FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

ライアーゲーム LIAR GAME 第7話 直のライアーゲーム

内容
第4回目開票結果。直は、0票
第5回目開票結果。直は、0票
半分が終わってしまった。
そのとき、フクナガが話しかけてくる。
1対1でゲームをしようと。
直が勝てば、フクナガから30票。
フクナガが勝てば、3000万のMチケット。
言葉巧みに、勝ちは50%と言われ
直は、フクナガとゲームをする。
だが、直の負け。それはフクナガが必ず勝つゲームであった。
そんなとき、秋山が現れる。
フクナガと、もう一度ゲームをしろと。
秋山に言われたように直はゲームを進め、
そして、勝利した直。
第6回目開票結果。その後、票の移動があり
直は、フクナガから10票。
そのまま第8回目の開票が終わり、
10票のまま、直はついに動いた!!!!
そして、第9回目の開票結果。
直。80票。








↑面倒なんで(^_^;
ほぼ全てですね。


なるほどね。
言葉巧みに相手をだます。

ライアーゲームの真骨頂です(^_^)b

それを、直が行った!!
まるで女優さんのように!!!



その結果
秋山『状況は今この瞬間から、劇的に変わったんだ!
   今このゲームを支配しているのは、神崎直
   おまえらを生かすも殺すも、彼女次第だ


そして、最も重要だったのは、
『契約』の内容だった。



7千万円で10票を買う
この取引は他のプレイヤーに口外しない。
支払いは票の移動を確認後、
9回目の投票結果から10回目の投票まで
の1時間で行う



そうなのだ、最終投票までに
『支払い』が行われればよいのだ!!!!

だから、
7000万×7人-7000万=4億2000万
の、一時的な『借金』を背負ったとしても、

最終投票までに支払えばokということ(^_^)b

フクナガを含む8人は
それぞれ、契約が履行されても
45または46票。


ルール
『最も票の少なかった1人がリストラ』




だから現在のままだと、
直と46票を持つものだけが勝者となる。
明確には表現されていないため何とも言えないが、
45票になった人物は、
何らかの勝負をする可能性があると言うこと。

そう、
自分が今持つ借金をチャラにするには、
『3回戦に必ず勝ち進む必要がある』


動かねばならない状況を生まれたということだ。
平均の50であれば必ず勝つため。
46票では、負ける可能性さえある。

必ず、30票を巡る戦いとなったと言うこと


まぁ、状況から
7000万以上での取引は、最低条件だろう。


本来ならば、
結果的にフクナガが負ける計算で
他の7人と直が取引すれば、
直はオバカさんだから、金の計算はすぐつくんだろうけどね(^_^;

極限状態なので
そのアタリがどうなるかが、次回の見所と言うことか
それに、直だし。。。。







秋山が私物と見なされたことはさておき。
ホント、直ってオバカさん。

あんなゲーム、変だと思わないんだもん。

説明イラナイくらい簡単なのに。
だって、フクナガだし(^_^;

まぁ、劇中の説明は、分かり難かったけどね。
今回のマイナスは、あの部分かな。





ちなみに、いろいろ確認したかったので
前回、前々回を見ていたら、こんな時間。。。(^_^;
バカだな。。。


それにしても

今回も、エリー『吉瀬美智子さん』お綺麗でした(^_^)b

これまでの感想
第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト