レベル999のFC2部屋

キミ犯人じゃないよね? 第8話 犯人が見える女

『千里眼の占い師生中継で遺体発見』

内容
人気女優の小野田志津代(海島雪)が行方不明。
その事でTVは大騒ぎ。
マネージャーで事務所社長・市川香織(山下容莉枝)が
情報提供を呼びかけていた。
その市川の前に、
愛の占い師・松戸フランソワーズ小百合(梅宮万紗子)が現れる。
『私が見つけてさし上げましょう』
そして、TV中継で、占いされた廃屋から、遺体が発見される。
太宰主任(渡辺いっけい)たちは的確に当てすぎている小百合を疑うのだが、
死亡推定時刻には、宇田川がちょうど占いをしてもらっていた。
完全に、アリバイがあった。
そんななか、新たな占いを始める小百合。
東西テレビのロッカーに凶器があるという。
警察が調べると、それは、ささやき刑事コト藤村寛平(升毅)のロッカー。
凶器は見つかるが、、ささやきには、アリバイがあった。
すると、小百合は、犯人を当てると言いだし。
『湾岸大橋』と、。。。
リポーターの小川修子(金子さやか)により、中継され。。。
的確に言い当てていく、小百合。
そして市川の遺体が見つかる。。。。そこには、遺書。。

しかし、小百合の言葉に疑問を感じ始めた、さくら。



(敬称略)





ココまで気合いを入れていると言うことは
あまり、、、、ってことですね。

オモシロ味は、ささやきくらいか。。。


胡蝶蘭、花粉。
収録時間や、推定時刻など。
そこそこ表現されている。

さくらの野望である『占い師』
コールドリーディングなど

そのアタリの、占い師独特のネタフリも万全!

市川の事件に関しては!

良い感じで完璧である。
そして、、、

遺体などを利用して有名になろうとする小百合も
結構良い感じ。

動機がハッキリしているし

それに、犯人当てなども良い感じだったと思います。

真犯人が分かっていても
さくらたちを戸惑わせるだけでも、十分たのしいし、
以前あった、2度死んだオヤジの話と同様で
不思議な感じを与えることが出来る。

その点では、ある種サプライズ感覚であり
オモシロ味であると思われる。


まぁ、もう少し占い師が逆に驚くような展開とか、
別のことがあれば、もっと面白く感じたんでしょうけどね。

遺体の現場、凶器、犯人の現場
3連発では、少し引き延ばしを感じてしまい
ダラダラした印象になっているのも、確かであろう




ただ、、もっとも気になるのは索条痕(さくじょうこん)である。
志津代の事件では殺人と断定する

市川の事件では、現場の状況から自殺

そこがねぇ。。
同じ鑑識さんなのに、状況から判断するのでは。
首のアップいらないんじゃ?鑑識さえも!
確かに、遺書はあるけど。。。

何か、納得が出来ない感じがあります。
まぁ、そこまで言うドラマでもないか。。。。

でもね、これって、刑事ものでは
絶対やっちゃいけないことなんですよね!!



これまでの感想

第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
関連記事
スポンサーサイト