FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

ROOKIES(ルーキーズ)第2回 どんなことでも応援してやる!!

内容
関川、御子柴、2人の野球部員が復帰した。
そんななか、他校から恒例行事の練習試合の申し込みがあった。
川藤は、即答するが、メンバーはふたり。
村山校長に1ヶ月後の試合までにメンバーが集まらなければ、
辞表を出すと約束する川藤。
そして、、再び川藤は聞く。『夢はなんだ』と
安仁屋は、無いと言うが。
若菜は、熱心なのは川藤自身のためだろうと。
『サッカーするのが夢だ』とからかう。
しかし、それを聞いた川藤は、
サッカー部顧問に掛け合い、
一週間でサッカーグラウンドの草むしりの条件で、
入れてもらえるように交渉。

その事を若菜たちに伝え、川藤は草むしりを開始する
誰ひとり手伝おうとしないのに。。。。。




今回は、若菜の話を基本にしているが、
そんななかに、
川藤が、『夢』に熱意を持っている意味を
少しだけ出してきて、上手く練り込んだ感じだ。



簡単に言えば、
不良に空手の指導をしていた父。
父が亡くなった時、不良たちに変化。。。

父の想いだけでなく
夢というものの意味をはじめて知った。


そのか話頭の熱意に打たれ、『夢』を持った男がひとり。
前の学校をやめさせられた事件の相手の生徒・張本(森山未來さん)
の登場である。

川藤の意味を知り、心に触れた時
張本には夢が出来た。
『教師になる』


まぁ、それを知りつつも、、、って言う安仁屋は、ネタフリなんでしょう。




というわけで、
今回のメインは、若菜

ウソをいっているのに、『夢』という言葉で暴走し続ける川藤。
でも、そのオバカな『真っ直ぐさ』に、
心を打たれた。

若菜『あいつの直球、ハンパねえよ

今までの川藤のほぼすべての行動が集約されている言葉であろう。


川藤『オレの教え子だからだよ
   お前が夢をつかむ所見たいんだよ

  『もっと自信を持てよ
   何でもいい、見つけてくれ本気で熱くなることを
   それがどんなことでも応援してやるから

どこまでも、熱い男・川藤であった。


と、、川藤の情熱で、若菜を変化させたと言うことですね。

たばこ教師は、川藤が怒鳴ったので無視するとして。


ココまで真っ直ぐに、川藤を表現しきれば
川藤らしさだけでなく、
相手になっている、若菜たちの気持ちも実感できるというもの。
『ウザイ』ってのも、その1つだろう。

それらの感情変化を、若菜を中心に
おもしろく見ることが出来た。

湯舟、桧山、岡田に関しては、少し甘い気もしますがね。。。

でも、今回見ていて思ったのは
前回よりも、テンポが格段に良かったこと。

これだけは、本当にスッキリした部分だ


『ごくせん』とよく似たお話だが、
90分でも長すぎる印象ですね。
60分くらいがちょうど良い。

そんな気がしました。
この手の話では、ドラマにある程度メリハリと展開がないと
見ていて疲れるばかりですから。




最後に。。。どうしてもヒトコト。

『次回予告』ヤリスギ!!!!!!!

前回の次回予告でもながしていたものを、
今回も再度流すなど、もってのほか。

もう少し、『見せないように』して欲しい!!!

ただ暴力シーンだけを流し、
インパクト勝負で、次回に繋げようとしているのだろうが
見ていると。。。

『またか。。。。』
そんな印象になってしまった。
隠すことも期待感に繋がると思います!!



それにしても
このドラマを見て、1つ感じたのは。
佐藤隆太さんのちょっと抜けた感じのイメージが
川藤の行動に、ぴったりマッチングしていますね。

そんなことを今回、再確認しました。


これまでの感想
第1回 

関連記事
スポンサーサイト