レベル999のFC2部屋

日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-SEASONII』第6話



「姉弟の絆を壊した過去」
「舞子の弟が殺人犯!?原因は姉…失われた絆真相の鍵は2年前の事件にあった!!」
内容
あるすし店を遠くから見守る舞子(木村文乃)
そこには、ひとりの青年が働いていた。。。。

ある日、斑目法律事務所に舞子を訪ねて、1人の男性がやってくる。
依頼人は、大酉寿司店主・新井英之(竜雷太)
ある殺人事件で、容疑がかかっていると言うことだった。
不動産屋・平田賢一(三又又三)が殺されているのを発見したのが新井。
警察取り調べで犯行を否認したのだが、立ち退き交渉でもめていたことから、
容疑をかけられているという。
深山(松本潤)に興味を持たれてしまい、渋々、舞子は話への参加を了承。

早速、現場へやって来た深山(松本潤)と舞子。
近くのタバコ屋の主人・飯田誠一(ダンカン)は、
新井が駆け込んできたことを証言。
ただ、直前に、若い男を見たという。
現場に行くには、必ずタバコ屋の前を通らなければならないが、
道路が狭く、過敏なセンサーがあり、新井と若い男以外通ったと思われず。 
深山、舞子、明石(片桐仁)が現場で検証するが、
新井の犯行と考えるのは難しかった。状況から若い男の犯行かと思われた。

事務所に帰った直後、平田殺害で、容疑者逮捕のニュースが流れる。
容疑者は、尾崎雄太(佐藤勝利)。舞子の弟だった。

深山と舞子が、警察に行くと。署から新井が出てきた。
状況証拠などから新井の容疑は晴れたが、雄太が逮捕されたという。
前科があるためアパートを借りることが出来ず、新井が平田を紹介し、
犯行当日に、会いに行ったことが分かったと。
刑事の話では、防犯カメラに映っていたこと。
そして2年前の窃盗事件で見つかっていない腕時計が、
平田の事務所で見つかったという。平田に脅され口止め料として渡したのではと、
警察は見立てていると言うことだった。

その後、雄太と接見することになった深山と舞子。だが舞子は同席を拒否される。
犯行を否認する雄太の話を聞き始める深山。
店を訪ねたことは認めるが、人はいなかったと。
店も荒らされていなかったという。そして2年前の事件についても否認する。
深山が、雄太に罪を認めた理由を尋ねても、何も語らず。
その話を聞いた舞子は、動揺する。

そのころ、斑目(岸部一徳)は、信用に関わると、
舞子に辞めてもらうと佐田(香川照之)に告げていた。

深山と舞子は、2年前の事件を担当した弁護士から資料をもらい。
その分析を始める。
寿司店に勤めていた雄太。社長の糸村信彦(横田栄司)が帰ったあと、
防犯カメラに映っていたのは雄太だけ。
雄太は犯行を否認したが、雄太の友人・大西達也(金子大地)が、
雄太から大金が入ると聞いていたと証言していた。金を持っているのを見たと。
状況から、雄太の犯行と推測したという舞子に、調べたのかと告げる深山。

舞子は、大西を捜し出し話を聞こうとするが、何も話してくれず。
雄太との接見も断られてしまう。
が、舞子が事務所に戻ると、
深山達が雄太の友人・坂本卓(古舘佑太郎)を見つけていた。

敬称略


今回は、舞子の過去の話ですね。

事件を2つも描いているので、ちょっと引っ張りすぎの印象も無くは無いけど。

これも、ま、いいだろう。

それぞれ、面白いし。



しっかし今作はホントに積極的だね。

次から次へと手をうってくる。

感心するよ。ほんと。

ドラマ自体も、一定以上のオモシロ味があるし。

全体構成も含めて、

緻密に練り込まれているのが分かります。

ほんと、良く出来ているなぁ。。。。。

スポンサーサイト

大河ドラマ『西郷どん』第八回

『不吉な嫁』
内容
祖父、父、母を続けて亡くした吉之助(鈴木亮平)
そのことで須賀(橋本愛)は、近所から“不吉な嫁”と呼ばれ、気に病み始める。
一方で、正助(瑛太)の謹慎が解かれ、喜ぶ吉之助。

