レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・科捜研の女 第6話 狙われたマリコ

『狙われたマリコ!忍び寄る爆弾魔の影!!』

内容
公園でベビーカーを押していた女性が、
赤ん坊を抱き上げた瞬間に、ベビーカーが爆発する。
マリコたち科捜研が調べたところ。
GPS搭載の超小型爆弾であることが判明し、
遠隔操作により爆破されたようだった。
タイミング良く、監視しながら。。。。
愉快犯の可能性を視野に入れ土門たちの捜査が始まる。
そんななか、新たな爆発事件。
今度は、女性がケガをし、犯行はエスカレートしているようだった。
調べていくウチに、ベビーカーに複数人の毛髪が付いていたことから、
2つの事件の被害者が、同じ美容院の客だったことが判明する。





犯人に近づいたと思ったら、空振り。
そんな中、突如犯人が接触してくる。
科捜研のPCにハッキングし、記者会見の要求。
そして、、、
マリコに直接アタック!!






完全に愉快犯ですので、
目的が理解しにくいのですが。。。

ま、それでも面白かったのは、

知恵VS知恵
科捜研だけでなく、マリコたちを手玉にとる犯人
そして、赤ん坊を狙うという、卑劣さ!

だからでしょうか。

完全なる悪意と主人公たちの苦戦は、
ヒーローモノにとっては、絶対不可欠なモノ。


最終的に、犯人が接触してきたため
犯人の『口臭』から、、、マリコに『糸口』を与えるというのは
意外性もあり、結構良い感じ。

そのうえ、
展開自体も、
マリコに夢中になりすぎて
その間に、土門たちが処理しているなど

良い感じでお話を隠しきっていました。
犯人目線であったことも、ナイスセンス!

ある種ミスリードであるが、
これもまた、面白い演出だったと思います。


最後の動機の部分は
若干、クサイですが。。。仕方ありません

『あなたの弱さ』

と、マリコがキッチリ言ってくれていたので
スッキリと言えば、スッキリでしょうか。




ただ、気になったのは、マリコをターゲットにしたこと。
きっと、自分の不遇とは違うというコトで何だろうけど
なら、もう少し、犯人がマリコのことを調べても良かった気がします。

結局、犯人がマリコのことで知っていた事実としては
『科捜研の女』であることくらい。
ハッキングまでしているのだから、
情報を取り出して、にやつくシーンなんてあっても良かったでしょうね。



まぁ、苦戦したマリコですので、
それだけで大満足です。


これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。