レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侍戦隊シンケンジャー 第二十二幕 殿執事

『殿執事』
内容
丈瑠(松坂桃李)が、ことは(森田涼花)に稽古のメニュー作りを命じていると、
そこに、源太(相馬圭祐)がやってくる。
常連客第1号の金持ちの坊っちゃん・松宮義久(永嶋柊吾)の婚約者に、
ことはになって欲しいと!!
名門財閥と言うだけアリ、婚約者候補の売り込みが激しく、
それを回避するために偽の婚約者になって欲しいと言うことだった。
1度、源太の店で見かけたことがあると言う事で、白羽の矢が立ったという。
丈瑠がことはの執事となり、源太の指導を受けながらパーティーに出席。
婚約者として発表される中、街にはアヤカシ“ウラワダチ”が出現!
ことはたちも、現場に向かい戦いはじめるのだが、
突然ウラワダチが、逃げてしまう。。。。。

ふたたび、義久の元に向かうことは、丈瑠。。。
が、なぜか、アヤカシの気配を感じる。



敬称略



ことはが、名門財閥の御曹司の婚約者に!?

そんなちょっとした恋バナと、それを利用しようとするアヤカシ。

そこに、ことはの執事となってしまった殿・丈瑠
殿と執事のギャップに苦しむことは、、、と言う部分から、
ことはの、今の状態を描こうとしているお話だ。


丈瑠“あんまり俺を絶対だと思うな
  オレがいても、お前はお前の立ち位置を持ってろ。自分の中に

その助言が効いたのか。。。。


好きな気持ちに張り付いている。
というそのアヤカシの言葉から、アヤカシを分離するという

ま。ベタと言えばベタなのだが、
ことはというキャラが、一皮剥けるには
殿にビンタは良い感じだよね。

わかりやすくて!

まさに、キャラの成長が垣間見えたお話だ。

丈瑠との関係に
なにかを感じさせたのも、これからのことに利用するのかどうか分かりませんが
こう言うのも良いかもね。


心の成長は、何も自分の立場、位置づけの確認だけではない。
恋というのも、面白い部分。





ただ、個人的には、
一瞬、ネタとして入れそうになった、
丈瑠が“モヂカラ”で、何かしようとしていたのが、

本当に、気になる部分ではあるんですけどね。。。。

何しようとしたんだろう??
どんな“漢字”があったのかが、知りたかったです!(笑)



それはさておき。そんなことは物語であるにも関わらず

今回は、オモチャの宣伝も兼ねている。

そう!
ついに登場の、海老折神、烏賊折神の合体!

イカダイカイオー!!

気のせいか、シンケンオーとの合体よりも、
バランスがとれているような気がしますよね。




っていうか、次回予告、、、えっ!?
伊吹吾郎さんとの共演が楽しみですね。



これまでの感想

第二十一幕 
第二十幕 第十九幕 第十八幕 第十七幕 第十六幕 
第十五幕 第十四幕 第十三幕 第十二幕 第十一幕 
第十幕 第九幕 第八幕 第七幕 第六幕 
第五幕 第四幕 第三幕 第二幕 第一幕 
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。