FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 第8話 決断

『避けられぬ決断』

内容
夏祭りの山車の下敷きになった見物客。
そのひとり・福島達夫を、三井、冴島、藍沢がヘリ搬送。
一方、病院には、達夫の父・重蔵、妻・清美、娘・結菜が
救急車で到着する。。
達夫(平賀雅臣)の腹には、山車の一部が突き刺さっていたが
無事手術終了。
他の3人も無事だった。
が、重蔵(織本順吉)はやりたい放題。
清美(宮地雅子)は、毒舌三昧。
そのうえ、結菜(大作空)も自由奔放。
藍沢たちは、元気な患者に振り回されてしまう。
そんななか、達夫、重蔵に異変が発生し、
緊急オペが執り行われることに。。。。。



敬称略




先ず、断っておきます。
今回は、、毒舌です!!!


番組開始からの40分。
必要だったの?????


普通に分からないのですが!!!

いや、、きっとね。
途中、田所が言っていたように
『フェローたちで乗せてみれば』なのである。

そう!!

4人のフェローが、成長した


と言うことを、見せているのだ。。。きっと。。。
でもね、

まさに、ここに来て、
足を引っ張っているのが、『これまでのドラマ』なのである

藍沢、藤川、緋山
この3人に関しては、ある程度の物語を
今まで作ってきている。

今回だって考えてみれば、すぐ分かることだ。
藍沢は、、金魚
緋山は、、おじいちゃん
藤川は、、、別の病室の人
それぞれに成長は描いているのだ。。。。



が、、、白石なのだ。。。問題は。
ほとんど表現の無かったキャラをメインに出されて、
今さら、、、『成長していた』ですか?



もちろん、三井、森本、西条、黒田のように
メインの医師ではなく、フェローである。
だから、オペなどでも助手だ。

しかし、、今回の場合、
前半でオペも含めて『成長』を見せているつもりが、
2分程度でサラリと終わってしまうと言う、
なんだか、よく分からないオペ。

前半のメインがこれなのだから、
成長が見えるはずなんてありません!!!



この流れの中で、
『気負いすぎた白石』が、、、、ッってコトだ。

いきなり、ドラマの中心に登場されてもねぇ。。。
このキャラのイメージ、、、失敗と慌てている姿しかないんだけど。。。。


ドラマとして、やろうとしていることは分かるし
認識している

が。。。。どうもねえ。。。

『連ドラ』って、そういうことだと思います。

前回までがあるから、わざわざ『これまでのこと』をやるんでしょ?
前回までがあるから、今回があるのである。

だったら、
前回までは、
今回のために表現を描き込まなくてはならないのだ。


そして、今回、もっとも痛かったのは。
前半の家族たちを、
ドラマとしての『盛り上げ』を作り描くのではなく、
『小ネタ』による、オモシロ利用を前面に押し出してしまったことだ。

これによって、
完全に、『成長』も、分からなくなってしまっている!!

面白くしようとするのは分かるけど、
これじゃ、本末転倒です!


そんなダラダラした、なんの意味もないお話を続けられても、
普通に困ってしまいます。

そんな状態の中
本来の『メインディッシュ』の、、黒田の事故へ。。。

こうなってくると、
わたし的に思ってしまうのは。。。。
ほとんど活躍のない白石なのに、
毎回、患者への説明にばかり顔を出す。
まるで、『主人公だ』と言わんばかりに!!

そんな状態だから、余計に、存在の意味が分かなかったのだ。
それで。。。思うわけです。

成長のない白石だから、失敗したのでは????

ということだ。
数回前、いや第1話から、まったく変化なしキャラでは???
なのに、ヘリに乗せている。。。。


そんな気がしてならない。


まぁねぇ。。。この時期だから(スポーツイベント)
手を抜いているとは言いたくありませんが、
音楽だけで、オペ前を盛り上げて、、スゴイだろうでは、、
ほんと、ドラマとしてどうなんでしょう??









次回、大ネタになりそうなので期待していますが。
その場合。
私は、今までのことをすべて忘れた上で、見ようと思います。

そうでないと、、、、、、、
m(__)m



これまでの感想
第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
関連記事
スポンサーサイト