そんななか、浦賀に異国の黒船が現れる。
報せを受けた斉彬(渡辺謙)は、山田(徳井優)らに命じ、大砲作りを急がせ、
同時に、養女にした於一(北川景子)を篤姫とし、江戸行きの準備を命じる。
そして江戸行きを決めた斉彬のお供に指名される吉之助。
名誉なことと大喜びの西郷家。しかし支度金を準備出来ないと須賀は猛反対する。
借金も多く、どうにもならないと、さすがに諦めかける吉之助。
だが、そんな吉之助の態度に、正助は激怒。吉之助と正助は大げんかする。

その直後、吉之助は、篤姫に命じられ。。。。

そして諦めた吉之助を見た西郷家の面々は、なんとかしようと頑張るのだが。
須賀は、無理だと言い残し、実家に帰ってしまう。


敬称略


もちろん、多くの部分は、作者の想像なのだろうが。

“不吉な嫁”を、それだけでは無いことを、シッカリと描ききった感じですね。

“愛”を描いたのが、特徴的ですね。

なんていうか。。。。。作者らしい。。。というべきだろうか(笑)


その一方で、家族愛だけで無く、友情もシッカリと描いている。

今後の展開は分かってはいるが、

ドラマにとって、こういう描写。。。準備は大切。

コレがあってこそ、今後面白くなっていくのだ。

ほんと、素晴らしいですね。

“傑作”の予感が。。。。少し。。。







HUGっと!プリキュア4+仮面ライダービルド24+怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー3



怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー第3話
「絶対に取り戻す」
内容
パトレンジャーの誕生により、魁利(伊藤あさひ)たちルパンレンジャーは、
ギャングラーだけで無く、パトレンジャーとも戦うハメになってしまう。

そんななか、魁利たちが働く“ジュレ”に圭一郎(結木滉星)らがやってきて、
魁利たちを慌てさせる。ルパンレンジャーであることがバレたのかと感じるが。
直後、街にギャングラーが現れ、圭一郎たちは出動していく。

街では、ナメーロ・バッチョが、ドグラニオ像を生みだしていた。

敬称略



いろいろ描きたいのは分かるが。

過去じゃ無いんじゃ?

描くべきは、過去を絡めた未来。。。そう。。。目的じゃ?


ギャングラーは。。。最終目的は不明だが、悪事を働いているので分かりやすい。

パトレンジャーは、警察だから、悪い奴を捕まえるのが目的なのは明白。

じゃ。。。ルパンレンジャーは?。。。アイテム集めだけだよね?

それは、目的のための手段であって、目的では無い。

正直、ただの“ガヤ”にしか見えないのが現状だ。

そんな状態で、過去を描いていも、説得力に欠けると言うこと。

所詮、“人の物を盗る”=“悪いこと”でしかないので。


“大人”たちが、二組の戦隊だ!と言ったところで。

悪い奴は悪いのである。

え?カッコイイって?

それは、違うんじゃ?

確かに、戦隊では、魅力的な“敵”もたくさん登場してきたので。

そういうモノだと思えないも無いが。

でも、それらには、言ってみれば“矜恃”があったのだ。

だから、敵だろうが、寝返ろうが、説得力が有った。

しかし、今作は違う。

そこが不明確だからだ。

そろそろ、ハッキリさせるべきだね。

じゃないと、格好良さにならないんじゃ?

悪を倒すのは、必ずしも正義じゃ無いと言うことである。

今の状態じゃ、悪が、悪を倒しているだけ。

シッカリ描いてこそ、魅力に繋がりますよ。



仮面ライダービルド第24話
『ローグと呼ばれた男』
内容
突然現れた西都の仮面ライダーローグの圧倒的な力に、
戦兎(犬飼貴丈)らは、一蹴されてしまう。
直後、変身を解くローグ。。。。そこにいたのは、幻徳(水上剣星)だった。
東都への復讐を胸に、西都に流れ着いた幻徳は、
ブラッドスタークの力を借りて、仮面ライダーになったという。

