FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『なつぞら』第120回


内容
妊娠が分かったなつ(広瀬すず)
そのことを坂場(中川大志)に打ち明けるとともに、仕事についても話をする。
すると坂場は。。。。

敬称略



で。主人公は、何のために、仕事がしたいの?


 坂場が定職に就いていないから?

それとも

 アニメーターの仕事に“興味”があるから?

どっち?


スポンサーサイト

連続テレビ小説『なつぞら』第119回


内容
なつ(広瀬すず)坂場(中川大志)のもとを、
茜(渡辺麻友)下山(川島明)そして神地(染谷将太)が訪ねてくる。
妊娠したことで、会社から契約社員に。。。と言われたという。

敬称略



それにしても、働かないよね。。今作の主人公。

今回も、職場になったら。。。。秒殺、瞬殺。。。

これで、“祝え”と?


思うのだが。

今作の描写からすると。

主人公より、茜の方が、仕事をしている印象があるので。

茜が仕事をする代わりに、主人公が辞めれば良いだろうに。。。と。

そんな風に感じてしまったよ(笑)

主人公が辞めるより、茜が辞める方が、

会社としては、マイナスが大きい。。。って。

木曜劇場『ルパンの娘』第6話


内容
華(深田恭子)は、“Lの一族”だと、和馬(瀬戸康史)に知られてしまった。

苦悩する中、華は、渉(栗原類)が見つけてきた新たな仕事への参加を決意。
それは、国際的窃盗団が狙っているという絵画だった。
尊(渡部篤郎)悦子(小沢真珠)マツ(どんぐり)と下見へ。
が、テントウムシがセキュリティーに引っかかるだけでなく。
和馬のことが頭から離れない華が、回収をミスしそうになってしまう。
なんとか、逃亡に成功した一同だったが。
尊は、華に“泥棒失格”と、任務から外すのだった。

悩みを円城寺(大貫勇輔)に打ち明ける華。
逃げた方が良いと勧められるも、和馬が誰にも言わないと華は断言する。

一方で、華のことを知った和馬も、苦悩していた。
そんな和馬に、エミリ(岸井ゆきの)が。。。。

そのころ、華は、尊に、和馬と別れたと告げていた。

敬称略



脚本は、徳永友一さん

演出は、洞功二さん



前回ラストで、事態が動いたので。

今までの話と、構成が違いますね。

序盤から仕事を盛りこんでいるし!

新局面、。。。新章ってことなのだろう。

まあ、雰囲気が、大きく違うのは、気になるところだけどね。


ただ、ワンパターンになりかけていたのも、事実で。

それを払拭するという意味でも、良い感じのリスタートだろう。


連続テレビ小説『なつぞら』第118回


内容
なつ(広瀬すず)の誕生日と、咲太郎(岡田将生)光子(比嘉愛未)の
結婚を祝う会を“風車”で行うことに。。。

敬称略



前回は、ギュッと10分弱の時間に、咲太郎、亜矢美のことを描ききったが。

今回、咲太郎については、ともかく。

主人公が、熱く語っているけど。

。。。。ほぼ何も描かれず。。。。。何も伝わってこない(苦笑)

思い起こせば。

主人公の十勝での10年弱も、東京での10年強も、

今作って、ほぼ描いていないんですよね。

なにかと、首を突っ込んでいるけど。。。

水曜ドラマ『偽装不倫』第6話


内容
突然、鐘子(杏)の目の前で倒れた丈(宮沢氷魚)
病院へと搬送される丈に、同行する鐘子。
処置室で目覚めた丈は、主治医の一ノ瀬(眞島秀和)に
病気のことを鐘子に伝えないで欲しいと伝える。

鐘子から連絡を受け、駆けつけた灯里(MEGUMI)
丈の無事な姿を見てひと安心する。
結局、鐘子は、ホントのことを言えないまま去る事に。

そのころ、葉子(仲間由紀恵)は、夫・賢治(谷原章介)から
旅行に誘われる。だが、その日は、風太(瀬戸利樹)の。。。。

敬称略



脚本は、衛藤凛さん

演出は、森雅弘さん



あまり言いたくないけど。

鐘子と丈を、もっと描けよなぁ。。。。。。

途中で、丈。。。どうなった?と何度も思ってしまった(笑)


確かに、葉子の部分も“偽装不倫”と言えなくも無いのだが。

せめて“ラブコメ”にしてほしい。。。。。


っていうか。

状況に変化があってこそ、ドラマって物語が動き、

面白くなるはずなのに。

ほとんど、変化が無いからね。

今回なんて、第2回と直結出来るし。

原作も分かるが。

話数が限られている“連ドラ”なんだから、もっと工夫して欲しかった。