レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科捜研の女 第2話 飛沫血痕が語る真実

『欠けた指紋!飛沫血痕に隠された秘密!!』

内容
山の中で、男の死体が発見された。暴力団菅沼組の構成員・野上保(入江毅)。
科捜研のマリコ(沢口靖子)と乾(泉政行)が、駆けつける。
すぐに、頭部にある妙な傷を見つけるマリコ。
その後、風丘(若村麻由美)の解剖でも、死因の傷がかなり特殊で、6本の傷。
凶器さえ分かれば、犯人に繋がる可能性があると土門刑事(内藤剛志)に告げる。
その一方で、日野(斉藤暁)は、頭髪についていた“アリ”の分析を開始。
榊所長(小野武彦)の分析で被害者のズボンからケーキの材料でうるち米を発見。
暴力団員と、ケーキとの違和感はあるが、アリもあるため、可能性はあると、
菓子作りの道具“ローラーカッター”に目をつける。
それは6本の傷が可能だった。

マリコは、美貴(加藤貴子)と、乾は日野と、
京都府下の菓子店をまわり、ローラーカッターを分析していくが、
血液反応は、出ない。。。。

最後の店では、凶器と同じ型のローラーカッターは使われていなかった。。。
全く、手がかりがない中、科捜研に帰ると、
風丘がやってきていた。
マリコたちが最後の店で買ったケーキを見て反応する風丘。
その店“タミー”では、アレルギー対応のケーキを作っていることで、有名な店。
雑誌にも載っているほどで。。。と、マリコは気付く。
タミーのオーナーパティシエの枝島多美子(秋本奈緒美)が、
凶器と同じ型のローラーカッターを使っている写真があった!
“使ってない”と言っていたのに。。。。

土門とマリコは、多美子の元を訪ねると。
お客さんが来ていたからと言う多美子。
そのうえ、壊れたから捨てたと言うことだった。
子どもがアレルギーだったため、作り始めたというアレルギー対応ケーキ。
が、火事で、夫とともに亡くなってしまっていた。
その話に、何か妙なモノを感じるマリコと土門。

科捜研に帰り、その事を話しをすると。新たな情報があった。
被害者の傷口にキャロブパウダーと言う甘さを出すモノが検出されたと。
うるち米の粉など、、怪しい部分は存在するが、
家宅捜索令状まではとれない“普通に販売されているモノ”。。。。

そんな中、ついに土門が被害者の野上との関わりを発見する。
夫と子供を失った苦しみから逃れるために、薬に走り、野上から買っていたと。
また野上が店にやってきた証拠をマリコが見つける。
野上の鼻の粘膜から、多美子の自家製の消毒スプレーの成分。

それらの事実を多美子に突きつけると、自供を開始するのだった。
野上から、脅されていたと。。。。。

事件は終わった。

多美子の供述を裏付けるための、店内の調査が開始されるのだが
マリコたちは、店内で、妙な位置にある飛沫血痕を発見する。

分析から、被害者と多美子が争っていたならば、
あり得ない位置から“誰か”からの殴打。

多美子は、誰かを庇っているのでは!?


敬称略


明らかに途中登場の水野義彦(長谷川朝晴さん)が。。。。

なのであるが、
本当に、一瞬しか登場させず。正確には、ワンカット。
そのうえ、多美子との関わりを、ほとんど描いていないため、

ミスリードと言うよりも、
どうやって『そこ』=『真実』に、たどり着くのだろう??

という、なかなかミステリアスな展開です。


基本的に、科学捜査を主に置いている物語であるため
こういった、ある種のミスリードは、面白いモノがあります。

途中、飛沫血痕をアナログで分析しておきながら、
キッチリ、その後はPCで魅せるなんて、、なかなかです。

意外な面白さがあったのは、
最終的な『凶器』を発見するために向かった池での出来事。

現地でPCを使って、足跡でタイヤ痕分析である!!

これ、意外と衝撃的。

いままで、ルミノールなど物理的に分かるモノは分析はすぐ行われるわけですが
こんな細かい分析を行ったのって、
シリーズで、見たこと無いです!!

『普通』なら、必ず科捜研に帰って。。。。。なんですけどね(笑)

それが、『ドラマの掟』だったりするわけです。
なのに、マサカの現地分析!

もしかしたら、、
これが、『新』がとれてしまった『進化の痕跡』なのかな???


でも、こういうのって、時間短縮もあるだろうし、
『掟』を使って、必ず『家』に帰るよりは、

科学的というか、、文明的な感じがしますよね。
そう!新しいモノを見ているような感覚である。

やっぱり、、これが『進化の証』なのかもしれませんね。

旧式の分析方法ばかりを見ていると、『今』を感じにくいですし。
たとえば、
ケータイ社会になっているのに、ケータイを使わないというのは
かなり奇妙なこと...と言うのと同じ。



細かい部分の人情話。。。動機の部分などは、
かなりアッサリ気味ではありますが、
『進化』を見たので、良しとしましょう。

そういうドラマじゃ、ありませんし。。。。

アレルギー対応の製品、、、ってのも、今風で良い感じだしね!




で、メチャクチャ気になっていることがひとつ。
榊親子の“やりとり”は、もうないのかな????


これまでの感想
第1話2hsp 
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。