レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特命係長 只野仁シーズン4 第34話(4-3)アラフォー部長

『アラフォー部長と年下のイケメン社員』
『40代女の危険な情事これは私の賭けなの

内容
黒川会長(梅宮辰夫)に呼び出された只野(高橋克典)
社内に企業スパイが紛れ込んでいるためか、
プロジェクトの情報が漏れ、コンペに落ちることが
この半年で3件発生しているという。
犯人を割り出せということだった。

ということで
事件が発生している第一企画部に異動を命じられた只野。
そこには、仕事人間の女性部長・一の瀬香(鈴木砂羽)がいた。
総務二課とは違い仕事が多く、仕事をこなしながらの調査となる。
そんななか、、
森脇(永井大)によると、半年前に途中入社したという、
今では『電王堂王子』と女性に一番人気の霧島翔太(川野直輝)が、
香に告白しているのを目撃する。
そして、、調べていく中、霧島が付き合っていた女が全て、
プロジェクトの情報漏れの関係者ばかり。。。。
只野は、、そのうちの1人、宮崎弥生に接触し。。。。。


敬称略


今回、スゴイですね。

真由子vs坪内さん
の、ちょっとした女の対決をやったと思ったら

つぎは、サウナだ!!!陳さん登場で
それもビミョーなりアリティー付き!!(笑)

ここだけなら、ゴールデンだなぁ。。と言う感じだけど

次の瞬間
『ゴールデンで使用します、移動禁止』
という、張り紙を貼っているハンガーで後ろの人の胸を隠して
、、、、、、、、更衣室!!

更衣室だけでも絶句なのに、張り紙ですからね!!
こういう小ネタ、大好きです。

でも、、ここで、
一休みする暇もなく、夜の只野のホテルシーン!!
今度は、、胸を『只野のたばこ』で隠す!!



やるなぁ。..今回。

この番組スタッフ、
チャレンジャーですよね(^_^)b


正直なところ、
内容よりも、スタッフの心意気に感動してしまいました。

もちろん、深夜帯とは違いますけど、
ゴールデンで、ココまでやられれば、
『特命係長 只野仁』というものに『色気』が、重要だと言う事は、
視聴者に伝わったと思いますよ!!


完全に、脱線状態ですが。
ドラマの方も結構分かり易く、良い感じ。


企業スパイ。。。只野たちの調査で確定するが、
スパイに上手く接触し、退職を勧告する凄腕部長

が、、、それを上回るように、、、悪事を。。。。

っていう感じですね。

まぁ、完全にベタなお話なのですが、
途中から、只野を出さないなど、
緊迫感を上手く演出していますよね。

最後は当然、

カッコイイ只野仁ですので。
只野の全てはぶつけられた感じだ。


そのうえ、面白かったのは、
アラフォー女性の...っていう感じで
テーマを決め撃ちしたことでしょうね。

小ネタでも、その事をキッチリ描くなど、
かなり面白かったと思います。

最後は、その流れから、
女としての苦しみと只野に吐露するなど、
良い感じの切なさ。。。。。

只野『肩貸してやるよ

どこまでも、オトコマエの只野であった。

黒川『男には男の弱さがあるように、女には女の弱さがある
  自分の弱さを認めた人間ほど、強いモノは無い。

良いこと言うなぁ、、、黒川。。。




ちなみに、今回、一番気に入ったのは
佐川課長が、只野のことが大好きであることを
小ネタとして、いろいろ入れてきたこと。

佐川『抵抗したんだ!

って(笑)




しっかし、、森脇、あいかわらず弱いなぁ(苦笑)


これまでの感想
第33話(4-2) 第32話(4-1)

特命係長・只野仁09 シーズン4突入スペシャル(2009.01.03放送)
感想

『特命係長 只野仁 最後の劇場版』
感想
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。