FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

炎神戦隊ゴーオンジャー 第33話 古代炎神族

『原始エンジン』

内容
謎の炎神によりスピードルが壊された。
ボンパー、連によるとキャストが自然回復するのを待つしかないという。
キャリゲーターによると、古代炎神族すなわち炎神のご先祖。
しかし、怒った走輔は、謝らせようと探し始めるのだった。
だが見つからない。。。。そんななか、
偶然にもドリルバンキと出会い、戦いが開始される!!!
その直後に、古代炎神族が現れぶっ飛ばされる走輔とドリルバンキ。

犯人を見つけたとばかりに走輔はふたたび追い始める。

一方、大翔は、おびき出してみようと提案し。
ガンバルオーvsセイクウオー
戦いの場に現れるはずだと、、、、、、
しかしエネルギー切れ間際に現れたのは、、、ドリルバンキだった!!!







まぁ、、
新しい炎神の登場話

スピードルが、、、人間は仲間だと説得した


ってことだな。


ただなぁ、、
あまり説得力のあるような、、説得でもなく(苦笑

キシャモス、ティライン、ケライン

の3体の炎神も言葉を話せないという状態だからね。。。。
もう少し、分かり易くしないと!!!

『仲間』『相棒』を強調するだけで良いのに!!!

『ご先祖様がこの世界に来た時には存在すらしなかった
 人間でござんしょうが、あいつらはムチャクチャ熱いでござんす』

って。。。。、、、(汗)

最後は『G9』でさえ倒せなかったドリルバンキを

合体した古代炎神『キョウレツオー』により撃破である。



すでに、何が強いのだか、分からない状態。。。

結局

キョウレツオー>ドリルバンキ>G9

と、、、
ドリルバンキを量産すれば、勝てるんじゃ?

ま、、、いいや。


もう少し丁寧に描いて欲しかったモノだ。
別に、G12だろうが、、オモチャの量産だろうが、
そんなのどうだって良いし。。。。。

言葉をハッキリさせずに、なんとなく解決
って、、、一番悪いような気がします。

結局、『赤』だって、
『映画』が、一番マシであり、、、今回だって『バカ言葉』を連発
『言葉無しキャラ』ですからね!

主視聴者のこどもたちまで、バカにするのは
そろそろやめた方が良いと思います。



これまでの感想
第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 


関連記事
スポンサーサイト