レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第31回 西郷はまだか

『西郷はまだか』

内容
豪商・小曽根(本田博太郎)は、龍馬(福山雅治)たちに一軒家を用意した。
場所は、、、亀山。。。
龍馬は、そこを拠点にして、長州と薩摩の同盟の画策を始める。
西郷吉之助(高橋克実)を説得し、先ずは了承を得ることに成功。
とりあえず、龍馬は、陸奥(平岡祐太)惣之丞(要潤)長次郎(大泉洋)と
“亀山社中”を結成する。
その後、、とりまとめを、惣之丞、長次郎に任せ、
陸奥とともに、大宰府への高杉晋作(伊勢谷友介)の元へと旅立っていく。

が、、到着直後、高杉はいなかったが、
なんと、、、土佐勤王党にいた中岡慎太郎(上川隆也)と再会する。
京を追われた三条実美(池内万作)の警護をしていると言うこと。
その三条、中岡に、薩摩と長州を繋げようとしていることを話す龍馬。
しかし当然、、三条は、疑心暗鬼。。。
それでも自分がまとめると息巻く龍馬に、中岡慎太郎は理解を示す。

そんなとき、陸奥が三条に龍馬との様々な冒険譚を話したことで、
龍馬の素性を理解した三条から
桂小五郎(谷原章介)に宛てた文を手に入れることに成功する。

桂のいる下関へ向かうことを決める龍馬。
そして、、下関へ西郷を連れて行くという中岡。

やがて、、、幕府からの攻撃に備える下関の桂の元に、到着する龍馬と陸奥。
“わしらがここに来たのは、長州と薩摩を結びつけるため”
長州と薩摩が組めば、幕府を上回る勢力となると解く龍馬。
が、仇敵の薩摩。。。納得出来るわけもない桂たち。
それでも幕府により追い詰められている薩摩の窮状を説明し、
長州と薩摩が組んだ上での、倒幕を訴えるのだった。

龍馬と陸奥の強い想い。。そして、、その先の思惑に揺さぶられた桂は、
西郷を待つことを決断する。
“君の言うことを信じよう。坂本くん”

そのころ、薩摩入りを果たした中岡だったが、
藩論がまとまらず苦悩する西郷と面会する。


が、、、15日、、、龍馬が到着してから経過しても、西郷は来ず。


敬称略

↑一部入れ替えています。



龍馬が、薩摩と長州を繋げようと考え始め、
“それだけ”に、、、命を惜しまず、奔走する。。。。

すべては、“日本”のため。


という、、
ほぼ、行動にブレがない物語だったので、

龍馬の意志がキッチリ伝わってきて、なかなか、面白いお話だったと思います。


そのなかにも、、劇的演出も忘れず。
中岡慎太郎との再会に始まり、陸奥陽之助と三条のやりとり
そこから生まれてきた文、、、そして、桂小五郎。

細かいことはさておき。

かなり、流れがスムーズであり、
“坂本龍馬”という人物により、人々が心揺さぶられ
そして、動かされてきたのが、良く分かるお話だったと思います。

そう。。。まさに、“幕末の英雄”である。


言ってみれば、3部開始の第29回の次に、、
ベタではあるが、

もっとも、万人が抱く“坂本龍馬”というイメージに近い物語ですね。

そのうえ今回は、福山雅治さんだけでなく、
上川隆也さん、谷原章介さんの“熱血ぶり”も良い感じで、

ドラマとして、そこにある“志士たちの熱意”が伝わる
面白い物語だったと思います。

色々と小ネタも入れられていましたし、
緊張と緩和、、、ちょうど良いメリハリでしたね。




ほんとはね、、、長州でのやりとりくらいの物語を
薩摩で期待したのだが。。。ま、、いいでしょう。


とりあえず、歴史は動いているのが見えましたしね。


これまでの感想

第30回 第29回 
第28回 第27回 第26回 第25回 第24回 
第23回 第22回 第21回 第20回 第19回 
第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。