FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

ぼくの妹 第6話 妹の恋

『だめんず好き』

内容
入院した櫻井(大滝秀治)から、九鬼研次(千原ジュニア)の実の父・忠彦と
告白された盟(オダギリジョー)は、少なからず、ショックを受けていた。

一方、九鬼に大金を要求された颯(長澤まさみ)
でも颯は九鬼に共感しはじめ、瀬川(田中哲司)に相談するのだった。
全財産300万を持ち、競馬という賭けに出る!!!
が、、、、やはり、決断が出来なかった。
仕方がなく、颯は、現金を持ち九鬼のところに向かうが
颯の兄・盟とのの約束があるからと、受けとっれくれない。。。。。

そんな中、櫻井から、花畑の権利書を手渡され、
花畑を売った金を研次に渡してくれと言われる盟。
借金をすべて返済できるだろうと言う事だった。
そこで盟は、不動産屋を回るが、、、良くても300万ほどだった。
櫻井には大丈夫と言ったモノの。。。これでは売れない。

そんなとき、大河原理事長(若林豪)から、友人の息子を診てくれるようにと
依頼を受ける盟。。。。仕事があるからと断ろうとするが、、、、問答無用。
戸惑っていると、
春奈(笹本玲奈)が、何でも言うことを聞くといっていたと口走る。
そこで花畑の件を提案することに。。。

翌日。春奈に花畑を見せるために向かった盟だったが、
花畑には、九鬼と颯がいた。
瀬川から、颯が九鬼に対して、気持ちを持ち始めていると聞いていたため
より一層困惑する盟。


敬称略




今回は、ざっと見て『つなぎ』という感じでしょうね。

内容として、これ!と言う目新しいモノは、ほとんどない

『金』に関するネタフリと。
颯から九鬼への気持ちが、確かなモノになった

というだけである。

ただ、逆に言えば、
“結末”に向けての、お膳立てはすべて整った。

と言う感じですね。
それだけ、人間関係が描かれた印象である。


櫻井から頼まれたことで悩む盟。。そんなとき、九鬼に恋した妹を知る。
妹は妹で、九鬼への気持ちが徐々に強くなっていく感じだ。

そして、九鬼は、一歩引くことを考えているのに近づく颯!

それらの人間関係を、多少細切れ状態ながらも、
キッチリ描いたという感じだ。



まぁ、どっちにしても、ネタフリだけなんですけどね。
次回、ホントにいろいろなことが発生しそうなので、

起承転結の“承”の終わりだったと言う事かな。


これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

関連記事
スポンサーサイト