FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

ヤスコとケンジ 第7話 男の決断

『正体バレた!?コスプレ替玉作戦』

内容
編集の星川(櫻井淳子)の元に、ゴシップ誌の記者・長内がやってくる。
ネットで、桜葉れいかが男であり、
元暴走族の総長だと噂が広まっているという。
それを知ったヤスコ(多部未華子)は純(大倉忠義)に相談する。
すると1つのアイデアを思いつきヤスコに伝える純。
ヤスコはケンジ(松岡昌宏)に提案する
雑誌記者の取材を受け。。。
桜葉れいかの正体を知るエリカ(広末涼子)を替え玉にすることだった!!

いったんは取材を受け、やり過ごすことに成功。
が、、、
噂を流した張本人青田(RIKIYA)が、ワナを仕掛けて
ケンジの映像を入手。。。。
エリカは呼び出され、脅迫されるのだった。。。。
一方、映像は編集にも送られていた。
完全にあとが無くなったケンジたち。。。。
苦悩するケンジを見てエリカは、1つの決断を胸に、青田の元へ。。。。。



敬称略



ベタな展開ですけど、
結構いい感じだったんじゃないでしょうか。


宿敵青田のワナにより、
すべてがばれてしまった桜葉れいかコト沖ケンジ。

漢・沖ケンジは、
自分のせいだと思ってしまった、
大ファンの1人、椿エリカを救うために、
引退を決断する!!!



ということだ。


まぁ、細かいことを言ってしまうと、
やめる必要ないんじゃ?とか
とりあえず、男で反応を見てからでも。。。とか

いろいろありますが。。
そこは、ドラマですので!!


展開自体は無理のないカタチで進む。
一番良かったのは、やはり取材で『セリフを読み上げたエリカ』かな。

最も想定外。。。視聴者にとっても想定外の質問。
『コミックのセリフ当て』である。

が、、、、エリカは、スラスラと。。。

ケンジ『どうして言えたんだ。
  初恋Kiss!!のセリフだ
  全部暗記したのか
エリカ『誰がそんな面倒なコトするか
  毎日何度も読んでたら、自然とおぼえただけだ
ケンジ『毎日、何度もだ?
エリカ『だって
  面白いもんは面白いんだから、しょうがないだろ
  好きなんだよ桜葉れいかのマンガが!
  何か文句あんのかい
ケンジ『明日原稿が上がる、読みたけりゃこい
  今日の礼だ


エリカのすごさだけを感じるだけでなく、
ケンジにとっても衝撃の言葉。
いがみ合っているのに、自分の『作品』を愛してくれているファン。

ファンの声を聴いてしまったケンジ。。。

きっと、感動だったのでしょう(^_^)b


ケンジ『最初はこいつのためでしかなかった
  今は違うんです
  オレのしらねえとこで、いろんな人がオレの。桜葉れいかのマンガを
  楽しんでくれたんですね。
  オレ、もうダメなんすかね
  桜葉れいかとして、描き続けること出来ないんすかね

すべての想いが詰まった言葉ですね。。。

それらの気持ちが融合されたとき
ケンジは決断の時を迎える。


ケンジ『悪いな、クソアマ
   あのページの続きはもうねえぞ
エリカ『どうして分かんないんだよ
   桜葉れいかを守ることが私の幸せ。。。
ケンジ『わかってる。
   5巻の最後のセリフを言ってみろ
   (誰かの犠牲の上にある幸せなんか、幸せじゃねえ)

婚姻届を破き

ケンジ『このオレが桜葉れいかコト沖ケンジです。
  オレにはこいつらがいりゃ十分だ
  本日をもって、桜葉れいかは引退します


そして、、、エリカに、、
ケンジ『ありがとう。。。な。



こう言ってはなんだけど、
意外と感動モノに仕上がっています。

アレだけ強気だったケンジが、弱気になると言う。

それだけでも面白い感じなのに。
今までと同じく、ケンジらしさも発揮。

そんななかに、ケンジのエリカへの気持ちも変化を迎える。



単純なことではあるが、
今までキッチリと、
沖ケンジの『優しさ』『強さ』を描いてきたからこそ

今回の行動に『意味』があるし、納得の出来る展開となっている。

そのうえ、それが『ギャップ』となっている一面もあるものだから、
それがまたドラマのメリハリとなり、
これまた良い感じの切なさをかもし出すことに成功している。

ま、、、完全に、キャラ作りの勝利ですね。

今までのことがあるから、今回があるという感じで

面白かったと思います。

お話自体も、そんなネタフリの勝利だけじゃなく
キッチリと、ケンジ、ヤスコ、エリカの気持ちを描いているし、

1度成功と思ったら失敗という展開もまた、
良い感じだったと思います。



これまでの感想
第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト