高橋克実)と交渉をするために、薩摩藩邸へと向かう。
だが、木戸は、その場に立会人としての龍馬がいないことを疑問視し、
龍馬到着後に、交渉を始めると言い始め、薩摩との交渉を拒否する。
薩摩と長州だけが知る密約であるからこそ、立会人は龍馬でなければならないと
交渉を始めないことに難色を示す西郷を諭す木戸。
龍馬を信じたからこその密約であると。

そして、木戸が付けてくれた護衛の三吉慎蔵(筧利夫)と京へと入った龍馬。
だが薩摩藩邸には、密偵だけでなく新選組まで張り込んでいた。
そこで、龍馬は、三吉とともに、まずその足で寺田屋へと向かう。
寺田屋のお龍(真木よう子)とお登勢(草刈民代)の話で、
新選組が土佐の脱藩浪士。。。。。龍馬を狙っていることを知る。
そんなとき三吉に問われ、薩長同盟への思いを語る龍馬。
その一方で、命の危険のある龍馬を心配するお登勢、お龍の気持ちを知り、
龍馬は、お龍に、、、、日本を変えるため。。。という覚悟を伝えるのだった。
もう2度と会うことは、無いであろうと。。。。。

やがて辺りが暗くなり、動き始める龍馬。
するとそこに、危険を顧みずお龍が薩摩藩の藩士を連れ帰ってくるのだった。
交渉は、小松帯刀(滝藤賢一)の屋敷に移されたと判明する。
“坂本さんの役に立ちたい”

そして小松の屋敷へと向かう龍馬は、その途中。。。
自分に間違えられて新選組に捕まった者を救おうと、屯所へと。
なんと、、、弥太郎(香川照之)だった!!
三吉に弥太郎を任せ、小松邸へといそぐ龍馬。

龍馬の到着により、西郷、小松、木戸による交渉が始まる。
西郷からの、全面的な薩摩から長州への助力の申し出に、戸惑いをみせる木戸。
すると龍馬は。。。。。。

“薩長両藩は、誠の心を持って合体し、日本のために、
 傾きかけちゅうこの国を立て直すために、双方とも粉骨砕身尽力する

敬称略


ついに、薩長同盟である。

もっとも、『龍馬伝』らしかったのは、
弥太郎と、、、タイトルに“ぜよ”がついたことかな。




とりあえず、龍馬が、本当の意味で歴史の表舞台に出たお話。

コレまであったことは、全て忘れるとして。

良い感じの緊張感と、闇で結ばれた密約を
上手く表現していたと思います。

やはり、龍馬が追われる身になっているのが、良かったかな。
その緊張感があるために、

寺田屋でも、“いつものような色気”を、ほとんど出すことなく、
お龍との関係、お登勢との関係を、、、、恋人、、そして、、母。。。
悪くない感じで表現されていましたし。

いや、こういう表現があってこそ、
龍馬の志や、真剣さが見えるというモノです。


変な言い方だが、35回目にして、初めて、、、龍馬の“志”が、
本当に見えた気がします(苦笑)

もう、いままでなら、
どれだけ、緊張感のあるネタであっても、
どれだけ、シリアスなネタであっても、
どうしても“崩れた龍馬”を表現したがる今作“龍馬伝”

それが抑えられた瞬間。
ドラマとしての真剣さが初めて見えた気がします。

逆に、
歴史の大転機である“薩長同盟”のお話でさえ、
龍馬にバカをやらせていたら、
NHK。。。。大変な苦情の山になっていたでしょうね(笑)


“普通”に、面白いお話だったと思います。

ま、、、弥太郎は、オマケってコトで!




最後にどうしてもヒトコトだけ。
しっかし、今回のような物語を作ることができるならば、
なぜもっと、龍馬自身の心の変化などを、丁寧に描かなかったんだろうね。。。

このドラマって、
変な言い方だが、友だちが死んで盛り上げているだけでしたからね。。。
そう言うのは描いても良いけど、
最近よく口にする“志”を、描いてこその、、、英雄“坂本龍馬”のハズなのに。

極論をいえば、いつの間にやら“倒幕”を口にし始めちゃいましたからね、、龍馬。
こういうのって、絶対にあり得ないことです。
もうちょっとねぇ。。。。ナントカならなかったのかなぁと
そんなコトをよく感じる“season3”である。


これまでの感想

第34回 
第33回 第32回 第31回 第30回 第29回 
第28回 第27回 第26回 第25回 第24回 
第23回 第22回 第21回 第20回 第19回 
第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。