FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

夫婦道(2) 第6回 悲しいウソと高鍋家の真実!?

『鬼パパ来襲緊急事態』

内容
マー君(石倉三郎)の兄嫁が、高鍋家にやってくることになった。
康介(武田鉄矢)は、何か企んでいると勘ぐる。
隙があってはダメと家中の掃除を開始する聡子(高畑淳子)は、
娘・八夜子(たくませいこ)若葉(本仮屋ユイカ)に、真剣にするよう命じる。
そして、ついにやってきた兄嫁・山崎多佳子(山口果林)
“山崎家”の由緒について語り出し、“鳩子”と勝手に命名。
そのうえ、自分の養子にしたいと言い出すのだった。
マー君の店が傾いていると話だし、マー君も救うとまで言い始める。

それを聞いた、聡子は多佳子の機嫌をとりはじめ、
ウソを並べ立てて、なんとかまとめようとする。
その聡子の作戦に乗った高鍋家の一同は、教養を見せ付けるように。。。。。

そんななか、修造(橋爪功)の親しい女・千尋(星野亜希)に、
“高鍋康介”と名乗って、遊んでいたため、、、、、
高鍋家は、佳奈子に茜を狙われるだけでなく、
ヤクザの岩見沢耕一(金田明夫)にも狙われることに!



敬称略



ドタバタと、いろいろあって。

康介『なんで、お母ちゃん、こんな悲しい大ウソついたんだよ
  茜を取られないために、
  お前にもマー君にも茜にも幸せになって欲しい一心で、
  こんな悲しいウソついたんだよ
  見栄や体裁でついたウソじゃねえ。
  修造見りゃわかるダロ。笑いながらついたウソは後で必ず泣くことになる。
  でもな。俺達はな、力を合わせて、一生懸命家族そろって
  悲しいウソとついたんだよ
  泣きながらついたウソは、いつかきっと笑い話になるから。
  もうちょっと、待ってくれよ。

それでも、茜が奪われるなら。。。と決意する康介!

だが、それを立ち聞きしてしまった。。。多佳子

『このうちのほんまの姿見られて良かった
 私は人の親になったことがないけん、分からないけど
 もしもさっきみたいに、自分の娘がヤクザに脅されたら、
 聡子さんみたいに、体張って庇ってやれるかいのう。
 聡子さん。あんたは立派な母親やわ
 何があってもあんたになら、茜ちゃん任せられます。
 山崎家は、資産もあるし品格もあります
 でも、ああやって、家族が本音でぶつかり合うことはなかった。
 いつも世間体を気にしてしもうて
 私、あの家に嫁いでから、いっつも思っとったんよ
 1度でええけん、本音で話がしてみたいなぁって。
 さっきの、なんか、とっても、うらやましかった。
 高鍋さんの話もステキやった。
 八夜子さんに伝えてもらえん
 高松に帰って昌弘と茜ちゃんの3人で
 こちらみたいな家庭を築いて欲しい。』


ってことで、

修造の家も、すでに押しかけ女房状態の典子に救われ。。。

夫婦道教訓
『夫婦の絆は家族を救う』


である。




なかなか、良いお話ですよね。
人情モノになるのも分かるし、
次のネタが分かってはいるベタ展開なのですが、

良い感じの人間関係と、ドタバタが表現されているため

かなりいい感じのドラマになっていますよね。


そんななかに、オチもありだ!

典子『入間川にたたき込むよ』



それにしても、
まさか修造の浮気が、高鍋家を救うことになろうとは!!

いや、それ以上に、典子、、杉田かおるさんが、カッコイイ!

こういった部分も、
このドラマの『らしさ』であり、面白さですよね。

お見事だったと思います。


個人的には、
ココまで良い感じになった、高鍋家と多佳子なのだから、
再登場して欲しいですね。

そのときは、マー君のおにいさんにも。。。。


最後にヒトコト
しかしまぁ、朝ドラと同じような雰囲気のドラマであるにもかかわらず。。
このドラマの素晴らしさ。

高畑さん、金田さん。。。どうおもってるんだろ。。。


これまでの感想
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回
関連記事
スポンサーサイト