レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侍戦隊シンケンジャー 第三十四幕 親心娘心

『親心娘心』

内容
志葉家を茉子(高梨臨)の父・白石衛(冨家規政)がやってきた
“シンケンジャー辞めて、一緒にハワイに行こう”
前のシンケンピンクでもある母・響子(伊藤かずえ)も了承しているという。
戸惑う茉子。
そんな中、武国町の学校に外道衆が現れる!!
ナナシ連中と戦うシンケンジャーだったが、数人の子供が連れ去られてしまう。
茉子の機転で隙間センサーを取り付け、追跡を彦馬(伊吹吾郎)に依頼する。

彦馬からの情報を待つあいだ、
茉子は皆に事情を話し始める。かつてドウコクを封印してから、
ハワイに父と移住した母とはほとんど会っていないと。。。

そのころアクマロは、ドウコク、シタリに作戦を話していた。
子供達を使い、この世に、賽の河原を作り、三途の川の水を隙間に溢れさせる!
着々と進むアクマロの計画。。。。だが、、まだ子供が少ない。。。

やがて、彦馬から、アクマロの作戦の実行の場所を聞き、
再捜索をはじめるシンケンジャー。。。。ついに、茉子が突き止めるのだが、
戦いの場に、父・衛までやってくるのだった。

“親だから、自分の子供を安全な場所に避難させたいと思う”
と言う父の言葉を聞き。。。。。


敬称略



茉子の父が、シンケンジャーを辞めさせるためにやってきた!
そんなとき、子供達がさらわれる事件が発生し、。。。。


って感じですね


両親に捨てられたと思ってきた茉子。
子供達が連れ去られ、悲しむ親たち。。。

2つの物語をリンクさせながら、
子から親への思い、親から子への思いを両方から描ききった秀作ですね。

立場を同じにすると言うのは、
戦隊だけでなく、普通にドラマでもよくやることですが、
かなり分かり易かったですね。

あまり描かれなかった茉子の過去も描かれましたし。

いや、、ピンクが父でなかったのが、、一番の安心ポイントだったかもね(笑)

最終的に、
かなりベタではあるが、親子愛を描ききり、、、ホント、、良い感じである。


たしかに、
強引にハワイに連れ去ろうとするのは、少し強引なんだけどね。
良い物語だったので、、それは、、、まぁ、良いかな


わたし的には、最も境遇が近いであろう丈瑠か流ノ介が、
もう少し関わってもよかったかなぁ。。とは思いますがね。


それにしても
アクマロの非道さもさることながら、作戦が面白いですね。
知っている人は知っているとおり、賽の河原。。。。良い表現でしたし。
いつだったか、シタリがつなげようとした作戦がありましたが、
こういった直接的に動く作戦は、急を要するため面白いですね。

さらわれるのは、子供達ばかりだし!!

今回なんて、なぜ、アヤカシが出てこない??と思っていたら
久々に“切神”の登場だ。。。

こういうアイデアですよね。
この番組の抜け目の無さというか。。。面白さは!


しっかし、、ラストの戦闘が。。。。。運動会か?
だから、1つになるんだな。。きっと!

これまでの感想
第三十三幕 第三十二幕 第三十一幕 
第三十幕 第二十九幕 第二十八幕 第二十七幕 第二十六幕 
第二十五幕 第二十四幕 第二十三幕 第二十二幕 第二十一幕 
第二十幕 第十九幕 第十八幕 第十七幕 第十六幕 
第十五幕 第十四幕 第十三幕 第十二幕 第十一幕 
第十幕 第九幕 第八幕 第七幕 第六幕 
第五幕 第四幕 第三幕 第二幕 第一幕 
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。