レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猟奇的な彼女 第6話 未来への手紙

『未来への贈り物』

内容
野々村に再会することが出来なかった凛子
落ち込む凛子だったが
その姿にを見て三朗は、話したことに少し後悔を覚えていた。
声をかけることが出来なかったが、
テラスで偶然顔を合わせたとき、意外と元気に振る舞う凛子。
そして、凛子からデートに誘われるのだった。
2人のデートは、徐々に凛子を元に戻していき、
最後は、ケンカをするまでになっていた。
しかし翌朝。
『さようなら』という置き手紙を残し、行方をくらましてしまう。
1ヶ月が経過しても行方がつかめない。
そんなとき。野々村の妹・雪乃が現れ、
凛子に書いたという手紙を渡していくのだった。。。。






もう完全に、南(松下奈緒さん)の存在の意味が崩壊。

まぁそれは良いとして。



今回、強引さはあるが
初めて活躍した人がいます!!
夏目教授(上川隆也さん)である。

『お前は人の心配ばかりして。。
 お前は、彼女に惚れてんだよ
 何もしなくて良いんだよ
 ただ信じてやれ
 ただ待っててやれ
 その人を信じて、その人が帰れる場所を作っておく
 それが人が人にしてやれる、精一杯のことだ


やっと、
三朗の心にある凛子への思いが、第三者によって語られた。

まぁ、それ以外にも
三朗の様子がおかしいと言うことで、
三朗の凛子への思いは表現されてますけどね。

でも、
南への気持ちも、あったのになぁ。。。


どこをどうとったら、そんな風に変化していったのかは分かりませんが

1ヶ月の時間経過でみんなが気付いた

と言うことにしておきましょうか。



ということで。あらためて。

三朗の片想いの凛子がいなくなってしまった。
探しても見あたらない。
そんなとき、凜子のもと彼の妹が持ってきた『手紙』

運命は、奇跡を引きつけはじめるのだった!!

そして、、愛する凛子のために
凜子の実家へと旅立つ三朗。。。。


以上

っていう感じですね。



やさしいなぁ。。。わたしは。。。
今までのことを、すべてリセットしてあげるんだから!!

そうしないと、、、見てられませんm(__)m



リセットした上で考えると
夏目先生の言うとおりに待っていたら、
奇跡が起き始めたと言うことですね。

ネタはキッチリ表現されているし
流れも、しっかりしている
間違っていないと思います。


面白いかどうかは別として

どうもねぇ。。
無駄にくさすぎる感じでしょうか。

悲しみは、笑顔があるから引き立つんですよね。
だからこそベタなドラマは、
思い悩んだり、楽しんだりとするわけです。

たとえ、
どれだけ数島『谷原章介さん』が、がんばっても
それが直接的に三朗との間でドタバタしないんだから
あまり意味ない。

もう少し、回想を挟むとか。
三朗は何もしなくて良いから、思い出に浸るとか

なんでも出来たはずなのに、
何もしないという。。。。

盛り上げるなら、思い切って盛り上げて欲しかったですけどね。

編集くらいなら、どうにでもなるんだから
思い切ってあれこれして欲しかったモノです。




ちなみに、今回見ていて。。。
今回が、最終回で良いんじゃないの?
と思ってしまった。。。。



これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。