レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地人 第30回 主命

『女たちの上洛』

内容
小田原攻略により、戦のない太平の世が始まろうとしていた。
越後に帰国後、談笑する兼続(妻夫木聡)とお船(常盤貴子)
そんななか、秀吉(笹野高史)から、大名の妻を上洛させよという命令が下る。
それは“人質”となるということであった。
景勝(北村一輝)は、そのことを菊姫(比嘉愛未)に伝えるが、拒否。
気持ちを察したお船は、菊姫の説得に向かうが、気持ちを変えようとしない。

翌年、景勝と兼続は上洛。
菊姫が病で伏せていると秀吉に伝えるが、信じていても目こぼしできぬと。
淀(深田恭子)の取りなしにより、その場はおさまる。
その後、上杉の京屋敷で大国実頼(小泉孝太郎)から、秀吉の状態を聞く。
北政所(富司純子)淀に頭が上がらぬ状態で、権勢を振るいはじめていると。
すでに他の大名の奥方は、2人に媚びを売っていると知るのだった。
それもあり幅を利かせた千利休(神山繁)が、すでに蟄居を申しつけられたと。

そして、反逆の罪で監禁状態の利休屋敷の警護を、
屋敷が近くであると言う事で上杉がすることになるのだった。
利休の屋敷を訪ねた景勝と兼続。
兼続は利休の娘・お涼(木村佳乃)から、見せしめであると告げられ、
景勝は利休から、頭を下げれば守れぬモノがあると決意を聞かされる。
2日後、切腹の命が下り、利休は切腹。

納得出来ぬ兼続は、三成(小栗旬)に見せしめなど不要と訴えかけるが
太平の世のためにはやむを得ないという三成。
それでも兼続は食い下がるのだった。

“この世は人で成り立っておるのだ。人には情がある。
 それを忘れれば人はついて来ぬ

その後、春日山に戻った景勝と兼続。
京の状況を鑑みて、兼続は菊姫に説得するが聞こうとしない。
仙桃院(高島礼子)も、逆らえば上杉を滅ぼすことになると言うが、聞かない。
仕方なく、景勝は上洛を命令する。
菊姫は、覚悟を決め自害をしようとするが、お船が駆けつける。
菊姫から、心の内を吐露されたお船は、その寂しさを感じ取り、
京へ共をすると申し出るのであった。




敬称略



ほんとうは
秀吉の力を見せ付けたお話

主命による、覚悟。。そして、命じられた者の対比。


ということなのであろう。

ただ、どうも、ニオイが、違う部分があり
物語が、分割され2つに見えているのが、ちょっともったいないところ。


1つは、利休の話。
かなり強引に、景勝、兼続を絡めているのであるが、
ま、、、一応屋敷が近くだと言っているし、無理はない感じ


利休がどのような状態で、反逆と言われたのかが
かなり曖昧であるため、利休が言っている“守る”が中途半端なんですけどね


そこは、奥方達のお話を含めての

景勝“頭を下げてでも守らねばならぬものがある
利休“一方で頭を下げれば、守れぬモノもある

そういうことなのでしょうけどね(苦笑)

その曖昧な感じは、
もう一方のお話。女たちの上洛にも少しだけだが現れている。

ホームドラマであるため、仕方ないが、
分かり易いと言えば、分かり易い感じかな。

心を打ち明けない殿様だからこそ、
自分がどれだけとの様を慕っていても、まるで“政の道具”
自分に女としての価値が、殿にはない。
そんなところだ。

まぁ、ここで、女や愛を前面に押し出されても。。。と言ってはいけません!!

それが、この“天地人”なのだから!(笑)



ということで、
かなり、粗が目立つ状態ではあるのだが、
利休はともかく、1つの愛の表現としては、
景勝の不器用さもあり、オモシロ味はあった感じかな。。。。。

お船だって、良い感じで子供産んでいたし。
子どもがいるのに。。。ってのも、よく分かる部分ですよね。


全てまとめて、秀吉が起こした事件いろいろなんですけどね。
そこを前面に出してこないからなぁ。。このドラマ。。

だから、テーマがブレているように見えるんだよね(苦笑)

ほんとは、そこに、主命として命じる景勝も含めて
命令に従うのか、従わないのか。
そこに、どんな意思があったのか。。。
そういう、いろいろな意味で複雑で、オモシロ味があるお話


のハズ。。。。なんですけどね。。。

やっぱり、そこはホームドラマ。愛でまとめています。

ま、いいけどね(←ココが、最も重要)


ほんとはね、理念だとか、愛だとか、義だとか
そういうセリフで雰囲気作りをしちゃっているから、
そこにあるモノが見えにくくなっているんですよね。

もしも、秀吉の圧力をもっと感じる演出があれば
全く違うモノになったでしょうに。。。
利休が死のうが死ぬまいが、それだけでは、圧力に見えませんよね。。。
ギャップだとか言ってしまうとそれまでだけど
でも、そこにあるモノが見えなくて天下人という立場だけで
物語を動かそうとするから、、なんか、、盛り上がっているような、無いような
そんな印象が残ってしまうわけです。

セリフなどで説明しても見えないモノは見えません。

前半の“義”だって、同じコトだったのにね。。。。。。

ホントは、そういうところにドラマのオモシロ味があるはずなんですよね。
特にドラマが悪いわけじゃないけど、
盛り上がりに欠けるるのは、そこだと思いますけどね。。

ま、ホームドラマだし。。。いいけど。。(2度目)

これまでの感想

第29回 第28回 第27回 第26回 
第25回 第24回 第23回 第22回 第21回+ 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。