FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

天地人 第22回 真田幸村参上

『真田幸村参上』

内容
真田家より使者が上杉家にやってきた。
それは、真田家当主・真田昌幸(岩松了)の娘・初音(長澤まさみ)であった。
徳川に狙われているため、味方をして欲しいと言う
戸惑う、景勝(北村一輝)と兼続(妻夫木聡)
秀吉のことも考え、辞めるべきと泉沢久秀(東幹久)は進言するが、
“これも上杉の義”として、盟約を受けることを了承する景勝。
その事を兼続から聞かされた初音は、信長、秀吉とすべては真田を守るためと。

そんな折も折、父・惣右衛門(高嶋政伸)が
弟・小国実頼(小泉孝太郎)と見知らぬ女性を連れやって来る。
なんと、兼続、与七より年下の“新しい母”およし(西原亜希)!?
お船(常盤貴子)らとともに、戸惑うばかりの兼続であった。

そして、ついに、上杉家に、盟約の証としての人質が春日山に送られてくる。
真田昌幸の次男・幸村(城田優)だった。
人質ではなく、客人として扱うという兼続。

迎えて早々、その幸村の仏頂面を見て槍勝負を申し込む久秀。
久秀は勝利したが、、翌日。久秀の槍が紛失し、幸村を疑いはじめる。
盗みに加担したかどうかさえ言わない幸村。
すると今度は、幸村が久秀に勝負を挑み、幸村が勝利を収める。
だが、心を開こうとしない幸村をみて、兼続は海の見物へと誘い出す。
人を信じないという幸村は、裏切られる前に裏切るのも上策と言い放つ。
それでも、人は信ずるに足りるものと。。。兼続。

そんななか真田家から書状が届く。
徳川が上田城に軍を向けたという知らせであった。
盟約に従い援軍の準備を整えはじめる上杉軍。
すると、兼続は、幸村を呼び。。。手勢を連れ、真田に戻れと。。。。
人質が無くとも援軍を出すという兼続の言葉に戸惑う幸村。

幸村『なぜ。そこまで。。。
兼続『それが上杉なのじゃ



敬称略



今回は、
上杉と真田の盟約。

そこに人質としてやって来た若武者・真田幸村

人は裏切るモノであると、人を信じない幸村に
人は信ずるに足りるという兼続。

そんなとき、徳川の大軍が上田城へ迫る!!!

援軍を向けることを決定した上杉軍

すると、、、兼続は、
真田家を救いたいなら、。。と帰ることを了承。



あとは、援軍と幸村の活躍で、大勝利の真田。

そして、、、人を信じるという兼続の心に打たれて。。。

幸村『真田幸村、このたび、直江兼続様の弟子となるため戻って参りました


である。

まぁ、
なかなか、ドラマとして面白いお話ですよね。

『主』を変えることで、真田家は守られてきた。
それは、裏切りに続く裏切りの連続

その一方で、人を信じる。。。上杉の義

まさに、
イデオロギー対立の再来と言って良い状態ですよね。

でも織田との意味不明な対立よりも、分かり易くて良いです!!

信じるか、信じないかという単純な図式であるというだけでなく、
戦での勝利という結果が見えるというのも良いところ。

誰が見ても分かり易く。。

そんな感じのお話ですね(笑)


ほんと、ベタと言えばベタですが、
久秀達、重臣らもキッチリ表現しているし、

こういう人間関係の表現こそが、『連ドラ』として、最も重要なこと。

きっと今回のことが、『いずれ』、、幸村の行動に表れるでしょうし。

普通に面白かったと思います


なんかまぁ、、普通の現代劇みたいだけどね。
ま、、いいや、、楽しいから。


それに、、もうヒトコト。
ついに初音の状態を表現したことによって、
今回は、ほぼ納得感のある状態でしたね。


こういう感じであれば、、、、
過去は水に流すことにしましょう


これまでの感想
第21回+ 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
関連記事
スポンサーサイト