レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yes!プリキュア5GoGo! 第20話 こまちの悩み

『こまちとまどか 二人の夢』

内容
こまちの姉・まどかが、旅から帰ってきた
ナッツに、こまちの小説の出来具合を聞いてくれるまどか。
だが、その姿を見て、こまちは悩んでいた。
その悩みは、まどかの大学に忘れ物を届けに行ったとき、
必死に彫刻をする姿を見て深まっていく悩み。。。。。

まどかがやりたいことは、本当にそんなことなのか。...と。






今回は、
こまちの夢である小説家、その由来と。
こまちの名前の由来。


そんなところか。


ま、、、実際。
小説が、上手くいっているのかどうかがナッツの言葉だけなので
ほんとの意味で、
『こまちが夢』に向かっているのかどうかよく分からないのが

意味不明な部分。


そこのクローズアップしないで、
結局、『姉の心配をするこまち』と言うことですからね(^_^)b


『お姉ちゃんの夢って何だろう
 ひとり旅が好きで、美術が好きで、いろんなコトに興味があって
 きっと自分のやりたいことがあるんじゃないかって思うの
 わたしはね。。。
 和菓子職人になりたいと思ってた

 お姉ちゃんに手紙を書いたらよろこんでくれて。
 その時思ったの
 文章を書いて気持ちを伝えるのって、なんてステキなことだろうって
 小説家になることが私の夢になったのはその手紙がきっかけなの

と、、カミングアウトしてますけどね。

とはいえ、
かれんの親切により『豆大福』で意思表示をしたので

姉もまた、こまちの笑顔で職人になりたかった!!

『白玉団子を食べてよろこんでくれたこまちを見て
 おいしい和菓子を作って
 たくさんの人を笑顔にしたいと 



まとまっていると言えばまとまっている。



こう言ってはなんだが。
手順が抜けているような気がする。
たとえば、、、

『旅に出ているため大学から呼び出しの電話を受けるこまち。
 そして、まどかのことが、心配になってしまう』

だから、、、そう言えば、、『こんな事があったなぁ』

と言うのが、手順のハズだ。

その『きっかけ』が抜けていて、
いきなり心配し始めるというのは、
いくら心配性という設定であったとしても

強引すぎだ。


その部分を気にしなければ
こまち・まどか姉妹の気持ちが分かるだけでなく、
『夢』を投入し、

そして、、結構良い感じで
ミントの戦い!


オマケの4+1、、、いらなかったんじゃ?

と思ったくらいでした。


それにしても、もったいないなぁ。
悪くないのに。...

そんな細かい設定をあれこれ入れなくても
単純に、人助けするだけでもいいような気がしますけどね。

私見ですけど。



これまでの感想

第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。