FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

白い春 第6話 つながる絆

『運命の絆第二章』

内容
娘、、、さち(大橋のぞみ)に会いたくても、、、ふさわしくない。。。。
そしてハローワークへ仕事探しに行く春男(阿部寛)
でも、刑務所帰りに、年齢が災いし、仕事は見つからない。
それが、今の春男の“現実”であった。
そんななか、警備員の仕事で、工事現場で働き始めた春男。

すると、目の前に、さちと佳奈子(白石美帆)
さちには見つからなかったが、偶然、村上ベーカリーの近くだった。
佳奈子から聞いた、康史(遠藤憲一)は、
春男の工事現場に行くと、『どうせ今日まで』と春男に言われる。。

そのころ康史は、大口の客が増えたことで、求人を出していた。
でも、山中恵一(村上剛基)ほどの人物は見あたらない。
そんなとき、求人を出していたハローワークから電話。
面接の喫茶店に康史が行くと、そこには、春男が居た!!
ハローワークからの紹介だという。。。。。
しかし、春男は、先日康史に偉そうに言われたのが、言い返したいだけだったが、
話をしているウチに康史は、面接をすると言い出すのだった。

採用を決めた康史。佳奈子は驚くのだが、
『立派な親子だというのを見せてやる』と、、、決めたのだった。

朝早くから“村上ベーカリー”で働き始めた春男。。。。
それは、春男を見守る栞(吉高由里子)にとっても、衝撃的展開だった。


敬称略



3分ほど総集編

と言うのを、いきなりやったのが、一番驚いてしまいました。

いやまぁ、“第二章”というのは、知っていたので、
やるんだろうなぁ。とは思ってはいてのですが、

かなり、詳細でしたよね!

う~~ん。
3分で、本当に5話分見たような印象が。。。。。

なら、どんだけ、引き延ばしてる?

ってことの裏返しなんですけどね。

ま、いいや。
それだけ、丁寧に描いているということなのだろうね



ということで、今回から、第二章。


さちのために、、、いつか、ふさわしい人間になりたい!!
その強い気持ちが、偶然を呼び込みはじめる。

まさかの村上ベーカリーへの就職。

村上の方も、春男に言われたことで、
さちとの親子関係に戸惑っていた。
だからこそ、親子関係の再確認。。それを、見せ付ける!

お互いの意図は、全く違うモノの、
さちという“娘”の近くで働く“ふたりの父”

最後には、接近できたからこその“親子のひととき”

ちょっと笑顔の春男。

そして、、鉄棒の本番では、
さちは、父の前で、つばさの持ったおじさんのパワー。。。

である。



かなり、極端すぎる展開になっているわけなのですが。
良い感じの意地の張り合いで、
娘を挟んでの三角関係が、楽しく、、そして面白く。。。切なく。。

丁寧に描いている感じである。


ただまぁ、
今回は、まさに“第二章”的なはじまりであり、
これからという感じなんですけどね。

でも、
今までのことを序盤に“あらすじ”として入れ込んだモノだから、
絶妙な感じで、それが効いてきていますよね。

ハローワークで、現実を知るというのを入れたのも、
後半に行くに従っての盛り上げに、一役買っています。



それにしても、
次回予告はともかくとして、

本当に真面目に働く春男というのを
あれだけ間近に見てしまうと、、、、
康史達も心変わりがあってもおかしくないですよね。

なのに、次回予告では、、、。。

ちょっと、そこが引っかかる部分です。



とりあえず、大きく動き始めたので、
後半戦も楽しく見ることが出来そうである。



これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト