レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトメン(乙男)~秋~ 第4話(第12話)(最終回)正直である人

『贈るほどでもない言葉・後編』

内容
母・浄美(山本未來)に命じられたお見合いで、
飛鳥(岡田将生)は、相手の咲山入香(菅野莉央)に気にいられてしまった。
“オトメン”という秘密を握られた飛鳥は、強引に。。。。教会に。。。

さかのぼる事、6日前。飛鳥の留学の誤解が解け、一安心のりょう(夏帆)
でも、、、りょうから転校することを告げられショックの飛鳥。
充太(佐野和真)から告白すべきと言われるのだが。。。。飛鳥は戸惑う。
それでも、飛鳥は、母・浄美に好きな人がいるというが、受け入れられない。

そしてついに、夢子先生(柳原可奈子)からも正式に転校が発表される。
今日が最後のりょうの登校だった。
時間がない飛鳥。。。充太の言うとおりなのはわかっているが。。。

一方、りょうは小針田(桐谷美玲)多武峰(木村了)から
飛鳥との関係が、このままで良いのかと問われていた。。。

その日の夜。。。。飛鳥とりょうは、学校内を歩きながら、
出会ってからの3ヶ月を振り返り、思い出話をしていた。。。。。
すると、飛鳥がりょうの作るケーキを食べている家庭科室に、浄美が現れる。
理事長室に行けと命じられた飛鳥。。。そこには、咲山源次郎(山本圭)がいた。
“次の日曜日、婚約式を開く”と飛鳥は告げられる

同じ頃。充太は城之内ミラ(鶴見辰吾)に“らぶちっく”が終わると話していた。
話を聞いたミラは、“あなたにしかできない事があるはず”と。。。。
“正直である人は、ほとんどいない。でも、あなたには、そうあって欲しい”
と、、飛鳥に伝えて欲しいというミラ
何かに気付く充太。

そんななか、、ついに飛鳥は、婚約式を承諾し。。。。。

敬称略



さて、今回。
物語の方は、留学はさておき。。。

飛鳥が婚約しちゃう!!
りょうも転校!!!
なのに2人は、お互いに好きなのに。。。。どうしても伝えられない。

一方、充太も、2人の危機は“らぶちっく”の終わりと、、ミラ先生に相談!
1つの作戦を思いつき。。。。

ってことである。

ほんと、今回だけを見れば、
留学という明らかな無駄シーンはありましたが、

“オトメン”という情報を人質に取られて追い込まれていく飛鳥
どうしても、伝えたいのに伝えられない。
そんな飛鳥の葛藤などを丁寧に表現していたと思います。

もちろん、相手の、、りょうも。。同じ。

そして、大活躍の充太!!

ま、、、とんでもない“嘘”をついちゃいましたけど、
りょうの活躍も、久々に見る事が出来て、楽しい感じだったと思います。

ミラ先生も、、良い感じだったし!

そのうえ
妙に感心する浄美というのも、良いオチですね。

最後の最後に、楽しい“オトメン”だったと思います。
やはり、主人公が気持ちを表現しなければ、ドラマはドラマではない。

そんなことが、最終回で、より一層ハッキリした感じだ。




これからは総括気味で。

ただね、ハッキリと書いておきます。

終わりよければ。。。って言うワケじゃないと思いますけどね。
序盤は、、まだ“オトメン”だった、このドラマ。
いつのまにやら、同局の“イケメン・パラダイス”風ドラマへ
が、ここで大きな違いがあるのは、
“イケメン”の場合、キャラを丁寧に描き、
すべてまとめてコメディドラマとして描いた。
そこに、キッチリとメインキャラを使い、絡ませたドラマを作ったのだ。
が、、“オトメン”の場合。
コメディドラマではなく、コントの延長線上。
そのために、平気で“芸人のネタ”を小ネタで入れてきた

問題なのは、そのコントが、メインキャラのドラマとほとんど関係がなかった事
そのため完全分離された、丁寧さのないドラマと芸人ネタという、
ドラマとして相反するモノを混ぜてしまった。。。ほぼ混ざる事が無
く。。
そして、致命的だったのは、
“オトメン”という最も描かなくてはならないモノを描かなくなってしまった事。
あきらかに、完全に空回り状態になったドラマだと言えるだろう。

ハッキリ言って“お笑い芸人”が、ドラマで活躍してもドラマになりません!
俳優さん達を丁寧に使って、ドラマを表現しましょう!
方向性が本末転倒になったドラマが、面白いわけがない。

そういうことだ。


しっかし、
恋バナを描く感じだったのに、描かずコントを描き、
最後は、恋バナかぁ。。。。。
“連ドラ”じゃないよね。。。。。正直なところ。

なぜ、これだけ、俳優を集めておきながら、俳優を使わないんだろう。。
たしかに、小ネタを入れれば、楽しいのは分かるが、
ドラマから分離され、強調された瞬間。。。意味ないもんなぁ。。。
そら、制作サイドは、物語を作るのは楽だろうけどね!

そういう事じゃないと思いますけどね!


これまでの感想

オトメン(乙男)~秋~
第3話(第11話) 第2話(第10話) 第1話(第9話) 

オトメン(乙男)~夏~
第8話 第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。