FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

天地人 第20回 景勝の選択

『秀吉の罠』

内容
本能寺の変の直後、秀吉(笹野高史)が事実上の後継者となり3年。
宿敵・柴田勝家(菅田俊)を撃破後、
秀吉は、関白となり、まさに“天下人”となろうとしていた。

越中の富山城を攻め落とした秀吉軍は、上杉の越後に迫っていた。
そんななか、春日山に秀吉からの使者。
景勝(北村一輝)との直接の面会を求めてきたのだった。
会えば臣下になると言うこと、今までの秀吉の行動から信用できないと景勝。
しかし兼続(妻夫木聡)は、会うべきと説得し、
何も話さないという条件で、景勝は了承するのだった。
スッキリしない兼続であったが、お船(常盤貴子)から、
景勝は無愛想なので相手を威圧できると、兼続も話さない方が良策と納得。

そして、越後、越中国境の落水の会見場所。
兼続、泉沢久秀(東幹久)小国実頼(小泉孝太郎)甘糟景継(パパイヤ鈴木)
桜井晴吉(松尾諭)山岸尚家(松本実)ら上田衆が緊張の面持ちで構える中、
秀吉は先手を打ち、上田衆の面々の名前を。。。。一気に和やかに。。。
そんななか、
秀吉、石田三成(小栗旬)、景勝、兼続の4人だけで会見が行われる。

饒舌な秀吉の主導で、話し合いが開始されるが、
無愛想で何もしゃべらない景勝。
秀吉の質問に兼続が答えていく。。。
だが、景勝の状態を見て取った秀吉は、“上方見物”を提案する。
三成も“上洛”の返答をせよとうながし。。。。。


敬称略




秀吉『この秀吉、私利私欲のために戦っているのではない
  戦で民が苦しむことが無きよう
  この乱世を一日でも早く終わらせがたいため
  民にとって、何が一番望ましい道なのか
  義を重んじる上杉ならば、きっと分かるであろう。
  謙信公の御霊と日々語られる景勝殿なればこそ、
  そう申すのじゃ。

景勝『上洛つかまつる。

秀吉『ありがたや、景勝殿


そして、、、


兼続『何故、あのようなお返事を。。。。
  上洛は、秀吉の天下を、殿御自らお認めになるというモノ
  口惜しゅうてなりませぬ

景勝『わしは、秀吉の口車に乗せられたわけではない
  あの顔を見ながら、3年前のことを思い出していたのじゃ
  明智の謀反が少し遅れておれば、我が上杉は織田に滅ぼされておった
  アレは、まさしく天の恵み
  そうまでして永らえたこの命
  わしが意地を通すことで無にしても良いのか
  この越後のために、もう少し使いどころがあるのではないか
  わしは、そう思ったのじゃ
  おぬしは、わしをここまで思い至らせてくれた。
  許せ。兼続。』


そう言うお話である。


お話のメインは、
一気に、前回から3年後のお話である!!

秀吉と景勝の会見。

それだけのことだ。


結構今回いい感じで見ることが出来たのは、

分かり易い演出による、秀吉の緩急と景勝の仏頂面

でしょうね。

実際、兼続、三成は、、、オマケだ。

そうなのだ!!

今回の主人公は、明らかに、

笹野高史さんと北村一輝さんの演技力のたまものと言って良いだろう。

見事に緩急を使い分け、演じわける秀吉。
秀吉という人物の狡猾さ、、、イヤ、頭の良さが見えた瞬間である。

そして、
上杉らしさというか、、威圧感のある景勝。

2人の間にある緩急の対比もあり、
会見だけを見れば、かなりのオモシロ味があったと思います。


まぁ、最後の顛末である、
景勝が本心を語る部分なんて、
若干、甘めではあるが、謙信から受け継いできたモノを感じさせたしね!!


メインのお話は、
分かり易い言葉で、本当に分かり易いキャラ表現
結構良かったと思います。




ただね、
序盤のね。。。『アレ』がなければ、もっと良かったんだけどね。
“忍び”で、偵察とか言うならば、
上田衆の面々に会わなきゃダメなんじゃ????

お船に会ったこところで、全く意味ありませんよね!!

そうでなくても

兼続があわてていると言うだけで、“不自然”なのに!!!

何が、、、“惹かれてるのかも”だよ!!

ほんと、この無駄
さえなければ、

夫婦と言う事も考えれば、お船の助言も、悪くないと思うし、、、、
さすが“直江家”と、言っていたところなのにね。

真田に帰るだけなら、立ち寄る必要ないのに。。。。

そう思ってしまったのは、言うまでもない。


これまでの感想
第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 


関連記事
スポンサーサイト