レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーW 第7話 Cを探せ!!

『Cを探せ/フィリップはそれを我慢できない』


内容
若菜(飛鳥凛)のラジオで、“ゴキスター”という闇のオシオキヒーローの噂。
そんななか、翔太郎(桐山漣)らの探偵事務所に投石がある。
“風花高校に怪しい奴が来る”という情報と、、お金。。。。。
不満ではあったが、投石の犯人捜しをはじめようとするが、
目の前を、何かに集中しているフィリップ(菅田将暉)の姿!
こうなるとどうにもならない。。。と学校へ1人で向かう翔太郎。
警備員達の追跡を逃れると、、、
コックローチ・ドーパントが校長・星野武(白石タダシ)を襲っていた!!

一方、フィリップの良そうな行動に興味を抱いた亜樹子(山本ひかる)は、
その後をつけて行くと。。。。稲本弾吾(森崎ウィン)という青年がいた。
いきなりダンスを踊り出すフィリップ。。。
“ヘブンズトルネード”を踊って欲しいと言い始めるのだった。
1人じゃどうにもならないと言い残し立ち去る弾吾。
追跡をはじめたフィリップと亜樹子であったが、
突然、フィリップの腹部にベルト!?

変身!サイクロンジョーカー!!

コックローチ・ドーパントとの闘いがはじまった“W”
だが、、、亜樹子から連絡が入り、戦いは中断してしまう。

再び追跡をはじめたフィリップと亜樹子
弾吾が、星野千鶴(藤井玲奈)を捜していると知る。。。
しかし、、突如現れた幹部スミロドン・ドーパント!!

その一方で、翔太郎は、
風都の高校の情報通・エリザベス(河西智美)とクイーン(板野友美)に接触。
裏サイトで星野を傷つけて欲しいという情報が!!
千鶴を発見した翔太郎であったが、そこに、、、弾吾だけでなく、、
コックローチ・ドーパントまで現れ。。。。。。


敬称略



あいかわらず、良い感じのテンポで面白いですね


今回は、いきなりのフィリップの妙な行動で始まる。
何かに興味を抱いたフィリップ。誰かを捜し始める。。。

その一方で、妙な依頼が鳴海探偵事務所に。
仕方なく、翔太郎が1人で動き出すのだが。。。。


完全に、今までとは違い、
主人公がふたりと言う事もあり、物語が分離され動くのだが、

途中、様々な邪魔が入り、変身が解除されるなど
意外な弱点も多数投入され、

物語の興味だけでなく、システムへの興味を抱かせながら、

最終的に、1つの物語を紡ぎ上げた感じである。

素晴らしいですね。ほんと。


あまり、『比較』で、他のお話を書かないようにしていますが、
『キバ』の2つ同時進行とは大違いの内容だ。

まさに、『繋がり』を感じる展開と面白さである。


探偵モノとしても成立しているだけでなく
正義の味方の物語としても成立していますよね。

当然、特撮モノとしても成立しているのは言うまでもない。


個人的におもしろかったのは、、、、まさか、、ミックが!!!
う~~ん。。。。そっっか、、幹部なんだね!!!

猫なのに。。。猫なのか?、、、やはり、猫だよね!?

システムから考えれば、仮面ライダーWと同じだから、、、
ある意味、、、仮面ライダー!?(笑)



しっかし、この面白さは、いったい何なんだ!!
これじゃ、映画までに、、、『D』を完全に忘れちゃいそうである。


これまでの感想

第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。