レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MR.BRAIN 第8話(最終回) 最後の賭け

『終幕~さらば愛しの変人脳科学者!!最後の脳トレは笑顔活用法』

内容
警察庁副長官・川瀬要三(大林丈史)狙撃事件。
衆議院議員・尾崎幸平(浜田晃)誘拐事件。
立て続けに発生した事件。。。処刑のタイムリミットが迫る中、
また事件が発生する。
人質の尾崎のいる可能性のあるビルを捜索した丹原(香川照之)林田(水嶋ヒロ)
そのビルで、爆破事件が発生するのだった。
林田は、爆破に巻き込まれ、意識不明。
すでに、タイムリミットは24時間を切ってしまった。
事件を防ぎきれなかったことにショックを受ける九十九(木村拓哉)

“最善の策は、何もしないこと”
そう宣言した九十九に、科警研のメンバーだけでなく和音(綾瀬はるか)からも、
あきれられてしまうのだった。

そんななか、相沢義之(光石研)が確保される。
九十九が丹原の聴取に協力するが、手がかりは全くなし。
明らかに、武井刑事(市川海老蔵)が怪しいが、何も掴めない。
そこで九十九は、丹原に1つの提案をする。。。
尾崎の息子・伸一郎(鈴木一真)の様子がおかしいことが気になる丹原に、
伸一郎のDNAをとってきて欲しいと。。。
話を聞くが、。。。。何も掴めなかったが、
大河内(山崎樹範)難波(トータス松本)らの分析で、
伸一郎のDNAとハンカチの血痕のDNAが一致する!

しかし、血文字は、指先を切って書いたモノ。。アリバイもある。
すると、難波が言うのだった。
一卵性双生児の場合、骨髄移植を受けた場合。。DNAが一致する可能性が!
尾崎親子らは、知っていながら何かを隠している。
いや、、“何か”を守ろうとしている。。。。

そして、調査の結果、北里陽介(上川隆也)が浮かび上がる。
17年前の殺人事件。無罪を主張しながらDNA鑑定で有罪になった事件。
無罪を主張は、あるとき、突然消えた。。。
偶然、北里が白血病となり、骨髄移植を条件に冤罪を関係者が黙らせたから。
結果的に罪を認めた北里。..その事で、両親は自殺。
全ては、関係者が過ちを認めなかったための悲劇だった。
事件の証拠を丹原が、難波に再鑑定をしてもらった結果。
当時の技術では一致したモノも、現在の技術では一致しないことが判明。
冤罪だった

そんなとき、北里が東京科学博物館を狙っている可能性が浮かび上がる。
当時の担当裁判官だった津田義一(山田明郷)が、講演会を開く予定だった。
すぐさま、丹原達は駆けつけたのだが、
“会場に爆弾を仕掛けた”というアナウンスが響き渡る。。。。。。。。
避難誘導をしながら、爆弾探し、、そして、爆弾解体と多くの事を進めるが
間に合わない。。。。そして、、時間。爆発はしなかった。

同じ頃、その騒ぎに紛れて抜け出す車両が発見されるが、取り逃がしていた。
と同時に、、、、九十九の姿が消えた。

敬称略



『二度と自然に笑えなくなりますよ。人殺したら。
 人を殺したら、殺した人の心も死ぬんです

『今度は、科学があなたの味方をしてくれるはずです。



頭脳戦を、奇抜な行動と、
同じコトをやり返すと言う事で、解決した九十九。。。

そういうことである。

え!?簡単すぎます?


いやまぁ、、そんな程度で良いかなぁ。.と。

あ、そう、そう。印象としては、
上川隆也さん、市川海老蔵さん
この2人ですよね。

ホント、素晴らしい限りです。特に上川さん!!
最後のやりとりの表情変化だけで、
そこにある内容を全て表現した感じですね

。。。。と、そんなところです。
演技のことを書いたりするときは、書くことがないときなので(笑)



キャラが立ち、物語全体をチームで動かすようになり、
良い感じに、ようやくなってきたところで、最終回である。

最後は、オマケで、両津勘吉である。



ま、それはいいや。

ただまぁ、ホント残念なんですよね。
前後編にしたモノも多く、“物語”が結果的に少ない。

こう言っちゃなんだけど、
ドラマ開始時にやってくるのではなく、
すでにやってきていた状態で、ドラマが始まれば、
もっと、面白いモノが出来たんじゃないのかな???

どれだけ、賢いキャラが登場したところで、
結局“組織”として動いている部分があるのだから、
キャラも含めて、その部分を表現しなければ、

“探偵が、刑事が、1人で勝手に解決”

で、十分なんですよね。

でもね、多くの“目立つ人”を出演させているのだから、
利用してこその“ドラマ”

だからこそ、この終盤、ようやく面白くなってきた印象が生まれたわけです。

もちろん、“ど~~~~~~しても、俳優オンリー”という
ドラマの見方をする人は、別です。


そして全体の印象として残ったのは、
そのアタリのキャラの魅せ方と、
そんな事件で良いのか??脳科学利用しているのか??
と言うネタの部分なワケです。

楽しめてるんだけど、素直に納得出来ない感じですね。


もしも、SPや続編作るつもりがあるなら、
俳優のバランスと、事件のネタをもう少しつめて欲しいモノです。




これまでの感想
第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。