レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官僚たちの夏 第1話 昭和三十年の夢

『昭和三十年の夢』

内容
終戦から10年後。もはや、戦後ではないと言われ、
その10年後には、国民総生産世界第2位へ。。。そして、現在へ繋がっていく。

昭和30年春。高度成長期元年と言われる年。
道路舗装率が5%にも満たず、車一台が家1軒よりも効果だった頃、
通産省は“国民車構想”を発表した。

自動車課長の風越信吾(佐藤浩市)が、
旧知の新聞記者・西丸賢治(佐野史郎)を上手く使い勝手に発表したものだった。
“10年後を見据えている”と、
風越を良く知る中小企業振興課長・鮎川光太郎(高橋克実)は、応援するのだが。
上司の重工業局長・丸尾要(西村雅彦)は、怒り心頭。

一方の風越もまた、アケボノ自動車の朝原太一社長(蟹江敬三)に
必死になり夢を訴えるのだが、バカにされてしまうのだった。
“4人乗りで時速100キロ、10万キロ走っても修理を必要とせず、
 そのうえ、3年で開発して、25万で販売”
部品が多く、車が成功すれば、多くの会社が潤う。。。それが風越の考え。

“オレが日本をアメリカより、豊かな国にしてみせる”

そして、ついに、アケボノ自動車の社長の娘婿・日向毅(加藤虎ノ介)らが動き、
“小型車”でのテストが開始される。
が、、様々な試験が開始されるが、事故で中断。

そんなとき、追い打ちをかけるかのように
通産大臣を務めたこともある与党幹事長・池内信人(北大路欣也)が、発言する。
繊維について発生しはじめていたアメリカとの経済摩擦をとりあげ、
自動車産業不要論も、出始めていると。
その事で、通産省は、構想に及び腰になり始めるのだった。
風越は、池内に真意をただすと、“味方”だということなのだが。。。。。

また、“人事季節”が来たこともあり、人事異動。
前園繁事務次官(国広富之)から、未来の次官への道の1つ秘書課長を打診。
が、風越は、構想が進んでいる途中だと打診を拒否。
後任の自動車課長を選んで良いと言う条件で、引き受けるのだった。

そして、いろいろと悩んだあげく、鮎川を後任の自動車課長に抜擢。
鮎川の根回しにより、融資する銀行も見つかり、
ようやく、エンジンの開発に成功。そして、、様々な条件をクリアしていく。。

一方、風越は、秘書課長という立場を利用し、
通産省自体を変えていく。。。。。。
鮎川だけでなく、
牧順三(杉本哲太)庭野貴久(堺雅人)御影大樹(田中圭)山本真(吹石一恵)
ら多くの味方を得ながら、進めていく『国民車構想』


敬称略


公式HP
http://www.tbs.co.jp/kanryou09/



オレが日本をアメリカより、豊かな国にしてみせる


ある程度、、戦争の傷跡から回復し、
次のステップ。。。。国民が豊かになること。

そのために、必死になった官僚たちの物語である。


『このままアメリカに負けっぱなしで、悔しくないのか!
 国産自動車が育たない限り、日本の産業発展はない
 このままじゃ、ずっと、アメリカの下請けのままじゃないか
 アメリカに出来たことが、日本に出来ないはずはない』



まぁ、以前NHKでドラマ化されたり、
いろいろな番組で、表現されてきたお話ですので、

その手の番組が好きな人にとっては、
ハッキリ言って“目新しさ”は、ほとんどありません。
それに、今となっては、
この熱意を軽く見がちな感じになっているのもありますし。

ただ、
そういった思いで動いた人たちがいたのは事実であり、

普通に、俳優さん達の演技を見ながら、楽しむ。

そういうことである。


とりあえず、今回は、“国民車構想”という発想で動き始める。。
というお話だ。



少しだけ、今回見ていて気になったのは、
丁寧に、ドキュメンタリータッチで描くことを意識しすぎて、
ポイントでの音楽が弱いこと

ここで、盛り上げてやる!

そういった、意気込みが見えないですよね。
だから見ていると。

俳優さん達の演技は、ホントスゴイのだけど、
ドラマとしてのメリハリに欠けている感じに見えます

ここで、成功!ここで、失敗!

そういったことを、もっとキッチリ表現して欲しいモノだ。



気楽。。に見るような物語ではないが、
同局の“まるで豪華なドラマ”よりは、豪華に感じてしまったのは確か。

俳優さん達も、若い人から、ベテランまでいるし。

ドラマが、豪華に見えますよね(笑)

関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。