レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーウィザード 第16話 クリスマスの奇跡


『クリスマスの奇跡』

内容
街を歩くミサ(中山絵梨奈)は、新しいゲートを見つけ出す。
ミサはフェニックスに命じ。。。。

やがて晴人(白石隼也)のもとにファントム出現の報が入り、駆けつけると、
グールに襲われる青年・達郎(延山信弘)がいた。
ウィザードに変身し救い出すのだが、
“今日は希望の日”と言い残し、かくまったにもかかわらず去っていく達郎。
だが晴人は、違和感を感じていた。。。。なぜグールだけだったのか?と。

敬称略



楽天ブログ版
第16話 

スポンサーサイト

仮面ライダーウィザード 第15話 ラストシーンの後

『ラストシーンの後は』

内容
石井悟史(植田圭輔)をゲートだと信じ、守っていた晴人(白石隼也)だったが、
そこにメデューサが現れ、悟史がファントム・リザードマンであり、
千鶴(鉢嶺杏奈)がゲートだと判明する。

メデューサ・ミサ(中山絵梨奈)は、リザードマンに、千鶴を襲うよう命じる。

一方、千鶴を守りたい晴人だったが、真実を知ると絶望するかも知れず。。。。

敬称略


綺麗にまとめて来た。。。かな。

楽天ブログ版
第15話 

仮面ライダーウィザード 第14話 帰ってきた映画監督

『帰ってきた映画監督』

内容
コヨミ(奥仲麻琴)を連れ、買い物に出かけた晴人(白石隼也)
帰ろうとしていたところ、見た事の無い使い魔が現れる。
使い魔を追っていくと、目の前に“バケモノ”と叫び逃げてくる男。
逃げてきた先に向かうと。。。。メデューサが、男を襲おうとしていた!
晴人はウィザードに変身!!ハリケーン・ドラゴンとなり、男を救う事に成功。
救われた男は、助かったと言い残し、その場を立ち去ろうとするのだが、
なにかを感じた晴人は、守ると告げ。。。。。

一方、面影堂では、映画の撮影に参加した事があると言う女性がやって来ていた。
映画監督が行方不明で、撮影が終わったと言う。
そこに、晴人が男・石井悟史を連れ帰ってくる。
どうやら悟史と。。。その女性・千鶴は知り合いのよう。。。。


敬称略


ようやく、物語を作り、捻ってきた。。。という印象ですね。


楽天ブログ版
第14話 

仮面ライダーウィザード 第13話 夢を継ぐ者

『夢を継ぐ者』

内容
ファントムが狙っていたゲートは、松木(諏訪太朗)だった!
先輩・徹也(石田卓也)を追っていた瞬平(戸塚純貴)は、ショックを受ける。
晴人(白石隼也)は知っていたのに。。。。

一方で、仕事を失った松木は、店を畳むと決断。
だが絶望しない松木。

そんな松木の姿にミサ(中山絵梨奈)は違和感を感じ。。。

敬称略





ここのところ前後編への疑問しかなかった今作であるが。

無理に引き延ばしているのじゃ無く、物語が作られ、
戦いにも、あまり無駄が無いため。

ようやく、少しは納得出来るエピソードだったと思います。


とはいえ。

前回の内容に比べて、今回の濃密さ。

その印象からすると、、、、前回、、必要無かったんじゃ???


楽天ブログ版
第13話 


仮面ライダーウィザード 第12話 希望の和菓子

『希望の和菓子』

内容
木崎からもらった魔宝石を2つの指輪に仕立てた輪島(小倉久寛)
受け取った晴人(白石隼也)は、ドラゴンの力を引き出す指輪と確信する。

そのころ助手として頑張ろうとする瞬平(戸塚純貴)は、失敗ばかり。
そんなとき、高校時代の先輩・徹也(石田卓也)と再会する。
和菓子職人の見習いのよう。。。。。

そんななか配達に出た徹也が、ファントムに襲われるが、晴人が現れ。。。

敬称略


やっぱり、今回くらい、ファントムが関わってこないと!!



結果的に、襲われているだけだとしても、、

それを助けているだけなら、前後編にするだけの意味がない。


物語を作っているつもりが、引き延ばしているだけになってしまう。


今回は、襲われるまでの流れをファントムでシッカリ作っているし、
引き延ばしの戦闘にしても、雑魚キャラを登場させているので悪くは無い。

最終的な展開も、瞬平という存在を利用してますしね。

あとは、後半。。。だけ。


楽天ブログ版
第12話 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。