レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第19回 攘夷決行

『攘夷決行』

内容
上洛した将軍・家茂(中村隼人)一橋慶喜(田中哲司)らは、
孝明天皇(阿部翔平)や朝廷に対し、攘夷決行の日が五月十日であると約束。
それは、半平太(大森南朋)や三条実美(池内万作)が望んでいた答えだった。
だが、幕府は、朝廷に攘夷の約束をしておきながら、
外国に通じるという策を取り始めていた。。。。。。。

そのころ、勝麟太郎(武田鉄矢)の用心棒をするようになった以蔵(佐藤健)は、
勝から、様々な攘夷のやり方があると知る。
人斬りがイヤになっていた以蔵にとって、龍馬(福山雅治)の勧めは
勤王党から逃げるには、ちょうど良いきっかけだったのだ。
そんな以蔵の前に、収二郎(宮迫博之)が現れる。
逃げ出した以蔵を問い詰めるつもりだったのだが、
そこへ、収二郎を追跡する土佐藩の者たちが現れ、捕らえようとする。
それは“大殿”山内容堂(近藤正臣)による、、、命令。。。
収二郎が、勝手に青蓮院宮から土佐藩改革の令旨を受け取っていたことを
とがめられていたのだ....だが、それは全て、容堂の策略だった。

なんとか、龍馬の機転で、逃げ出すことが出来た収二郎。
やがて、龍馬の仲立ちで、半平太と再会する以蔵と収二郎であったが、
2人そして龍馬は半平太から問いただされる。。。。“裏切り者”と。
そんな半平太を諭す龍馬。
“攘夷のために何をやっても良いと言うのは間違っている”
だが、半平太は、、、土佐藩、日本、帝のために、
攘夷を実行すると勤王党の侍たちに息巻くのだった。
そして、土佐の大殿・容堂に、、、攘夷決行の出陣命令の催促をするが、
まったく動こうとしない、容堂。

そして、、、攘夷決行の予定日。
半平太の願いむなしく...土佐藩は出陣せず。
行動を起こしたのは久坂玄瑞(やべきょうすけ)の長州藩だけ。。。。
その長州藩も、完膚無きまでに外国船により叩きのめされてしまった。
すべて、、、幕府が、外国に対しそして、諸国に対し動いた結果だった。

夢破れた半平太に、
もしも為していたら、日本国中が長州藩のようになっていたと慰める龍馬。
海軍を作り、本当の攘夷を実行しようと誘うのだが、
捕縛された収二郎を救うために土佐に戻るという半平太。

敬称略




幕府による攘夷決行日が決定され、
幕府、半平太、、朝廷。。。そして、、、諸国。

それぞれが、それぞれの思惑で動き始めた!

そんな感じですね。


ただ、あくまでも“龍馬伝らしく”っていうところである。

一応、あれこれとやりとりなどは描かれているし、
それほど、間違っていることをしているわけでもない。

半平太の周りから人がいなくなり、
半平太が絶望にたたき落とされる。。。。、
その崇高な夢とは裏腹に、、、、絶望感漂う結末。。。。。

もちろん、半平太にとって。。。ですが。
それでも自分の人生を否定するわけにはいかないと。。。

“結末”がわかっていながら、
親友の龍馬の引き留めも聞かず。。。。。

半平太の半平太らしいところ。
いや、、リーダーだった半平太が、自分の生き方を全うしようとする姿。

そういうところである。


半平太“また会おう、龍馬”


あくまでも“龍馬伝”ですので、
龍馬の“親友”の、、、“結末”は、、描かなくてはならず、

その生き様は、表現された感じですね。

これはこれで、面白いお話だったと思います。
人間と人間のやりとりが、、いろいろ表現されていましたしね!


難しいことを考えずとも、
そういう時代であり、そういう結末、、、始末の仕方しか
この時代にはなかった。

そう感じることさえ出来れば、それで良いと思います



ま、歴史など、、、そういうものである。

思惑と思惑がぶつかり、負ければ、、終わり。それだけだ。

その程度で十分ですね。


細かいことを取り上げ、
本当の意味で真偽も分からぬモノを事実、史実などと捉え、いろいろ言うより
ある程度、間違っていなければ、それでok。..それがドラマである。


これまでの感想

第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 


関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。