レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左目探偵EYE 第3話 血塗られた結婚式

『死の結婚式…謎の凶器』

内容
愛之助(山田涼介)の目の前で、警官が射殺された。。。
兄・夢人(横山裕)が犯人であると愛之助がしゃべろうとした時、撃たれた。。
ショックを受ける愛之助。

そんななか、瞳(石原さとみ)とケンカした直後、
左目に映像が浮かび上がってくる。。。
“精肉”“結婚式場”“結婚式出席者リストの狭山瞳という文字”

翌日、瞳に謝罪しに行った愛之助は、友人の結婚式に出席すると知る。
新郎の父・増田伸一郎(津村鷹志)が懇意にしていることもあり、
主賓は国土交通大臣の鷲尾弘明(升毅)だという。

数日後、結婚式場は、脅迫を受けている現職大臣が出席すると言うこともあり、
加藤刑事(岡田義徳)らも駆り出され、厳戒態勢状態。
その警官の中に、、、、兄・夢人の姿を確認する愛之助だった。

瞳が友人の西田智絵(朝倉えりか)と式場に入ったようには、行かない愛之助。
そこで愛之助は、夢人の犯罪を止めるため、
精肉業者の荒井健吾(魔裟斗)のトラックに隠れ、式場への潜入を果たす。
が、直後に、、、、左目に。。“平康三(深見三章)の死刑判決記事”
ケータイで調べてみると、裁判に証人として鷲尾が出席していたらしい。。。

やがて、事件が発生する。
新郎の増田優一(白井圭太)が、控え室で刺されているのが
式場の相川和子(大島蓉子)と新婦・佐々木愛美(中村映里子)により発見!
すぐに救急車により病院へと運ばれる優一。
現場に残されたボイスレコーダーには、、、“平”という名前が!?

福地刑事(佐野史郎)らが駆けつけ捜査が開始されるのだが、
その直後、凶器が、鷲尾大臣のカバンの中から発見されるのだった。

兄・夢人の目的は、何なのか???
仕方なく、、、最後の手段。瞳のサポートで新しいイメージが左目に!!!


敬称略




愛之助“オカシイ、矛盾している
  自分で犯罪計画を立てたはずなのに
  自分でその実行犯をつかまえてしまった。

そして

愛之助“いったい、何が目的なんだよ


ほんと、これらの言葉に集約されているような感じである。


物語の方は、

瞳が出席する結婚式場で、事件が発生!!!
愛之助は、、何とか潜入し、真犯人を暴いたまでは良かったのだが。。。


ということで、

死刑囚に罪をなすりつけた男たちが、始末されたお話だ。


すこし、強引すぎる部分。。。夢人が。。とか、愛之助が。。とか
そう言うのを気にしなければ、

それなりに、悪くないサスペンスに仕上がっていると思います。

一応、ネタフリもされているし、
特殊能力により考えさせるという状態も、
“らしさ”ということにしておくとして。。。。。

そこそこ楽しめているとは思います。


ただ、夢人が計画しているというドラマ全体の大きな流れと、
愛之助が夢人を注目しすぎていること
この2点が、どうしてもあるために、

今回の事件だけを見れば、
今回の事件が、大きな事件の中の“一欠片”に過ぎない印象しかなく、
それなりに表現されていても、
事件単独のオモシロ味は、少し薄い感じだ

なんていうか、、、夢人はともかく、
もう少し、罪を着せられかけた人物を描かなきゃ、
今回の事件の盛り上がりに欠ける感じですよね


だって、サラッと流している印象があり、
疑惑が発生した次の瞬間には、バイクで追いかけてるわけで。
ちょっと急ぎすぎだよね。。。。

細々とした小ネタも細かい繋がりも、悪くないのに。
もう少し今回だけの事件を楽しめるカタチに、出来ないのかな??

今回の事件があってこその、大きな流れの事件なんでしょ??


オシイ部分だよね。。。なんかね。

小事件と、大事件、、、それ以外の無駄が多いモンなぁ。。。。


これまでの感想

第2話 第1話 
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。