FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

天地人 第21回 三成の涙

『三成の涙』

内容
落水にて行われた秀吉(笹野高史)と景勝(北村一輝)の面会は、
景勝が上洛を約束することで無事に終わった。
そんな中、落水城で開かれた宴の席で、三成(小栗旬)と兼続(妻夫木聡)は、
言い争いになってしまうが、秀吉により、収まりを見せる。
そして、秀吉から三成との出会いを聞かされた兼続は、
席を外していた三成の元を、にぎりめしを持ち訪れるのだった。
秀吉が話をしたと気付いた三成は、自分の性分を変えるつもりはないと言い放ち、
秀吉が、日本国の民のために、国を豊にしようとしていると語るのだった。
が、それを聞いた兼続は、
『幸せというても人それぞれじゃ、国が豊になったとしても
 友のいない幸せは、幸せとは言えぬ
 仲間がいれば心は満たされる
と言い返すのであった。

お互いのことについて、納得は出来ないまでも、気になり始める、兼続と三成。
三成は、初音(長澤まさみ)に、、兼続は、お船(常盤貴子)に、、愚痴を。。

そんななか、1つの事件が起きる。
仙桃院(高島礼子)が、菊姫(比嘉愛未)が懐妊したと勘違いしてしまい、
景勝、菊姫夫婦の騒動。。。。
いや、嫁姑問題に兼続が巻き込まれてしまっていた。。。。。

そのころ、直江の屋敷にも騒動が起きていた。
なぜか、三成がひとりでやってきたのだった。
お船が応対し、、
その後、上田衆の面々泉沢久秀(東幹久)小国実頼(小泉孝太郎)
甘糟景継(パパイヤ鈴木)桜井晴吉(松尾諭)山岸尚家(松本実)
らが、、引き続き応対するが、
三成の、、あまりの横柄な態度に、一触即発状態に。。。。
それを見ていたお船は、、『正直すぎる』と侍女かよ(あき竹城)に告げていた。

数刻後。
景勝らの問題も収拾し、、急いで直江屋敷に帰ってきた兼続。
帰ろうとしている三成を、お船とともに呼び止めるのだった。
そこに、偶然やって来た兼続を慕う百姓達。。。
三成の言動で帰宅していた上田衆らも呼び寄せ、宴を開き、
大騒ぎをする兼続、そして、上田衆らを見て、三成は“兼続”を理解しはじめる。


そして、、、、、

敬称略




三成『良き奥方だ
兼続『ワシも、そう思っておる。ワシには過ぎたおなごだ。
三成『それに家臣同士、仲も良い
兼続『ああ、つらいとき、苦しいとき、誰よりも信じられる友だ

三成『うらやましいな

兼続『おお、初めてじゃの。おぬしの口から、そのようなことを聞くのは。
三成『俺とて、本音は。。。。
兼続『おぬし、他人のことをあほうだと思うておる。それがいかんのじゃ。
三成『あほうは、あほうだ。だがお前は違う。あほうにもなれる心を持つ男だ。
   それが俺と違うところ。
   だからお前は人に好かれ、俺は嫌われる。
   だが性分ゆえ、仕方がない。

兼続『ワシは、おぬしのことを誤解していたようだ。許せ。

手を出す兼続。
ためらう、三成

兼続『どうした。
三成『いや

手を取り合う2人
笑顔の兼続、口をゆるめる三成。

兼続『で、得るモノはあったか?それを確かめに来たのであろう。
三成『おれは。民のために、豊かな暮らしをと願っていた。
   だが、それだけでは足りぬと思った。
   互いに思いやる心、共に歩もうとする志
   それが大事。
兼続『さすがじゃのう
三成『お前が教えてくれたんだ。礼を言う
兼続『水くさいことを言うな。今日よりおぬしは、ワシの友よ。



ということで、無二の親友となった兼続と三成。


そんなお話でした。



ちょっと、いろいろと考えましたが、切り替えて。。。

ほぼ、100%近く書いています。
気合いを入れてみました!!


今回は、
兼続と三成のお話である。

だから、序盤で、イヤ、先週の終わりにケンカして
今週は、そのケンカから始まる。

同じような『ニオイ』を見せておいて、
はじめは、『興味』から始まる。

そんななか、『宴』で見せた、兼続の本心。
兼続を慕う百姓達の姿。

ついに、三成も陥落である。


キッチリ、理論も含め感情のぶつかり合いを描き、
見事に『友情物語』として、描ききった感じですね。

感動、、、まではいきませんが。

絶賛に値する感じだったと思います。

途中、懐妊事件と、嫁姑問題は、
これからのこともあるでしょうし、ネタフリも兼ねているのでしょう。

が、いつもなら無駄ではありますが、
全体的にゆるい展開であるために、

丁度良い、三成の態度の表現の場になったのも確かだ。

三成の態度。。。そして、兼続の態度の対比である。


そんななかから、友情物語をキッチリ完結
それも『にぎりめし』で終えたのだから、

1つの友情物語としては、秀逸な出来だったと言えるでしょうね。



いつもなら気になる、初音、お船についても、
三成、兼続に生まれる変化の兆しを表現するには、
少し強引さはあるが、コレしか無いと言うべきでしょう。


なかなか、面白いお話だったと思います。


まぁ、実際は、
今までのワケのわからない感じのお話も

これくらい、、、上田衆も含めて、人間関係。
感情のぶつかり合いなどを描いてくれていれば、

結構、納得出来るお話もあったとは思いますけどね。

そんなことを、逆に浮かび上がらせるほどの
良い感じのお話だったと思います。

っていうか、
目指すべき場所、カタチが今回あったと言って良いでしょうね。


かなり、ベタですけどね。



1つだけ気になったこと。。。
今回の感じからすると、、まさか、、
『三成のその時』に、、『にぎりめし』を差し入れします???




これまでの感想
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回
関連記事
スポンサーサイト