レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎神戦隊ゴーオンジャー 第36話 正義の味方

『走輔。。。トワニ』

内容
走輔が、ヨゴシュタインにより倒された。
動かない走輔を前に、ショックのゴーオンジャーたち
だがヨゴシュタインは、街を破壊していく。。。。
そして、、敵討ちを!と、、、戦いを挑むが、
ホロンデルタールの力を得たヨゴシュタインの前には無力。
撤退させられるだけでなく、
チェンジソウルまで奪われ変身できなくなってしまうのだった。
だが彼らは、走輔の『魂』を思い出し、
生身の体で、ヨゴシュタインに挑んでいくのだった!!!!


『おろかかもしれないけど、僕たち
 走輔と同じ正義の味方だもん




このゴーオンジャーにおいて、
初めて『正義の味方』らしい、物語だったと思います。

倒された『仲間』の思いを胸に、
『正義』のために、満足に闘えないにもかかわらず
『敵』に挑んでいく!!

正義の味方が、正義の心で闘っている!!

そのうえ、
ヨゴシュタインもまた、完全に『暴走』している状態で、
街を破壊し、悪の限りを尽くしていく!!



正義が、正義。
敵が、敵。


キッチリと、役割を果たしている時点で、
今回の物語は、かなり楽しいお話である!


そんなの、メインである『赤』が、どうとか。。。。
敵の『幹部の1人』と闘う。。。。とか。。。

そう言ったイベント的なお話でなくても、
キッチリすれば、今回のように『正義に味方のお話』となるのだ!

なんといっても
1人欠けてもG12なんだから、、
人数の多さの不要さまで証明しちゃっている(苦笑)

コレさえも面白い部分だ。




逆に言えば、
どれだけ、今までが中途半端だったかと言うことである。
まぁ、
36話という、、、すでに、最終回が目に入り始めるこの時期に
やっと、正義の味方。。。正義の心が前面に押し出されるというのは

ほんとのところ、、、とんでもないことだけどね。。。。

また、コレまでの『作り』が悪いモノだから、
『赤の心』=『正義の心』が、、いまいち響いてこなかったってのも
致命的なことだ。。。。。


楽しかったから、もういいけどね。



これまでの感想

第35話 第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。