レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科捜研の女 第10話(最終回) 涙を流す死体

『泣いた死体!?目の中に残されたDNA!!


内容
冷凍車の中からトランクに入った女性の死体を見つける配送員(福本清三)
マリコ(沢口靖子)土門(内藤剛志)乾(泉政行)らが駆けつけるが、
女性の身元を示すようなモノは全くなかった。
ただ、、クビには、、、ロープが2本。。かなり奇妙な結び方だった。
風丘(若村麻由美)の検視で、首に残された索溝の形は、斜め。
自ら命を絶った可能性もあった。
だが、近くにはかきむしった痕“吉川線”が首にあったため、
他殺の可能性も出てくる。。

まもなく、歯の治療痕から藤吉友美(岡あゆみ)という派遣社員と判明する。
家宅捜索したところ、証拠隠滅が行われた痕跡。。。だが、、遺書もあった。
そして
“私が死んだら、泣いてくれますか”という意味深な言葉が残されていた。

そこで、以前勤めていた会社の元同僚の証言から、友美は人付き合いが苦手で、
友人と呼べる人は、誰もいなかったという。。
ただ、“東山小劇場”という劇団の女優・川瀬春奈(野波麻帆)が友人だと。
すぐにマリコ、土門らが、春奈のアルバイト先に向かうと。。
“恨みを買うようなことはない”と言いきる春奈。

一方で、トランクのキャスターの付着物成分・藍色の合成染料が存在する、
ジーンズの染色工場を配送ルート上に発見。。すでに、廃工場だった。
伊知郎(小野武彦)の成分分析から、犯行現場だと断定。
が、、その一方で、日野(斉藤暁)の分析で、遺書の筆跡は友美のモノ。

分析を進めれば進めるほど、
自ら命を絶ったのか?それとも他殺なのか?分からなくなっていく。。。

やがて、結び目の特殊さから、春奈が浮かび上がる。
自ら命を絶とうとしていた友美から、春奈は協力を頼まれたということだった。
すぐにロープがほどくことの出来るようにした春奈は、
辞めたい時は、、、、と最期の時まで止めようとしたという。
だが、友美は。。。。。死を選んでしまった。
事件はすべて解決。

ただ、マリコは、吉川線のことが気になる。
春奈の証言どおりなら、つくはずのない吉川線。
そんなとき、土門が、春奈が妙なことを言っていたとマリコに伝える。
“トランクにつめる時、友美の顔が泣いていた”と。。。
そして、日野の分析で、
遺書が、劇団スポンサーの坂東雄一(土屋裕一)の元に送られていたと判明。

マリコの頭の中で、ついにすべての疑問が繋がっていく

敬称略


土門“科学が証明したんだよ”

マリコ“人と人が接触すれば、必ず証拠が残る”


1人の女性の死
自ら命を絶ったのか?それとも他殺なのか?
証拠は、2つ浮かび上がってくる。。。
分析しても2つ。。。

だが、、1つの疑問が、真相に繋がっていく。
なぜ吉川線はついたのか??

そんなとき、、、遺体が泣いたという証言が、すべてを変えていく。。。


っていう感じですね。


自殺ほう助。。。その中に行われた、殺人事件

涙というのが、、なかなか良い感じですよね
もちろん泣くわけがないのですが、、、

無念の思い。。と結びつけているのが、面白いところ。

事件自体も、いくつものミスリードと、ミステリー感が織り込まれ
どの部分をとっても、面白い展開になっていたと思います。

やはり、謎解きは、これくらいでないとね!

まさい、科捜研だからこその事件だったというところですね。

最終回。。。SPじゃなかったのは残念ですが、
面白いお話だったと思います。



ドラマ全体を見て
“新”がとれてしまった“科捜研の女”

主要登場人物に変更もなく、変わったことと言えば、
父と娘の時間が無くなったことですね。その代わりに土門との時間が多くなった。
ただ、そうすることで、主人公はマリコ。。と言う状態から、
チームでの捜査が見え始めたのも事実であり、
雰囲気も、
“木曜ミステリー”というよりも“事件のオモシロ味”に重点が置かれた感じ。
素直に謎解きを楽しむことの出来る“謎解きドラマ”に昇華された
という印象である。
たしかに、慣れないと、、詰めこみすぎの印象もあるのだが、
どのお話をとってみても、満足のいくお話が多かったと思います。

惜しいのは、やはり、メンバーのキャラが見えにくいところがある部分。
伊知郎&マリコだけでなく、土門&美貴にしてもそうだ。
このあたりも含めて、もう1歩キャラの描き込みが欲しかった部分ですね。
ファンとしては、この部分の“味”が、良いスパイスだったと思いますので!


これまでの感想

第9話 第8話 第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話2hsp
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。