レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライアングル 第3話 佐智絵の手紙

『私が愛した容疑者』


内容
葛城サチ(広末涼子)をつけていた郷田亮二(江口洋介)は、
サチを襲おうとした怪しい男が現れ、サチを庇って負傷する。
丸山(小日向文世)らは、サチ、亮二に事情を聴くが、
知らない男に刺されと言うだけ。。。。
帰ることを許されたサチは、志摩野(堺雅人)に相談するが、
志摩野は手紙を燃やしてしまうのだった。
『過去は必要ない』と。

一方、容疑者が小巻寛一郎という男であることが判明。
丸山、黒木(稲垣吾郎)は、捜索を開始するが見つからない。
そんなとき、退院した亮二と出くわす黒木。
偶然にも2人は、家を出たサチをつけていたのだった。
サチは、図書館に入り、25年前の事件および、関連の記事を読んでいた。
丸山と亮二たちは、
サチが知ろうとしているのは、手紙を読んだためではないかと推測。
内容が、犯人に繋がる手がかりが書かれてあったのではと。
そこで黒木に連絡を取るのだが、父・信造(北大路欣也)が割り込んでくる。
捜査責任者であった信造は、手紙の内容を知っているという。
コピーまで取り出してくる信造。
そこには、『ケーキ屋さんになりたい』と書かれてあった。
しかし、あまりの都合の良さに、怪しみはじめる亮二、丸山。

そのころ、志摩野の妙な行動が気になり始めた木元真知子(市川実和子)
なぜ、25年前の事件を調査する資料を持っているのか??
付けて行った先にいたのは、、、、、、サチの養父・均(大杉漣)

そして黒木は、富岡(谷原章介)から、
手紙を書いた時に亮二の様子がおかしかったと聞き、
亮二の妹・唯衣(相武紗季)に頼み込み。。。。。。。



敬称略





さて、ドラマの方ですが。

佐智絵が残した手紙は、一体何なのか?
きっと、犯人に繋がる手がかりが、書いてあったのだろう。

そんなとき、邪魔をする人たち。。。

真相を突き止めようとする人たち

ま、、そう言うことです。



しっかし、ヒトネタをほぼキッチリ解決しましたよね。
前回も、同じコトを書きましたが、
ひとつ進めるために、ひとつ謎を消す。
あまり、後々引きずっていかないようにしていますよね。

こう言うのって、
単純なことでありますけど。
イライラしたモノを、後まで感じないだけでも
良いことだと思います。

だって、普通、引っ張りますからね。
ヒトネタ、ヒトネタ。。。アレ、、、あのネタは?
ッてのが、普通だ。

『親切心の現れ』というよりも、
逆に、物語に『スッキリ感』を残すための手法と言えるでしょう。

連ドラだからこそ。かなりいい方法だと思います。

だから、単純に、
『今回だけ』で、ある程度楽しむことが出来ます。



とはいえ、
結局、『アザのある男』そして、邪魔

だけ。。。。

でも、サチを誘導する亮二なんかも
普通のサスペンスのようで、良い感じだし。

ベタなことは、ベタなんだよね。。やってることは。

また、今回、描いたことで注目すべきことがあるとすれば
佐智絵の全てを受け止める。と、サチが言っていたことでしょうか。

コレからのネタフリもあるのでしょうが、
サチと亮二の絡み、、、いや、、、駆け引きは、
それぞれの『思い』を表現して、
意外と良い感じの『変化』を表現していたと思います。



とりあえず。。。。次回か。。。



最後にヒトコト。
子供の亮二『きっと、あいつがやったんだ。。。

っって、、、これ、、、知ってるんじゃ??


もう一つ、、、、気になったのは、
黒スケ、、、必要なのか???
なんか、事件と関係あるのか、無いのか
よく分からないポジションにいるような(苦笑)



これまでの感想
第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。