そんななか、戦兎からボトルを取り戻すため、ブラッドスタークが現れ、
戦兎はハザードトリガーを使い変身するが。。。

敬称略



さて、ほぼ折り返しの今作。

なんだか、

話がまとまりつつあり、方向性が決まり始めたと言うよりは、

再び、大風呂敷を広げている感じだね。

全否定するつもりは無いが。

結局、人を入れ替えているだけで、

やっていること。。。特に、話が動いているとは言えない状態だ。

相変わらず、ラストだけだし(苦笑)


そう。ラストで何かやって、

次回は、そこから話を進めるなら、まだしも。

たいていは、ラストまで引っ張って、ラストで何かやる。

これ。。。ラストの3分ホドだけ繋げるだけで、全て成立じゃ???





HUGっと!プリキュア第4話
「輝け!プリキュアスカウト大作戦!」
内容
あと2人いるはずのプリキュア。
はなは、街で見かけた輝木ほまれをスカウトしようと考え始める。
ほまれが、同じクラス!?だったことに驚くはな。
クラスメートから。。。不良だと言われているようだが。。。

ただ、さあやは、スカウトするものなのかな?とはなに伝える。
そんななか、犬を連れているほまれと再会する。
飼っているわけではないらしいが、不思議な出会いだったという。
話を聞いた、はな、さあやは、顔色を変える。
全く同じ体験をしていたのだ。。。。



話自体は、定番だし。綺麗に、そして丁寧に描いている。

スカシもあって、捻りが利いていて良いですね。

そこは、良いんだけど。

。。。変身が。。。どうしても慣れない(笑)

いや、これ、慣れることあるのかな?


ちなみに。

3人になったら、変わってくるんだけど。

2人の状態でも、もうちょっと、それぞれの特徴を出せば良いだろうに。

特に、知恵。。。なんて言ってるんだから、何か出来るハズなのに。



連続テレビ小説『わろてんか』第121回

内容
隼也(成田凌)は、つばき(水上京香)と。。。。
複雑な思いのてん(葵わかな)

一方、リリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)は。。。

敬称略




隼也「いろいろ助けてもらったお礼」

だから。。。。アバンは、必要無いって!

もちろん、本編で盛りこまれても、困りものだけど(苦笑)


っていうか。。。それに続く。。。OP!?


そのうえ、主人公が“親”を語るという意味不明展開。

直後には、親子と言うより、カップルの食事風景。

最後には邪魔な亡霊

よくもまぁ、恥ずかしげもなく、こんなコトばかり、やるモノだ。

金曜ドラマ『アンナチュラル』 第7話

『殺人遊戯』
「殺人犯がネットで生中継!?囚われた人質を救え」 
内容
ある日、ミコト(石原さとみ)のもとに、妙なメールが送られてくる。
アドレスをクリックすると、“殺人者S”を名乗る人物が、
“Y”を殺したと宣言していた。近くには遺体らしきもの。
ライブ配信をして、ミコトに“Y”の死因を答えるよう挑戦状を叩きつける。
答えを間違えれば、次は人質Xが死ぬことになると。
中堂(井浦新)は、無視しろと言うが、ミコトは挑戦を受け、
配信映像から死因の究明にあたり始める。

予備校教師である弟・秋彦の協力で、“S”は白井一馬(望月歩)と特定。
そして通っていた学校の校長(ふせえり)教頭、教師(谷田歩)により、
“Y”が横山伸也(神尾楓珠)、そして“X”が海老原崇と推測された。

やがて同級生の苑乃(森高愛)の証言で、
小池(小野寺晃良)澤田(大地伸永)松本による、イジメが浮上。
そしてやってきた少年課刑事・宮前(螢雪次朗)の調査で。。。。

敬称略



脚本は、野木亜紀子さん

演出は、村尾嘉昭さん



これを言っちゃオシマイだが。

キャスティングから、展開が推測できるという。。。。

そこは、いいや。



ちょっと気になったのは。

あまりにも警察の動きが薄すぎることだ。

確かに、ドラマとしては、これはこれで良いだろうが。


事件発生から、解決まで時間経過が存在しているからね。

もう少し、何らかの要素が必要だったかもしれません。


主人公たちにリアルを追求するあまり、片手落ち。。。って感じ。