レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤鼻のセンセイ 第2話 初恋少年の告白大作戦!!

『闘病中学生勇気の初恋』


内容
和田(須賀健太)が、やってきた斉木先生の診察をすっぽかし、
これまでも2度遅刻していることもあり、問題になり始める。
そのことで、
七瀬(香椎由宇)遠野(高橋努)から責められる看護師の滝川琴美(工藤里紗)

一方、参太朗(大泉洋)は、桜山院長(上川隆也)から
太川(小林聡美)の実家が浅草の劇場だと聞き、訪ねてみることに。。。
“ズッコズッコダンスのシルクちゃん”と呼ばれていたことも分かってくる。
座長の娘だったが、いろいろあって飛び出したようだった。
弱みを握ったと、一安心して病院へ向かう参太朗であった。

そして和田の様子が、どうしても気になる参太朗は、
後をつけてみると、、、外科に入院している少女に恋をしていることがわかる。

参太朗は、“成就させてやんないと”
と、、退院間近の少女・藤原理沙(金澤美穂)を、院内学級に招き、
和田と関わりを持たせようとするのだが、、、、
怒って、教室を飛びだして行ってしまうのだった。

太川“思い上がらないでください
  誰かの心の中が、全て分かるなんて不可能なんです

やはり、怒られてしまった参太朗。
それでも悩んだ末、、“最後まであがきます”と、参太朗は太川に宣言!

そした、和田の病室に向かった参太朗は。。。。

敬称略




全く、空気が読めない男・石原参太朗

なんとか、恋を成就させてやりたい!!
と、、その気持ちだけで、突き進もうとするが、、玉砕!

参太朗『なんでも良いから、話してくれ

和田『なんで、あんなことしたの?
 そうだよ、オレは藤原さんのことが好きだ
 オレは見ているだけで良かったんだ
 あの子、向こうの子だろ。
 もうすぐ退院して、普通の学校に戻るんだって。
 だから見てるだけで良かったんだよ
 オレ、ちゃんとあきらめてたのに。。。。
 あんたが余計なことするから、
 こんにちはって言われたんだよ、よろしくねって言われた
 なんで、そんな事してくれんのさ
 オレはこれからも、ずっとここにいると思う
 世界が違うんだよ
 だから好きになっちゃダメだし、会いたくなかった

参太朗『ごめんな、何もお前達のことが分かって無くて。
 でもな、なんか違うと思うんだよな
 もし明日が世界の終わりだとしても、
 今日、私は、りんごの木を植えます。
 ってそんなこと言う人がいるんだ。
 オレも今、やっと分かった
 出会ったこと後悔なんかするなよ
 大事なのは、そんときの気持ちだろ
 良いだろ、好きになったって、良いだろ、好きで。
 お前は人を好きになったっていいんだよ
 そんなこと、後悔なんかすんなよ
 ごめん、オレ、こんな事しか言えないや


参太朗の気持ち。。そして、、和田の気持ちを知り、
なにかを感じた太川達は。。。。。。


そんな感じだ。


ズッコズッコダンス、、は、ともかくとして。

前回と同じようなパターンでいくことは、
今回、キッチリ表現された感じだ。

いや、、ハッキリ言えば、
想像していた以上に、『楽しさ』を前に押し出すよう。。。

参太朗が、あまりにも
デリカシーがなさ過ぎなので、
そういう形にするのかどうかが、分からなかった前回でしたが、

今回、“これでもか!!”と、
みんなの協力を得ながら、1つになっていく姿を表現した。

まぁ、、、
桜山院長の兄、、幸一。..と言う存在がいるようで
そのアタリのネタフリが、唐突すぎるのは気になりましたが、


全体として、妙なウザサさえ気にしなければ、
ある程度楽しむことが出来るお話になっていくようだ


今のところ、感動まで行っていないのが、
少し残念なトコロですけどね。



ただね。ヒトコト。

太川は、良い感じで参太朗を叱ったり、
“思い上がらないでください
 誰かの心の中が、全て分かるなんて不可能なんです

その一方で、
和田をフォロー
“隠していたことが、人に知られると楽になっちゃたりする

と、良い感じで物語を動かしているのであるが
全体として、

太川も含めて、“重い人”がいないため、
どうも、
シリアスな物語を描いているにもかかわらず、
軽すぎるにおいが漂っているんですよね。。。。

明るい感じなのは良いのだけど、
たとえば、他のクラスメートも反発するとか。。。
もうちょっと何かがあっても良かったかもしれません。
反発している医師にしても、いてもいなくても良いような状態だし。。

参太朗がバカなことをして、そこに“優しさ”を感じるためには、
彼の行動に反対する人間が、もう少しいないと
物語に、締まりが生まれませんよね。。

悪くないんだけど、なんかねぇ。。。。


これまでの感想

第1話
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。