fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

ヤスコとケンジ 第9話 妹の恋を救え!

『悲しい恋の結末・・・妹の初恋を救え!!』

内容
エリカ、純の父・享(夏八木勲)が突然現れる。
実は、、椿物産という大会社の社長である父。
エリカの縁談が進められていて、その人を後継者にしようとしていた。
事情を知ったヤスコ(多部未華子)は少しうかれる。
そんななかケンジが意中の男と知った父は、自分の目でたしかめると言い出す。
ヤスコは、エリカ(広末涼子)ためにケンジ(松岡昌宏)を認めてもらおうと
モス(内山信二)アジダス(渡部豪太)の協力で、
何とかいろいろするが、、、ダメ。。。
エリカ、純(大倉忠義)もフォローするがダメ。
逆に怒ってしまい、純には、アメリカ留学するよう命じ
そして、、その純のために、
腹心の部下であるシマダ(長野博)との結婚をするようエリカに命じるのだった。

しかし、ケンジたちと過ごした時間は純にとって。大切な時間となっていたため
どうしても、留学に踏み切れない純。
それを知る父は、ヤスコに迫る。。。
純の後押しをしてくれたら、ケンジのスポンサーになると。

悩むヤスコ。。。。。。。そして。。。


敬称略



今回は、、

父の命令を無視して、自分の意志を貫き通す椿姉弟

のお話ですね。

『自分たちの気持ちを正直に伝えた』
と言うことで、、最後は。

純『俺、沖さんのことが好きだ
  今はお兄さんのように守れないかも知れない
  でもいつかお兄さんのみたいな大きな男になって、
  君を守る
  だから、ずっと俺のそばにいて欲しい

と、まるでプロポーズのような告白をする純!

そして
エリカ『沖ケンジ
  あんたに話がある
  沖ケンジ。わたしは、あんたが好きだ
  ずっと、あんたが好きだった

ついに、面と向かって告白しちゃったエリカ!!!


である。
ま、、それだけですね。

あとは、、
色々考えた末、
ケンジは文句を言いにいく!!

父『私が、子供達の幸せを願ってレールを引いてきたように
  きみもまた妹さんの幸せを願って、レールをひこうとしている
  君に私を批判する資格はない
ケンジ『スポンサーの件は辞退します
  妹の気持ちを犠牲にしてまで、マンガを世に出そうとは思いません

そして、、
ケンジ『俺間違ってたんですかね。
   自分の気持ちを押しつけてきただけなんすかね

今までのことがあるから、結構良い感じの『葛藤』。


そして、、、
兄のためにと、、自分を犠牲にしようとしたヤスコ。

ケンジ『お前それで本当に良いのか
ヤスコ『良いに決まってるじゃん
   一緒に並んで歩いたり、おしゃべりしたり、笑ったり
   椿君といると、そんな小さなことが凄く幸せに思えたの
   そんな風に感じることが人を好きになることなんだって
   椿君が教えてくれたの
   わたし、椿君と出会えただけで嬉しかった
   この三ヶ月間、夢のようだった

そして
その気持ちを察し、、、乗り込んでいくケンジ

ケンジ『お願いがあります、これが最後です
   妹のヤスコの気持ちを伝えさせてくれませんか
   ヤスコは確かに、頭悪いし器量はいまいち
   でもな、あいつはいい女だ
   世界一いい女だ
   惚れた男のためだったら、どんなにツライ思いしてもかまわねえって
   出会えただけでうれしかったんだってよ。
   涙堪えながら、そうやって言える
   最高の女だ
   あいつはな。ヤスコははんぱなくお前に惚れてた
   ヤスコにそこまで惚れられたお前は、本当に幸せ者だ
   くやしいけどよ。世界一幸せもんだ
   お前が出した答えだ、お前が幸せにならなかったら
   俺はゆるさねえぞ

と、、、
ヤスコとケンジは、本当のお互いを思っていることが分かる部分だ。


それぞれが、、
『夢』と『現実』に葛藤しながら、
良い感じで、相手のことを気遣うなど、

なかなか泣かせるドラマに仕上がっている。

ま、、、ベタすぎるけど。告白の話は良くできていると思います。
それぞれの『恋』に何らかの決着をつけるには、
こう言うネタは必要ですからね(^_^)b



ただ、、気になる部分がないわけではない。

たとえば、
序盤では、エリカと兄・ケンジのために頑張っていたヤスコが、
純の留学話がはじまってから、そのネタを忘れちゃってますからね!!

これ、、、結構気になるんですけど!!
そのために、
序盤のこの件だけが、オモシロであり、
そのあとはずっと、ヤスコの恋バナだ。

おかげで、ドラマとしては、
一定のオモシロ味はキープはされているが、
どうも、まるで別のドラマをやっているような印象で。。。。

エリカ父だって、、なんだか中途半端だし。。
シマダだって、、、何のために登場したんだか。。。

もうちょっと関わりを見せても良かったような気がしますけどね。
エリカとも、エリカ父、そして、純とも。
だって、、知り合いのようだったし!!



まあいいや
一応、告白できたと言うことで。
特に、ヤスコなんて、ケンジが代理だもん!!

そういうことですね。



これまでの感想

第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト