レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侍戦隊シンケンジャー 第七幕 舵木一本釣

『舵木一本釣』

内容
“舵木折神”が見つかったという彦馬(伊吹吾郎)
外道衆アヤカシ“ヤミオロロ”の出現はあったが
丈瑠(松坂桃季)は、流ノ介(相葉弘樹)に確保を命じる

ヤミオロロが噴き出す毒に苦しめられる丈瑠たち。
その一方で、
彦馬から、舵木折神の海の力で毒を浄化できると聞き、
必死にモヂカラを使って釣り上げようとするが、、、苦戦する流ノ介。
その姿を、先代の殿に仕えた侍を知っているという
小松朔太郎(綱島郷太郎)という男が声をかけてくる。
“殿のために生きていても、結果によってむなしさが残る”と。。。

しかし、毒に苦しめられても、必死に戦う殿・丈瑠の気持ちに応え、
流ノ介は。。。。。。

“外道衆からこの世を守る
 殿は命を賭けてそれを実行している
 強い意志と力で
 あの殿なら、命を預けて一緒に戦える
 その戦いがどんな結果でも、むなしいハズなんて無いです”

と、、舵木折神の釣り上げに成功する!



敬称略



今回は、新しい折神“舵木折神”を確保する話であるが、
そこに、今までの戦いを絡め、

“この世を守る”

流ノ介が、丈瑠の意志に応え、運命、宿命などではなく
自分の意志で行動していることを表現。


か~るく、前回まで少しトラウマ状態だったことを撃破。
キッチリ自分の決意であることを
“宿命”などということで、参加したのではないことを
表現したお話と言える。

千明などが少し悩んだお話の流ノ介バージョンですね。


かなり変則的なお話ではあるが、
はじめから、
信じ込んでいる流ノ介には、丁度良いお話ですね。

そこに、折神確保を重ねているのだから、ウマく出来ている。



とはいえ、気になるのは、
結局、黒子になった男。。。。
黒子なのか、それとも。。。。。。。

まぁいいや。


しかし、舵木折神って、、結局。

シンケンオーの衣装交換。。。カジキシンケンオー

って、、それ、兜を変更しているだけですよね。

そのうえ、
なぎなたモード

って、、武器の変更だし。

まさに、衣装変えだけなので、
“強さ”のようなモノを感じにくいのが、
妙な違和感を感じる部分である。


っていうか、もうすこし“違い”を出しません??


カジキ一刀両断

だけでは、中途半端なんですけど(苦笑)


お話が良かっただけに、
もう少し戦いだけは、魅せることをやって欲しいです!!

大筒モードだって、、、2人で振り回しているだけだし。。。



これまでの感想

第六幕 
第五幕 第四幕 第三幕 第二幕 第一幕
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。